<< ちょっとピラティス教室まで。。 初心者マーク1週間目 >>

7月6日はサラダ記念日

f0315332_1515355.jpg

(2009年7月撮影) 
鎌倉鶴岡八幡宮では七夕祭が行われます。こちらでは梶の葉の短冊にお願い事を書いて供えます。



「今日は7月7日七夕です♪」
うちのカーナビの案内嬢ナビ子さん(親しみを込めてナビ子と勝手に呼んでる)は、第一声は必ず「今日は○○の日です」と得意気におっしゃる人で、今日は「七夕」と、当たり前すぎて面白みに欠けたけれど、きのうは、
「今日は7月6日サラダ記念日です♪」と、
気の利いたことをおっしゃった。



++++++


~サラダ記念日~とは、俵万智さんが若かりしころに出した衝撃的な短歌集である。

「この味がいいね」と君が言ったから 7月6日はサラダ記念日

の歌から「サラダ記念日」とタイトルが付けられたのは、もう有名な話だ。


なぜ、「7月6日」にしたのかと、随分聞かれたのは、まあトーゼンと思う。。
俵さんにとって、その日は特別な日なのではないかと、興味湧くのは。。

俵さん曰く、七夕もバレンタインもクリスマスも、恋人同士の記念日だけど、そうじゃない何でもない日も記念日にしてくれる、恋のチカラを詠みたかったと、以前読んだ何かに書いてあった。



「サラダ記念日」の中には、こんな歌も・・・


思いきり愛されたくて駆けてゆく 六月・サンダル・あじさいの花


あっという間に去ってゆく日々を、こんなふうにきれいなカタチに残せたらいいな。
と、思ったりする。。


俵さんの歌はサラサラした感じがするけれど、恋愛の歌は実はけっこう情熱的だと思う。
サラっと感を出しつつも、メラメラした何かがほとばしっているような。。



震災後、こどもと石垣島へ移住して、一番新しい歌集「オレがマリオ」は、石垣での生活を詠っている。

「オレが今マリオなんだよ」島に来て 子はゲーム機に触れなくなりぬ

これは、こどもが言ったそのままの言葉を歌にしたそう。。


ストローがざくざく落ちてくるような 島を濡らしてゆく通り雨

石垣のスコールのような情景が目に浮かぶような歌。


愛よりもいくぶん確かなものとして カモメに投げるカッパえびせん

あら、愛の歌はメラメラ感がいくぶん抑え気味!?


++++++


ナビの案内嬢ナビ子さんの「今日は何の日」は、運転前の妙に張りつめた!?気持ちが、ちょっとだけ緩んだりもする。
きのうの「サラダ記念日」は「ナイス!」と褒めてあげたい。
しかし、その前日(7/5)は確か「ビキニが似合う日」と、妙なことも口走ったりするナビ子さん。。
明日は何を言ってくれるだろう。。と、最近のあたしのツボだ。。
[PR]
by ukico32744 | 2014-07-07 16:34 | 半径日常 | Trackback
トラックバックURL : http://ukico32744.exblog.jp/tb/22489178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ちょっとピラティス教室まで。。 初心者マーク1週間目 >>