カテゴリ:ある日の読書( 73 )

ある日の読書『大橋鎭子と花森安治』


f0315332_15351812.jpg


NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の主人公小橋常子のモデルとなった
大橋鎭子さん
そしてドラマの中で雑誌「あなたの暮らし」の編集長花山伊佐次のモデル、
花森安治さん
この二人の雑誌創刊にまつわる 自叙伝である。


「とと姉ちゃん」もそろそろ終盤に向かってる。
でも、一足お先にドラマの転回が知りたくて、せっかちに本を読む。

読んでみて、ドラマと実際に有ったことはニュアンスが微妙に違ってて、
ドラマの脚色がうまい!ってことが わかったりする。
これって、別にわからなくてもいいことだった💦

実際の大橋さんも、常子同様、ガッツがありチャレンジ精神が旺盛な女性だった。
人の懐(ふところ)に飛び込むのがうまいのは 天性のもので、
彼女の”人間的な魅力”が危機的状況を何度も救う。

その神話的な実際にあった話は あまりドラマの中では語られてないのが ちょっと惜しい気がする。
もと皇族のかたや 川端康成との交流など。
とにかく、人のココロをギュッと掴んでしまうのが 大橋さんの強みだ。

毎朝観ればいいものの、何故か録画して夜に観るという ややこやしい我が家。

いろんな事情で2日分滞って観ていないので、今週のストーリー
「鞠子 らいてうに会う」の巻は これから。。

「平塚らいてう」さんは アタシが読んだ自叙伝には 出てこないので
これは例のうまい脚色。。?

「朝がきた」にも「らいてうさん」出てきたし、NHKは「らいてうさん」がお好きかもね?



f0315332_16164688.jpg


Eテレ 0655の今週のたなくじ
ミックス吉!

これくらいが ちょうどいいよね (^_-)


[PR]
by ukico32744 | 2016-08-09 17:35 | ある日の読書 | Comments(4)

ある日の読書『楽園のカンヴァス』

f0315332_16382960.jpg

原田マハ 「楽園のカンヴァス」

「楽園のカンヴァス」の表紙は アンリ・ルソーの「夢」。
MOMA(ニューヨーク近代美術館)所蔵のこの大作をめぐるロマンミステリー。

この物語の中には ルソーはじめ、鍵となるピカソ、
数々の有名な画家の名前がでるわ、
世界的に著名な絵画もでるわでるわで、
芸術関係には無知なアタシが読んでも 楽しめるだろうか。。
という問いかけをしながら読み始めた。

物語上に出てくる絵画を ネットで検索しながら
見る&読む。
傍から見ると スマホ見てんだか 本読んでんだかの状態だ。

芸術作品に触れ、質の良いストーリーに痺れ、
ミステリーに頭の中が刺激され、
暑さでドヨ~ンとした頭がくるくる回り出す。。

「ダヴィンチ・コード」がちょっと難しかったな、と思ったアタシでも、
付きあいやすいストーリーだ。
 

~涼しくならない夜を 持て余しているアナタへ~

そんなメッセージ付きで プレゼントするのに最適な1冊。
なんてネ。。(^^;


原田マハさん作品は 10年前くらいに読んだ
「カフーを待ちわびて」以来だ。
  はじめて沖縄旅行して ちょっと沖縄にカブレた頃だ。
「カフー」、面白かったナと、印象に残っている。
 

最新作「暗幕のゲルニカ」も絵をめぐる芸術サスペンス。
「楽園のカンヴァス」が想像以上に楽しめたので、こちらももれなく図書館する。
 秋の夜長の読書シーズンには 手元に届くかな~くらいの人気本。
待ち遠しい1冊だ。












[PR]
by ukico32744 | 2016-08-06 17:54 | ある日の読書 | Comments(4)

ある日の読書『冷蔵庫を抱きしめて』


f0315332_17295592.jpg

今年の直木賞受賞した荻原浩さんの 去年の短編集
『冷蔵庫を抱きしめて』


「DV」「摂食障害」「SNS中毒」「対人恐怖症」など、
病んでるココロを題材にした短編集は
気持ちいいほど、サクサクッと読めちゃうので、
あっという間に読み終えてしまった。
重い題材であるけれど、病んでる本人があまり自覚がないという
能天気さがコミカルだ。


直木賞受賞作品『海の見える理髪店』も短編集である。
選考委員の宮部みゆき氏が
「圧倒的な読み心地の良さ」と評していたけれど、
「サクサクッと読めちゃう」と 同じ意味っていうことでいいだろうか。。


直木賞発表の当日、さっそく「海の見える~」を 図書館検索したところ
予約人数は5名だった。
 web予約冊数が限度に達していたので 二日後図書館に行き予約する。
なんと!予約数は35名に膨らんでいた。。。(-_-メ)
さすが。直木賞って、凄いな。
 

