2016年 07月 21日 ( 1 )

ある日の映画『ブルックリン』

f0315332_18095204.jpg

映画「ブルックリン」のポスター、これはラストのワンシーンだ。
意志の強い眼差しの先は 彼女が選択した人生の行く先。。

アイルランドの小さな町から 仕事を求め 単身ニューヨークへ行く 主人公エイリッシュ。
持ち前の素直さと頑張りで、スキルを身に付け、
恋は彼女に自信を与え、
洗練された都会の女性になっていく。

寮生活
恋人のお家に招かれての食事会
教会の奉仕活動
簿記の学校
彼女のブルックリンでの生活の部分が とても生き生きと描かれていて
悩みながら 成長する過程がリアルで凄くいい!

後半、エイリッシュは身勝手と思える行動をし
「あらら、エイリッシュ、どうなの~?」と眉を寄せる場面もあるのだけれど、
そこに、人間臭さ?を感じて、妙に共感したくなるから不思議なものだ。
健気さの中にある強さに魅力を感じて とても惹きつけられるのだ。

自分にとって大切なものを選び、人生を切り拓いて行こうとする女性のストーリー。

かなり好きかも、この映画。
今のところ今年の№1



[PR]
by ukico32744 | 2016-07-21 21:10 | ある日の映画 | Comments(4)