2016年 10月 27日 ( 1 )


2016年 10月 27日

ある日の読書『マチネの終わりに』

f0315332_16042292.jpg



↑これ、凄くいい!と思って デカく載せてみました。

本の表紙のデザインといいタイトルといい、”凄くいい!”と本屋さんで惚れ惚れして見つめる。。

装丁買い、タイトル買いとはいかず、そのまま図書館ネット予約へ進む。

ゴメンネ、いいなと思ってるのに 買ってあげられなくて。。(;_;





久しぶりの恋愛小説だ。

最近 ほとんどときめかなくなった恋愛ものだ。

 まだSFものとかサスペンスのほうが 違う意味でときめいたりするかも。。

そんな感じで 天才ギタリスト(男性)と海外の通信社に勤務するジャーナリスト(女性)の
長い長い恋愛のお話を読み始めることにした。

そして3日でなんとか読み終えた。

手付かずのまま放置して、返却期限が迫って、あわてて読み始めるという感じで。。(^^;





ラストでようやく「マチネの終わりに」の意味に気づきます。

ここで”ドバ~ッ”と泣ける人は 恋愛小説向きの人です。

マチネの終わりのような優しい余韻を引く感じは すごくアルアルでしたが

泣けないアタシは 恋愛もの不向きと決定! (やっぱりか。。。)





ぜんぜん関係ない話を始めます。
三原じゅん子がかなり年下男性と三度目の結婚という、どうでもいいニュースをヤフーで見かけた。
まぁ、好きにやってくれと思う反面、アンタ、頑張ってる矛先が違うんじゃない!?とも思う。
まず、政治を一心不乱にやってくれよ!と思う。
三原じゅん子、人騒がせな恋愛体質と思った。。
これ、アタシの独り言と思って読んでくださいね~。









[PR]

by ukico32744 | 2016-10-27 17:19 | ある日の読書 | Comments(8)