2014年 07月 16日

青空

f0315332_15282175.jpg


実家からの帰り道、高速道を走るバスの中からパシャリ。


点数をつけるなら100点満点の青空がバスと共に走り続ける。

行けども行けども青い空。

心ののモヤモヤも流れていくようだ。

そして、眠くなり、しばしのsleeping。

終点に着いた時は、なんでモヤモヤだったのかも忘れるほど。。

忘れるほどのちっぽけなことはスルーしていこう!



+++++++


実家にある、かつて父が元気なころに乗っていたビッツは、暫く乗っていなかったので、さあ!あたしが運転してみるよっと車に乗ったはいいけど、まったく動かなかったのだ。。

迅速にバッテリー交換をしてくれた車屋さんのおかげで、スムーズに用事をこなす。

両親は初めて娘が運転する車に同乗して、感無量だったのではないか!?
だって、笑顔がひきつっていたもの。ん?違うか?キンチョーしてた!?

母は近所の皆々様に、「娘がね、この歳でね、免許取ったのよぅ↑」と語り、
めったなことでは喋らない父も、病院の看護師さんに、「む、むすめが、め、めんきょ取って、ここまでうんてんしてきた・た・」と、しどろもどろで話したらしい。。

これらの話をまとめると、やはり両親は感無量だったのだという結論とする。。(笑)

取った甲斐があったというものだ♪
[PR]

by ukico32744 | 2014-07-16 17:07 | 半径日常


<< これからは鍛えるのだ!?      あじさい咲いて夏が始まる >>