<< こんなところ、に!? 初なべ >>

二年目への覚悟

f0315332_17414030.jpg

10月2日の朝の虹



きのうから今日の道内は大荒れの予報で きのうのうちにJRの運休や学校の臨時休校が決まり
どんな天気になるのやらと戦々恐々に身構えていたら
今朝のニュースで警報解除。

そしてこの虹♪ 

降ったり止んだり風吹いたりはしたものの 大したことなく低気圧が通過したようだ。

所によっては 大きな被害が出たところも。。

低気圧の進みが遅いので 明日もあなどれないようだ。

皆さん気を付けましょう。




今日はそんな天気の中 父の通院日だった。

両親は長年住んだ土地から アタシの住む町へ越してきて 10月4日で丸一年になる。

父は脳梗塞の後遺症、閉塞性動脈硬化症、糖尿病による神経障害など 紹介状に書ききれないほどの病気を背負って
やってきた。

そして、更に病気が発覚し その病気が多分父の寿命を一番脅かす厄介な病気になった。

一年前の引っ越しの時には そんな病気になってるとは夢にも思わず 誰も知ってる人はいないけれど アタシが側にいるから安心して暮らせると 静かに余生を過ごすつもりでやってきたはずだったのに。。

自覚症状もなく ウソでしょ!っていうくらいに驚いたものだ。。

この一年でカラダは一回り 生気は二回りぐらい小さくなってしまって 毎日目の当たりで見ているのは少々辛いものはあるけれど 終の棲家と決めてここにやってきたからには 最後まで見届けないと、と思うのだ。。

使命感? 義務感? でも、何よりやっぱり親子だから「情」なんだな。。

サ高住に移って めでたく一年が過ぎました!

とは 書けなかったけど、どうにか一年過ぎました。

サ高住暮らし二年目に突入して 目標は一日でも長く今の住居で暮らすことだ。

f0315332_22450217.jpg

葉っぱが赤くなってきた。

街が色づくのも間近





[PR]
by ukico32744 | 2015-10-02 23:00 | その他 | Comments(4)
Commented by yoppyhyakka at 2015-10-03 21:01
娘さん(ukiさん)のお近くに越して来られて、さぞお父様お母様、心強くされてると思いますよ。 うちは近くといってもクルマで1時間半、何かあった時にすぐにという距離ではないのがちょっと心配なところです。
昔の、親はずっと元気でいるものだと呑気に考えていた頃がなつかしいわ~
親が老いていく姿は、胸がきゅ~っと締め付けられるくらい辛くて哀しくなることがありますよね。
でも受け入れていくしかないのですね。
Commented by kojiroumam123 at 2015-10-03 21:56
介護は大変です。
家族の皆が健康で自然に年齢を重ねていけたら 
どんなに、幸せな事かと思いますが、そうもいきません。
でも、自分の親だから、いつかは、訪れる事態を何とかしなければならないのですね。
そのためには 私達が健康でいなければなりませんね、頑張りましょう!
(92歳の母が施設にやっと落ち着きましたが、私達が介護してもらいたいくらいです)
嵐の後の「虹」の綺麗だこと!
Commented by ukico32744 at 2015-10-03 22:12
モモセさん、一年前までうちの両親もちょうど車で一時間半のところに住んでました。
この距離感ってビミョーですよね。
遠距離ではないけれど でも「具合悪いの?これから行くわ」の距離でもないんですよね。
すごく分かります。。
父の悪性の病気が判明したときは ほんと近くにいれて良かったと思いました。
今は日々衰えていく父の姿を後ろからヨイショと支えてるような感じです。



Commented by ukico32744 at 2015-10-03 22:22
こじろうママさん、そうですよね、
まず自分が健康でいないと、、と思います。
お母様92才!お元気で何よりです♪
両親の住むサ高住にも90代の元気なおじいさんがいて パンを焼くのが趣味だと聞いて その心身の健やかさに感心しました。
うちの父85才ですが 最近は「この世の終わり」みたいな顔してます(笑)


名前
URL
削除用パスワード
<< こんなところ、に!? 初なべ >>