<< ある日の映画『DESTINY ... 今年もまたポーランド >>

ある日の読書『もっと、やめてみた。』

f0315332_12550777.jpg



『もっと、やめてみた。』  わたなべ ぽん


鎌倉検定のために、しばらく書店や図書館通いから遠ざかってました。

その間に図書館から「予約取り置きのお知らせ」メールを何通もいただいたのだけど、
キャンセルしたり、予約の一番後ろに回してもらったりと、
本に関しては禁欲的な生活をしてました。


そして、かいき~ん♪♪♪(解禁のことね)

解禁後、図書館からの予約取り置きメール第1号はコレでした↑↓

f0315332_12584986.jpg

コミック作家、わたなべぽんさんの「やめてみた」シリーズ第二弾。

わたなべぽんちゃんの「やめてみた」は今回も取るに足らないものだったりします。

ビニール傘を買うのをやめたり、プチプラアクセをやめてみたということだったり。。

”ふむふむ”というより、”ふ~ん”ってな感じで、拍子抜けの感があったのだけど、
最後の章「生まれ直しの巻」で、鼻がツーンとくるものがありました。

三年かけて歯の治療をしたぽんちゃん。

なぜ、三年もかかったかというと、ぽんちゃんの歯は幼児のころからの虫歯が酷く、
学校の歯科検診時にも、こんな酷い口の中は見たことがないと先生に言われたほど。
それは、自己中心的なぽんちゃんの母親が原因でもあり、
大人になっても恥ずかしくて、ずっと歯科に通うのをためらっていたという。

子供の時に受けた心的ストレスやトラウマが、
大人になっても、その人のココロに暗い影を落として、
そこから抜け出すことは、容易ではないということだ。

だから「生まれ直しの巻き」なのね。

ぽんちゃんは、いろいろなものを辞めることによって徐々に自信がついて、
「自分のマイナス思考」をも止めることに成功したという、
内容なのでした。




ワタシが最近やめたことといえば、
blogを定期的に更新するって決めたことを止めたことや、
ずっと観てきたNHKの「朝ドラ」、ほぼ習慣化してたのだけど、
今回のはあまりに興味が失せて、観るのを止めたこと。

こんな小さなことでも、止めたらスッキリして、小さな余裕さえできたりするものなのね。


あと年賀状。。

これは止めてみたいけれど、世間常識上、止める勇気もなく。。(^^;

しかし、毎年印刷年賀状に、近況報告はもちろん「お元気ですか」の一筆もない人。
この人たち(二人いる)に出すのを今年から止めます。

人間関係の自然淘汰。

年賀状一枚の重みを、どう考えるかで、それは自然にやってきます。





今日12/12は、ワタシの誕生日なのですが、
職場(サービス付き高齢者住宅)の一足早いXmas会があり、これから出勤です。

職員や入居者さんの有志で練習した、トーンチャイム演奏をお披露目をして、
その後、Xmasのお食事会です。

こんな誕生日があっても、面白いかもしれないです。



歳月は飛ぶように過ぎていきますね。

「もうそんな歳に!?」と我ながらビックリです(笑)

小じわの増えたおばさん(ワタシ)の中身は、まだまだ成長しきれてないのです。

年齢に追いついていかなければ、と思います。










[PR]
by ukico32744 | 2017-12-12 14:43 | ある日の読書 | Trackback
トラックバックURL : http://ukico32744.exblog.jp/tb/28856501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ある日の映画『DESTINY ... 今年もまたポーランド >>