2017年 06月 04日 ( 1 )

鎌倉 ~「涼」と「静」と「密」を求めて~

f0315332_17281175.jpg
鎌倉滞在中の5月27、28日はとても暑い日でした。
そして、湿度が高い。
湿度が高いのは、谷戸の鎌倉の特徴なのですが、
歩きながら、無意識に「涼」を感じるところを求めています。

シュールなお顔のお狐さまが、たくさんいらっしゃる佐助稲荷神社は谷戸の奥の方。
ひっそりしてて、湿った草の匂いがします。
夕方、薄暗くなってからは行きたくない場所です。


f0315332_17334381.jpg


京都の伏見稲荷神社のような「華」はありません。
「湿」とか「暗」とか、そんなイメージ。
「密」な鎌倉といえば、佐助稲荷神社でしょうか。
それほど遠くないところに、有名な銭洗弁財天宇賀福神社があります。



f0315332_12285995.jpg

水鉢の蓮が涼しげ
鎌倉駅から5分ほどのところにあるお寺さんは、とても静か。
 鎌倉は「騒」と「静」がハッキリしています。
一本裏路地に入るだけで、「静」の鎌倉を体感できます。

f0315332_12345601.jpg

鎌倉の三大洋館のひとつ「古賀邸」
鎌倉は明治~大正時代にかけて、著名人の避暑地として愛された町。

今はフレンチレストランになっている古賀邸。

緑が美しくて涼し気で、もう少し近くに踏み込みたかったけれど、
その日はウェディングパーティーの貸し切りのようで遠慮しました。


f0315332_12384640.jpg


ワタシの鎌倉の「マイ避暑寺」といえば、ここ妙本寺。
鎌倉通には、とても愛されているお寺さんです。

ドラマ「ツバキ文具店」でも、このお寺さんの門前で、ロケが行われました。

f0315332_12453656.jpg

妙本寺二天門と夏モミジのコラボ。
日射しを透かした緑がビューティホ~♪


f0315332_12482488.jpg


ところ変わって、御霊神社。
参道を江ノ電が通過するという、面白味のある神社ですが、
鎌倉幕府が出来る前、平安時代に創建された、それはそれは由緒ある神社です。
紫陽花の時期ともなれば、撮り鉄の聖地となり果てますが。。💦


f0315332_12560552.jpg

路地にアジサイ。
鎌倉はそろそろ紫陽花シーズン幕開けです。

f0315332_12580822.jpg

イワタバコです。

6月鎌倉の紫陽花人気に隠れた、影のスター。
星型の花が、下向き加減に群生してる様子は東慶寺などで見られます。

今回「山アジサイの隠れ里」でラッキーにも見ることができました。




ワタシのマニアックな「密」な鎌倉旅は以上です。

長々とお付き合いくださって、ありがとう♪


[PR]
by ukico32744 | 2017-06-04 13:05 | 鎌倉 | Trackback | Comments(10)