2016年 08月 06日 ( 1 )

ある日の読書『楽園のカンヴァス』

f0315332_16382960.jpg

原田マハ 「楽園のカンヴァス」

「楽園のカンヴァス」の表紙は アンリ・ルソーの「夢」。
MOMA(ニューヨーク近代美術館)所蔵のこの大作をめぐるロマンミステリー。

この物語の中には ルソーはじめ、鍵となるピカソ、
数々の有名な画家の名前がでるわ、
世界的に著名な絵画もでるわでるわで、
芸術関係には無知なアタシが読んでも 楽しめるだろうか。。
という問いかけをしながら読み始めた。

物語上に出てくる絵画を ネットで検索しながら
見る&読む。
傍から見ると スマホ見てんだか 本読んでんだかの状態だ。

芸術作品に触れ、質の良いストーリーに痺れ、
ミステリーに頭の中が刺激され、
暑さでドヨ~ンとした頭がくるくる回り出す。。

「ダヴィンチ・コード」がちょっと難しかったな、と思ったアタシでも、
付きあいやすいストーリーだ。
 

~涼しくならない夜を 持て余しているアナタへ~

そんなメッセージ付きで プレゼントするのに最適な1冊。
なんてネ。。(^^;


原田マハさん作品は 10年前くらいに読んだ
「カフーを待ちわびて」以来だ。
  はじめて沖縄旅行して ちょっと沖縄にカブレた頃だ。
「カフー」、面白かったナと、印象に残っている。
 

最新作「暗幕のゲルニカ」も絵をめぐる芸術サスペンス。
「楽園のカンヴァス」が想像以上に楽しめたので、こちらももれなく図書館する。
 秋の夜長の読書シーズンには 手元に届くかな~くらいの人気本。
待ち遠しい1冊だ。












[PR]
by ukico32744 | 2016-08-06 17:54 | ある日の読書 | Comments(4)