2015年 02月 13日 ( 1 )

待つことにも意味がある

今日は父の定例の診察日だった。
8時40分に受付したものの診察が終わったのが12時40分。。
10分の遅れの為に待ち時間が1時間長くなったじゃない!と、アタシは自分にダメ出しをする。
父も母も通院しもう何度も訪れてるこのクリニック、診察が始まる9時前までが受付の勝負どころだと傾向と対策を練っていたのにぃ。。

日々時間を無駄なく効率的に使うということに燃えてた数年前なら、切れてたかも、アタシ。。(笑)

今は年老いた両親に寄り添うことで、かなり「耐性」ができたかな、アタシ。。


ドクターは街医者はこうでなくっちゃ!のスペシャリストと尊敬しているし、看護師さんも親切丁寧で とても上質なクリニックと思うのだけど、いかんせん、この待ち時間の長さはちょっとしたマイナスポイントだ。

待ってる最中、暇なアタマで この待ち時間を何とか短くできないものかと考えてみる。。
もうちょっと工夫の余地があるんじゃない。。と、シュミレーションなんかもしてみたりして。。
ついつい余計なお世話で考えてしまうのは 以前クリニック勤務をしてた性(さが)が抜けてないなと思う。。(笑)


父の病気は本人の自覚があまりないままに 深く静かに確実に進んでいた。
「癌性胸膜炎」は三か月前のレントゲン写真と比べて 素人目にも明らかに進行しているのがわかるし、胸水も溜まっている。

次回の診察の間隔が短くなった。
次回は10分の遅れに泣かないようアタシ頑張る!!




クリニックをあとにして そのあとは親の確定申告の件で市役所へ。。
なんだかんだと用事を済ませて16時前に我が家着。



やや下向きな気持ちを立て直すため、図書館へ行くことにした。
雪は降ってるものの この時間でもまだ明るくて日が長くなってきてるのがすごく嬉しい。。
ゆっくり歩いても10分の図書館だ。気分転換ができた♪

f0315332_18433071.jpg

幸せ気分にさせてくれる本、珈琲、スイーツ (*^^*)

 
[PR]
by ukico32744 | 2015-02-13 19:03 | 半径日常