2014年 08月 06日

実家を片づける(写真編)

実家の引っ越しもあと二か月を切り、家の片付けもさることながら、色々な手続き関係やらで、あれこれ思索しながら動き回る一泊二日の実家出張。
雨の日の運転はどうもね・・・なんて言ってられないので、技術よりも先に度胸が付いちゃったアタシは、混雑の国道36号線を、時に右折、時に車線変更しながら、軽やかな安全走行を貫き通す。。
縦横無尽なトラックドライバーたちが、イラッときたのは間違いないと思われます。。(ー_ー)!!


家の中は、母の手によって少しづつ片付いてはいるけれど、なかなかパァ~と処分できないものといえば、写真なんかはその筆頭じゃないかと思う。
新しいものから風化してポロポロになりそうなものまで、アルバムって、一件の家の中にどのくらいあるんだろ。。
その全部は引っ越し先に持っていくのは、到底無理なのだけど、その中にはいらないものってないような気がする。
これらをどーするか。。この次までの課題とする。


アタシの小さき頃の写真を一枚凝視する。きっと3~4歳のころだ。
アタシと親の同僚の人の子。年のころは同じくらい。
ワンピースのその子と、兄のお下がりの半ズボンはいたアタシが写っている。
アタシ、写真の中でなんか姿勢がクネクネしてるんだけど、一生懸命半ズボンをスカートに見せようとしてたのね。
その時の自分の気持ちが、痛いくらい蘇ってきて、じぇじぇ!?と思った。
今にしてみると、半ズボンなかなかキュートなんだけど、3~4歳時の女心、なんか可愛いな。

そんな風に一枚一枚見てると、時間はいくらあっても足らないのだ。

実家の片付けは、親のものの片付けだけではなく、自分片付けでもある。。
忘れてた自分を拾ってみたり、自分の軌跡を整理してみたり、なんかワクワクする。
思い出のアドベンチャーワールド実家にあり!(笑)


f0315332_23494686.jpg

          こんな時代もあったよね~♪ (中島みゆき風に歌ってみよう♪)
[PR]

by ukico32744 | 2014-08-06 23:56 | 半径日常


<< 布ぞうりで夏を過ごす      マダム・イン・ニューヨークの共感度 >>