2014年 06月 06日

それぞれにファンキー~最恋8話を観て~

f0315332_21412535.jpg

(鎌倉 長谷 2013年6月撮影)
長谷の力餅家さんの角にあるお馴染みの赤いポストも、6月は紫陽花に彩られて。。。


++++++

「続・最後から二番目の恋」の8話。
思えば、この一日いろいろあった和平と千明。
その日の終わりは、決めてたかのようにごく自然な流れで、飲み、語り、焼き(ハマグリを・・)を繰り返す二人。。
「まだまだですねぇ~」としみじみと千明。。
「あなたはいつまでも4才年下の女の子です」と和平のついに本音でた=!(笑)
その日を終わらせたくないように、穏やかに流れる優しい時間。。



万里子の「海の底の貝のような静かな幸せ」と荒野を目指す変な中年広行は、対局だけど「人はそれぞれ」の極みだと思う。
「一荒野10万」とか言っちゃう典子も、アレだけど。。。


人はそれぞれ、その人の価値観の中で生きている。
それでいいのだ♪(バカボンパパ?)


多種多様だけど、それぞれにファンキーな長倉家の人々。
千明は長倉家の長老かっ?!っていう立ち位置で、もう完全に長倉家の一員だし。。(笑)
[PR]

by ukico32744 | 2014-06-06 23:04 | その他


<< 静かなる生活に風穴を      雨だから、かまくら。 >>