2016年 03月 11日 ( 1 )

ある日の映画『キャロル』

f0315332_17034059.jpg

きのう 映画『キャロル』を見終わり 外へ出ると大粒の綿雪が紙吹雪のように舞っていた。
今、自分が立ってるところは 3月サッポロの暮れてゆく街中だ。
映画の中の一場面と重なるようなシチュエーションに 小さく感嘆符。
「おぉ....!」
『キャロル』は1950年代のニューヨーク。もうすぐクリスマスの街角から物語は始まる。

f0315332_17254445.jpg

美しい二人(ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ)の「視線演技」がスゴイ!
この魅惑の世界感にどっぷり浸ってしまうと 酔っぱらうほど(笑)
ぼお~っ...となったアタマで 外に出ると街はあんな☝感じで
『キャロル』ワールドから抜け出せずに 季節外れのXmasを見たような気になったのだ(*_*;













[PR]
by ukico32744 | 2016-03-11 21:30 | ある日の映画 | Trackback | Comments(4)