2016年 04月 10日

ふきのとうはじめました

f0315332_16030864.jpg

きのう母の84才の誕生日
こんな年ともなれば 自分の誕生日も忘れるらしい。
こんな年ともなれば もう何才になっても怖いものなしである。

そんな母を連れて お蕎麦を食べに行く。
「ふきのとう はじめました」
と書いてあったか、
「ふきのとう天ぷら あります」
だったか。。。
とにかく 春の味「ふきのとうの天ぷら」を食べられるらしい。。
「ほろ苦さ」とか「えぐみ」とかが 好きな味覚の1つになったのは いつからだろう。。

「酸いも甘いも噛み分ける」とはよく言ったもの。
世の中一筋縄ではいかないものねぇ。。
ほろ苦~い春の味をサクサク頬張りながら
蕎麦をズルズルすすりながら
そんなことをチラッと思ったりする 春先の一日
ごちそうさまでした~!(^^)!

f0315332_16010653.jpg













[PR]

by ukico32744 | 2016-04-10 16:06 | 半径日常 | Comments(4)
Commented by yoppyhyakka at 2016-04-10 19:58
ふきのとう、春ですね〜
昔「ふきのとう」ってグループなかったっけ?
春雷とかそんな歌があったような、、、
天ぷら美味しそう(⌒▽⌒)
Commented by ukico32744 at 2016-04-11 12:05
> モモセさん、
「春雷」とか「白い冬」とかありましたよね~♪
そんな歌を聴いてたころは「ふきのとう」なんて食べませんでしたわ(笑)
Commented by kojiroumam123 at 2016-04-11 19:55
お蕎麦、フキノトウの天ぷら おいしそ~~!
四季を楽しめる日本ならではの「ごちそう」ですね。
この、ほろ苦さ、分かるようになったのは何時の頃だったか・・
それさえ忘れてしまいました。

PCの不具合でコメント送信が出来ませんでした。
この度は・・・届くかな~?
Commented by ukico32744 at 2016-04-12 12:20
> こじろうママさん、このふきのとうは お店の裏から取ってくるみたいですよ。
農家さんが古民家(農家さんち)で、蕎麦屋さんやってるんです。
古~い柱時計がありましてね、お昼にボ~~ォンと鳴りました。
”ビックリボ~~ォン”でした(笑)

名前
URL
削除用パスワード


<< 雪と夕焼けとワタシ      転んだ先に落ちていたもの >>