2016年 11月 24日

ある日の読書『アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと』

f0315332_17203428.jpg


久しぶり(そうでもない?)の読書記録です。

『アフロ記者が記者として書いてきたこと。
退職したからこそ書けたこと』

稲垣えみ子 著


このアフロヘアの女性、テレビで一回くらい見たことはないですか?

ふざけたヘアですが、ご本人は元朝日新聞大阪社会部のデスク、
その後、論説委員室へ異動となり「社説」担当となる、バリバリ花形新聞記者さんだったのです。

2016年1月に朝日新聞を退社し、フリーというか、
なにも肩書のない「ただのアフロの人」になったのですが、
それはもう、世間やマスコミが放ってはおかないわけです。

惜し気もなく大企業を辞めた稲垣さん。

どうして辞めたのか?

本には このように書いています。

得ること拡大することばかりを考えて生きてきました。
でも、平均寿命の半分を過ぎたころから、来たるべき死に向かい、閉じてゆくこと、
手放すことを身につけねばと思うようになりました。
大変なギアチェンジです。



原発事故が起きる前から、超節電生活を始め、
ついには冷蔵庫、洗濯機をも手放し、お宅にある電化製品はラジオ、パソコン、ケータイ、電灯のみ。

そんな節電生活ぶりと、華々しい経歴とアフロの外見が相まって、注目度が高い人です。




人生は案外と小さな偶然に翻弄され転がって行くものです。
自分の意志でコントロールできることなど、たかが知れているのかもしれません。

ほんとにそう思う。。

しかし転がった結果が吉と出るか凶と出るかはわからない。
現実はそううまくはいきません。
人に出来ることは、与えられた運命と場所で、ただ瞬間瞬間に全力を尽くすだけなのかもしれません。

まったくだ。。



稲垣さんの口調は決して強くないけれど、淡々と穏やかに、そして直球で語る姿は
やはり「あなた只者ではないですよね」のオーラで光っている。

”ただの人”になりたかった稲垣さんだけど、やっぱりこういう人は
”フツー”枠から飛び出してしまうのね、

これが稲垣さんに与えられた運命なのだと思う。




[PR]

by ukico32744 | 2016-11-24 20:00 | ある日の読書 | Comments(10)
Commented by ropossa at 2016-11-24 20:20
あ、この人、見たことある~
普段TVをあんまり見ない私だけど記憶に残ってますアフロヘアーが!笑
イルカ(歌手の)みたいだったから元ミュージシャンかなって思ったのね。でもコイツなかなか言うなー、なんて関心した憶えが・・・
稲垣えみ子さんと仰るのですね。
とっても個性的ですよね~、興味深いです。
ukikoさんご紹介ありがとうございます!
でも、なんでアフロヘアーなんだろ?笑
Commented by kojiroumam123 at 2016-11-24 20:27
何度かTVで見ました!めちゃめちゃ、エコな生活してる人ですよね。
そ~あのアフロ???・・
アフロヘアって結構お手入れ大変なのでは・・なんてネ!思ってました。
鳥獣戯画@@は お土産のクロスですか?しぶくて^^可愛いですね。
Commented by ukico32744 at 2016-11-24 20:51
> Ropoさん,
アフロにしたキッカケ、本に書いてましたよ。
忘年会の余興でアフロのカツラを被ったら大好評で、自分でも案外似合うな、って思ったそうです。
美容師さんに、新聞記者じゃないみたいだから止めたほうがいいと、逆に説得されたって(笑)
稲垣さんの大きなアフロの中には「知性」や「勇気」がいっぱい詰まってそうです♪

