2016年 03月 18日 ( 1 )


2016年 03月 18日

なんにもないウチにあるもの

f0315332_16115248.jpg

ドラマ『わたしのウチにはなんにもない』の最終回は
「こころの整理はゆっくりと」の巻
おばあちゃんが突然亡くなって 遺品整理をするという回だった。

捨て変態まいちゃんのお家には 必要最小限、いやそれ以下かも、
というくらい ものがないけれど
おばあちゃんの部屋は おばあちゃんの愛着のある品々でいっぱいだ。
亡くなった人のものを整理するのはポイポイといかないことを
まいちゃんは実感する。


うちの父 亡くなって一か月が過ぎ 四十九日が近づいてきました。
もう父のものは まったくと言っていいほど残ってません。
父が大事にしていたものは 長年住んでいた だだ広い家にあった大工道具やらガラクタたち。
そんなものはサ高住に移る際には 有無を言わさず 即処分でした。
この時点で 父の遺品整理は終わってしまっていたのかもしれないです。

メガネ・補聴器・愛着のある帽子は 
あの世でも無きゃ不便よね、と棺に入れたし。。
何も残ってなくてもいいと思うアタシは薄情なのかも。。とも思いました。
その分 アタシは写真に向かって手を合わせます。
「いいよね~?」と。。
それこそ もういない人なので 有無も言えないのだけど。。(笑)

f0315332_17410236.jpg

 まいちゃん役の夏帆
かわいいな~♪  










[PR]

by ukico32744 | 2016-03-18 22:10 | 半径日常 | Comments(4)