2016年 03月 14日 ( 1 )

ある日の映画『あん』

f0315332_17283934.jpg

念願かなって 映画「あん」を観ることができたー‼
しかも 作者ドリアン助川さんの講演付き。
待った甲斐があったというものだ。

意外にも日・仏・独の合同作という映画『あん』
こころの琴線に触れるものは 万国共通で 映画に国境はないんだわーと思う。。

ドリアン助川氏は 世間の片隅に追いやられているハンセン病の元患者の方々が
座布団一枚分ほどの居場所でも 楽になれるような小説を書こうと
星がきらめく夜空に誓い 10年越し、10回ほどの書き直しで完成させたという。

映画作りに於いても 河瀨直美監督と主演の樹木希林さんに直談判し、
完成映画はといえば 世界中からのスタンディングオベーション!
映画『あん』を引っ提げて 世界を股にかけて行脚中のドリアン氏、
新刊本の宣伝も もちろん忘れない(笑)


f0315332_19050642.jpg

新刊本『あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル』
アタシは素早く図書館で借りて読破済み。

日本人男性と韓国女性の 繊細なラブストーリー仕立てなこの小説、
ドリアン氏はヘイトスピーチに カウンターパンチをくらわせようと書いた一冊と語っていた。
優しい文章の中に そういうものが含まれてたのか~。。
「あん」と同様 ストーリーに込める意味は深い。。






[PR]
by ukico32744 | 2016-03-14 21:21 | ある日の映画 | Comments(6)