Commented by ukico32744 at 2016-11-24 20:53
> こじろうママさん、
わかってくれました?!
テーブルセンターにいいなぁと思い買ったけど、少し小さくて、どこに使おうか思案中です。
額に入れるっていう手もありますね。
Commented by momoseke at 2016-11-25 07:10
人生のギアチェンジ。。かぁ
この本、いいですね〜
すぐ買お(*´꒳`*)
ほんまに若い時とおんなじ働き方は
ある時から無理になってくるもんやって
この歳になって実感してるクチやからね〜
ukiさんありがと^ ^
Commented by ukico32744 at 2016-11-25 14:42
> モモセさん、
あえて生活を狭めるって、広げることより大変だと思わない?
稲垣さんの最新本は「魂の退社」です。
これを、モモセさんにはオススメしたい。
書店で10ページくらい立ち読みしただけなんですけどね。(^^;


Commented by anatatoyu at 2016-11-25 15:52
テレビで一度だけ拝見しました。
その物を持たない生活、自宅が写っていました。
私は普段テレビを見ないし、ミニマリストとかいう言葉もよく意味がわかりません。
ただ断捨離するのは自分のためで、誰かの真似もしないし、他人と比べもしません。
たぶんこの方は、たくさんの物事に囲まれて生きて来たから、ない生活ができるんだと思いました。
私は冷蔵庫も洗濯機も手放せませんね。
Commented by ukico32744 at 2016-11-25 19:08
> ゆうさん、
ワタシも冷蔵庫も洗濯機もない生活なんて想像もできないです。
稲垣さんは、そういう生活を自分は苦も無くやっているけれど、独身だから好き勝手に出来ることだと言っています。
「ミニマリスト」って、流行語のようなもので、周りからそう言われて、「ワタシ、そうなの?」っていう人が多いと思います。
居心地のいい空間は人それぞれだし、誰も強要できませんよね。
ワタシは実家の後始末をしたことと仕事を辞めたことがキッカケで、自分の家の中を整理整頓し始めたのだけど、空いたスペースが自分の「ゆとり」のように思えてきました。
何かを変えてみることで、幸せの別なカタチが見えてくることもあるのかな~と思います。
Commented by corotomo at 2016-11-26 00:35
こんばんは~
うちはずっと朝日なんですが、
4年ほど前に読んだ朝日の記事があまりに印象的でね、
「稲垣えみ子って何者??」と調べて以来、
ずっと注目の人です。
お姿のインパクトもそうだけど、
朝日の社説やコラムも毎回びっくりで、
報道ステーションでのコメントもハッとするものばかりでしたね。

少し前に、朝日をやめて書かれた「魂の退社」を読んだばかりだったので、
この記事を見て「まぁ」とびっくり(笑)

凄くミニマムな生活をされてるけど、
何かの雑誌で「実はこのアフロにお金と時間がいっぱいかかって」
と、お手入れ法も書かれてて・・・
ますます面白い人だなーと思いました。

ここまではできないけど、
10年くらい前の福岡地震の時に「量より質」に目覚めて、
モノをかなり減らしました。
少ないもので豊かに~が1番贅沢ですね。

少し前の銀色夏生さんもそうですが、
角田光代、小川糸など、
読まれてた本がうちにあるものが多く、
記事の内容に「うんうん」と共感!!

ukikoさんの「ある日の読書」シリーズ、
楽しみです。

鳥獣戯画モノって可愛いですね。
Commented by ukico32744 at 2016-11-26 09:58
> corotomoさん,
ワタシは「情熱大陸」を観て、この人”何者”?と。。
報道ステーションは観てませんが、同じ朝日系列だから、そりゃ、テレ朝、ほっておきませんね。
筋金入りの節電生活や、大阪時代の橋下市長報道でのせめぎあい、独自目線のコラムなど、揺るぎのない「自分軸」を持った人と注目しています。
今は情報が有り余るほどで、逆に自分に必要な情報の見極めが難しくなってると思うのですが、
この人の発信することは、ずっと耳を傾けていたいと思わせてくれる一人です。
読書記録は自分の備忘録でもあるのです。
「楽しみ」と言っていただけると、嬉しいような、恥ずかしいような。。
でも、嬉しいです。ありがとう♪
名前
URL
削除用パスワード


<< サボテンの花      やってみなけりゃわからない ~... >>