<< 「ペテロの葬列」にはまる訳 台風連れの北の旅 >>

山ガールへのスイッチ

f0315332_17174878.jpg

(2012年8月撮影)

利尻岳はそのきれいな円錐形のカタチから、利尻富士と呼ばれています。
利尻島の中心にそびえ立ち、山のすそ野に人々が住んでいるような、大まかに言うと、山が島として成り立っているような、そんな感じの利尻島。。

娘は住んで、はや3年になります。。

島のどこにいても利尻富士が目に入ります。
天気が良ければの話ですが。。
お天気が悪いと雲に隠れて、消えてしまった!?と思うくらい何も見えない時も往々にしてあるのです。。

そんな環境にいるせいか、娘は突如「山ガール」になりました。
中・高時代は吹奏楽漬け、大学時はバイト漬けの、スポーツにはまったく縁のない、あの娘が!?です。。

「そこに山があるから・・・」と有名な登山家はおっしゃいましたが、娘もそうなのでしょうか・・・?
「ほら、そこに山があるっしょ♪」と北海道弁で言ったんでしょーか?

何度目かの挑戦で、ついこの間、とうとう頂上まで登ってしまった娘。
親にしてみればビックリ!な話です。

そして、夏季休暇中の今日は、羊蹄山(えぞ富士)に登ると意気揚々と出かけて行きました。

「達成感萌え~」のスイッチが入った娘は、そこに山がある限り、登り続けるのではないかと思われます。

頑張れ娘。そして安全第一に頼みます。。

f0315332_181049.jpg

             娘が送ってくれた写メ。9合目らしい。

[PR]
by ukico32744 | 2014-08-18 18:05 | 利尻 | Trackback
トラックバックURL : http://ukico32744.exblog.jp/tb/22759000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「ペテロの葬列」にはまる訳 台風連れの北の旅 >>