<< おなかほっぺおしりトメ それぞれにファンキー~最恋8話... >>

静かなる生活に風穴を

ぐずぐずしたはっきりしない空模様の先週末から、実家で片付け仕事やその他の雑用をこなし、やれやれと帰ってきた今日、我が家なのに落ち着かず頭かきむしりたくなるー!?(>_<)

WHY?
なぜなら、我がマンション、大規模修繕中につき轟音ハンパなく、家大好きのかたつむり主婦のあたしも、どっか逃げたくなるほどなのだ。
鬱陶しい、鬱陶しいと嘆きながら、ひと夏が終わりそうな感じ。。↓↓
そんな気分が連鎖したのか、うちの植物たちもイマイチ元気がない。
緑が繁って一番いい時期というのにだ。。


+++++++

さて、老人二人暮らしの実家は、逆に静かでもの足りなかったりするのだけど。。。



障害のある父の外出は通院とデイサービスくらいで、引きこもり爺さんなのですが、そのじーさんは、耳がかなり遠いというのに、補聴器をかたくなに拒否してるのだ。。
周りの迷惑を省みないじーさんに、今回は是が非でも「補聴器センター」へ連れて行くこと。
これが、密かにたくらんでいた今回の任務である。。
もともと補聴器は持ってるけど、電池がないとかぶつぶつ言うので、お店の人を巻き込んで、説得しようという強硬手段を取ることにしたのだ。
で、うまいこと連れていくことに成功!(^^)!
父はきのう今日と補聴器を付けてくれてたけど、あたしのいなくなった明日はどーだろ?
ちょっとした生活音も聞こえない静かな自分の世界に浸りきっていたので、そりゃ、煩わしいだろうが、生きてるっていうのはそーいうことなのだ。
煩わしいけど、なんかイイね♪くらいになってくれると御の字である。。


母は、最後最後といいながら、トマトとキュウリの苗を庭に植えていた。
秋に移るところは、そういう育てる楽しみが出来ないので、少し寂しくもなるよね。。

f0315332_21235372.jpg

          (鎌倉 円覚寺龍陰庵 2010年6月撮影)
「朝が早いので、夜が早い。それに時々出かけます 」と書いてます
このゆる~い感じに和みます。


両親には「人生下り坂サイコー」とゆる~く人生を楽しんでほしいいし、50代のあたしもそう暮らしたいと思うのだ♪
[PR]
by ukico32744 | 2014-06-10 22:25 | 半径日常
<< おなかほっぺおしりトメ それぞれにファンキー~最恋8話... >>