2016年 10月 03日 ( 1 )

ある日の読書『山女日記』

f0315332_16360975.jpg



『山女日記』 湊かなえ


今日 10月3日は「登山の日」だそうで。。

ちょうど、この小説を読み終えたところの goodなタイミング♪

blogの始まりの掴み(つかみ)はこのネタで行こうと思ったの。

ブロガーの皆さん、blogを書くときの 出だし部分 けっこう悩みませんか?

出だし、30分くらい 出てこない時ないですか?





「山岳小説」といえば 遭難もの、前人未到の達成ものとか、

手に汗握る感じが だいたいのイメージ。

湊さんだから 山から突き落としたりする サスペンス系か?とも想像するが、

「山女日記」は いわば 今流行りの山ガールを主人公にした 短編小説だ。


「妙高山」「利尻山」「金時山」「トンガリロ」など 山の名前が題名の短編が8話の構成。



山に登ると 山ガール達は 自分の心がなんと小さくて閉鎖的かということを 実感するようです。

今までの自分には出来なかったことを やり遂げたことで

自信をもてて 他人(ひと)にも優しくなれるようです。

少し頑張ってみることが 世界を広げることと 実感するようです。


大まかに言うと そんなストーリー仕立ての短編の数々で、

現状に満足していない女子のココロを

チクチク刺激する うまい構成。

さすがの 湊さんだ。





この小説読んだ女性の6割は 山に登りたくなるような

山に登って 自分が変わることを期待するような

希望的小説だと思った。

今や、山はそんなガール達で飽和状態かも ‼(笑)





「山女日記」、NHK-BSプレミアムで ドラマ化されるようです。

最近のNHK、目の付け所がイイネ!と思いました。







[PR]
by ukico32744 | 2016-10-03 17:29 | ある日の読書 | Comments(8)