2015年 02月 10日 ( 1 )

暖気、その後の雪まつり

f0315332_18114585.jpg

昨日は母を連れて「札幌雪祭り」へ。。

一昨日は雨やみぞれが一日降り、気温は3月上旬並み。
雪像にとっては最悪のコンディションだったようで 倒壊の恐れがあるものは一部取り壊されたようだ。
暖気で雪像が一回り縮んだものもあったとか。。!?

「雪のスターウォーズ」の大雪像、ダースベイダーは暖気になんか負けるもんかとド迫力をアピールしてるけど、写真奥の宇宙戦闘機は一昨日の夜に取り壊されたんだって!


昨日は青空は広がるものの 風が冷たく最高気温がマイナスという冬日。
母を伴っての雪まつり見物には厳しい日ではあったけれど、テレビ塔から見下ろしてサッと見てサッと帰るつもりであった。。
が、母はちょっと歩いてみるという。。
で、ちょっと歩いて帰るつもりが、大通り3丁目から11丁目まで歩きとおしてしまったというまさかの健脚ぶり。
変形性膝関節症の持病を持ちながらも ツルツルでデコボコで人通りが多い歩道を歩く姿は危なげだけど なんとか踏ん張りとおす。。

しかし70代に入るころまでは 山に登ってた人なのだった。。
60歳で定年退職後 山登りが好きな友人と よく山に登っていたらしい。。
そのころの話を最近よく聞くけれど その当時、アタシも思春期の子供たちを抱え 家事と仕事の両立で手も頭もいっぱいいっぱいで 母がそんなことしていた記憶がまったくないのだった。

あの頃はお互いに「便りがないのが元気な証拠」とばかり、一年に数回顔を合わせるだけだったし、アタシも両親も自分たちの生活だけに目を向けていた時代があった。。

「スープの冷めない距離」に住み ほとんど毎日顔を突き合わせている今の状況を あの頃は想像もしなかったし出来なかったのだ。


「時の流れと共にとーぜん家族のカタチも変わっていくよね。。。」

などと、フードコートで焼き鳥をつまみ、あげいもを分け合って食べながら思っていた。。



今日の母はちょっとお疲れのようだったけど 楽しかったと喜び また自信にもなったようで、行ってよかったと思う。

先がちょっと見えかけてる80代には「いつかね・・」っていうのは少々の後ろめたさがある。

「出来ることは今!明日はもう出来ないかも」と思うことにしてるのは 後々後悔するようなことがあったらイヤだからだ。

f0315332_1931645.jpg

サザエさん一家はいつまでも同じ時代の中にいる。。
変わらないから安心してみていられるね。
波平さんがリストラで早期退職→舟さんパートに出る→カツオがやさぐれる
なーんて そんなリアルサザエさんはヤダーっ!!(笑)


*****市民雪像は世相を反映して面白いヨ*****

f0315332_19115767.jpg

日本ハムファイターズ二刀流の大谷くん

f0315332_19123938.jpg

フュギアスケートの羽生選手

f0315332_19133321.jpg

こんなのもありました!
[PR]
by ukico32744 | 2015-02-10 20:10 | 半径非日常(旅など) | Trackback