2016年 07月 26日 ( 1 )

ある日の読書『冷蔵庫を抱きしめて』


f0315332_17295592.jpg

今年の直木賞受賞した荻原浩さんの 去年の短編集
『冷蔵庫を抱きしめて』


「DV」「摂食障害」「SNS中毒」「対人恐怖症」など、
病んでるココロを題材にした短編集は
気持ちいいほど、サクサクッと読めちゃうので、
あっという間に読み終えてしまった。
重い題材であるけれど、病んでる本人があまり自覚がないという
能天気さがコミカルだ。


直木賞受賞作品『海の見える理髪店』も短編集である。
選考委員の宮部みゆき氏が
「圧倒的な読み心地の良さ」と評していたけれど、
「サクサクッと読めちゃう」と 同じ意味っていうことでいいだろうか。。


直木賞発表の当日、さっそく「海の見える~」を 図書館検索したところ
予約人数は5名だった。
 web予約冊数が限度に達していたので 二日後図書館に行き予約する。
なんと!予約数は35名に膨らんでいた。。。(-_-メ)
さすが。直木賞って、凄いな。
 

図書館にあったので借りてきた、手始めの「冷蔵庫を抱きしめて」。
リズミカルなストーリー展開は 荻原さんの得意とするところなのだろう。

サクサクサクッ♪と
音が鳴るような一冊



f0315332_18224587.jpg

キャッチコピーより大きな「直木賞受賞作」の文字が晴れ晴れしい。
実力はもちろんだけど
ネームバリューも大事なこと。
荻原さん、大いに利用して、次回は長編に挑戦してください♪ 








[PR]
by ukico32744 | 2016-07-26 18:52 | ある日の読書 | Comments(6)