2017年 06月 28日 ( 1 )

一枚のテーブルクロスから

f0315332_16093383.jpg

テーブルクロスを洗濯しました。

仕事が休みで、天気は晴れ☀
こんな日に、やりたいことが「ひとつ」あったのです。





半日で乾いたクロスは肌触りも良く、アイロンをかけなくともいい仕上がりだ。

シャーッ!と思いきりテーブルに広げてみる。
何よりワタシの気持ちが一番に洗われたような瞬間だ。



テーブルクロスって、そうそう洗うもんじゃないと思っていた。
なので、テーブルクロスの上に、もう一枚透明のビニールクロスを掛けていた。

これは実家方式で、高度成長期方式(笑)とでもいいましょうか。
ついついワタシも、長年この方式を引きずっていた。(^^;

このビニールクロスの存在が、なんか「野暮~(^^;」と前から若干思っていたけれど、
日にちがたったパンのように、カチカチ💦な頭の中は
高度成長期から止まったままだ。

ビニールは毎日拭いても日々劣化して、くすんでくる。
その下にある、お気に入りの前に(大)が付く
アクタスで買った大のお気に入りのテーブルクロスが泣いているようだった。

「ときをためるくらし」のひでこさんが、
毎日テーブルクロスを洗うというのを読んで、
目から「うろこ」がすべり落ちた。

ひでこさんのように、「毎日」とはいかないけれど、
定期的にお洗濯って、別に難しくもなんともないことだ。

何回も洗ううちに、色が落ち、少し縮んでくるのは否めないけれど、
それは劣化ではなく、布の「風味」や「持ち味」なのだから。

布の持ち味を大切にしょうと思う。



一枚のテーブルクロスで、今日という日が満たされた。

洗い替えのテーブルクロスを買う楽しみが、ひとつできたことが また嬉しいな♪



ご存じかとは思いますが、テーブルクロスの二辺の隅に
100均で買って来た「滑り止め」をカットして敷くとズレません。








[PR]
by ukico32744 | 2017-06-28 17:38 | 半径日常 | Trackback | Comments(22)