2015年 03月 13日

京の品格 仁和寺

龍安寺前からバスに乗り、仁和寺(にんなじ)前で下車。
仁和寺は平成6年に世界遺産登録されました。

f0315332_17522460.jpg

目に飛び込んでくるのは大きな仁和寺の二天門。
金剛力士を左右に安置。睨みをきかしてます。
なんてことだー!信号機が邪魔
               
二天門をくぐると広々とした参道が気持ちの良いお寺さんです。

広い境内の中には 京都御所の一部を移築したという国宝の金堂や、近くで見ると圧倒的な江戸時代の五重塔(重文)など見どころがたくさんあるのですが、一番心奪われたのは雅(みやび)な庭園でした。

f0315332_18193091.jpg

さあ、雅な世界はここから。。
この門の中は「御殿」と呼ばれているところで、その優美な庭園は 源氏物語の世界にタイムスリップしたような。。
(源氏物語、読んでないけど、あくまでも想像で??)

f0315332_18301465.jpg

清々しい石庭。
正面は勅使門で、天皇家の方々だけがお使いなるとのこと。

仁和寺は門跡寺院筆頭の格式ある寺院なんです。
(門跡寺院とは皇族・貴族が門主を務める特定の寺院)
雅な空気感が納得!の寺院です。

f0315332_185989.jpg
f0315332_18595556.jpg

おおらかで気品ある庭園。
f0315332_1905712.jpg

書院を結ぶ渡り廊下に魅了されました。
f0315332_193332.jpg

気持ちが安らぎ 長居したくなる空間です。


そして来てみて初めて知ったのですが、仁和寺は桜の名所でした。
f0315332_223727.jpg

御室桜(おむろさくら)は樹高が低いめずらしい桜です。
200本余りあるという御室桜の木は 幹がなくていきなり枝がでてるような。。
見上げるというより、見下ろす!? 咲いたらきっと可愛いよね♪


仁和寺を出て向かうは 嵐電「御室仁和寺」駅
近畿の駅100選にも選ばれた趣のある駅舎です。
自販機がなんだかな~、、だけど。。
f0315332_221192.jpg

f0315332_2212891.jpg



f0315332_22145932.jpg

京都来たら嵐電乗らないと‼ 
この感覚、鎌倉には江ノ電でしょ‼の気持ちと一緒(笑)


f0315332_2219765.jpg

2010年JR東海「そうだ 京都、行こう」のポスターは仁和寺御室桜

遅咲きのサクラです
見なければ「春の義理」が果たせない、と
京都の人は言うのです。



義理、果たしに行きたいわぁ~ (笑)
[PR]

by ukico32744 | 2015-03-13 23:30 | 半径非日常


<< 京の街 目につくままに。。      佇む石庭 龍安寺 >>