図書館にあったので借りてきた、手始めの「冷蔵庫を抱きしめて」。
リズミカルなストーリー展開は 荻原さんの得意とするところなのだろう。

サクサクサクッ♪と
音が鳴るような一冊



f0315332_18224587.jpg

キャッチコピーより大きな「直木賞受賞作」の文字が晴れ晴れしい。
実力はもちろんだけど
ネームバリューも大事なこと。
荻原さん、大いに利用して、次回は長編に挑戦してください♪ 








[PR]
by ukico32744 | 2016-07-26 18:52 | ある日の読書 | Comments(6)

ある日の読書『服を捨てると幸せが見つかる』

f0315332_16422256.jpg

こちら↑ ミニマリスト、やまさんの著書
「服を捨てるせが見つかる」

ミニマリスト、やまさんはフツーの家庭の主婦。
ブログ「少ないものですっきり暮らす」を発信している。
やまさんの洋服は全てクロゼットに吊るし
見やすく風通しも良く もちろんお気に入りコーデもあっという間である。
こういうブロガーさんは きっと無印良品好きなはず!?
例外ではなくやまさんも無印が大好きのようだ。

彼女のblogのファンなので、書籍を出されるということで、
楽天でポチる。
久々の書籍購入である!

「服を整理する」ことで、自分に向き合い、自分を知り、
後悔のない人生を送ろう。。

やまさんが服を捨てて 最終的に気付けたことは こういうことだ。

読み終えたあとも、なるほどと感じた部分は 何度も拾い読みをする。
この本を読んで得た アタシなりの「気づき」もいくつかあった。
「目からうろこ」的な部分も。。
このところのバイブル的な一冊。

f0315332_18560479.jpg


[PR]
by ukico32744 | 2016-07-15 19:30 | ある日の読書 | Comments(6)

ある日の読書『かたづの!』

f0315332_16094603.jpg



主人公祢々(ねね)は 八戸南部藩の女当主。
江戸時代に実在した唯一の女大名である。

かたづの!って、いったいなんなの!?

本の帯のキャッチコピーには
「角を一本しか持たない羚羊(かもしか)が祢々と出会って云々~」と書いてるので
なんとなく 羚羊(かもしか)の角なんだな、、ということは読む前に理解したけれど。。

本の語り手は羚羊の角。
幼い頃祢々と出会い 友情を育み 死後も角(つの)に魂が宿り
女大名となった祢々を見守り続けるという。。

祢々に恋するカッパ
屏風から出て来て「かたづの」とおしゃべりするペリカン
モモンガ、猿、蛇。。
小説の中には たくさん動物が出て来て
策略と戦(いくさ)の乱世の世界を
ファンタジーな歴史小説仕立てにしてくれている。

作者の中島京子さんが「ありったけのウソとホントを絡めて書いた」と。。

そのウソとホントの絶妙なさじ加減。
あらためて「好きだな、この人の小説。。」と思ったものだ。。

f0315332_16554842.jpg

「長いお別れ」は父が亡くなる直前か 亡くなった後か あまり覚えてないけど、そのくらいに読んだと思う。
自分の場合とは非なるお話なのに「亡くなる」という部分だけが重なっていて
妙に重苦しい気持ちで読んだものだ。
でも、物語として、とてもステキで面白いと感じた。

中島京子氏は「小さいおうち」で直木賞を取り 映画にもなり、
一躍「時の作家」となったけれど、
それ以前、その後も 淡々と いい小説を書いている。
この淡々と、というところが 大きくして下線引くくらい 好きなところ(笑)











[PR]
by ukico32744 | 2016-07-11 17:24 | ある日の読書 | Comments(2)

ある日の読書『橋を渡る』

f0315332_15394081.jpg

吉田修一の新刊本は 図書館予約が早かったので、
書店で「新刊本」として並べられてる同時期に 読むことができた。
新刊本・人気本をタイムリーに読めないことが
図書館readerの弱点だけど、
リアルタイム読書が叶えられるときも たまぁにあったりする。

こんなに書いちゃっていいの?と思うほど
ネット上にあらすじ流出しちゃってるけど、
純粋に最後の章でビックリしてほしいから
そんなの読まないで 
先入観なしで読んでほしい。

今、人工知能(ロボット)にココロを持たせる、とか
超スピードで開発が進められているけれど、
この本読むと、ちょっと待って!と言いたくなる。

終盤SFタッチになっている この作品。
70年後の近未来は ワタシたちの孫やひ孫が生きる社会だ。
けっして遠い未来の話ではない。
そして、もはや優しいドラえもんはやって来ないことは知っている。。

ワタシたちは 引き返せない橋を渡っている。。









 


[PR]
by ukico32744 | 2016-07-06 18:30 | ある日の読書 | Comments(2)

ある日の読書『ジョコビッチの生まれ変わる食事』

f0315332_10373283.jpg

テニスのウィンブルドン選手権が始まった!
時差の関係でテレビ放映が深夜というのが、早寝のアタシにはキツイのだ。
ニシコリ君の初戦突破を信じつつ睡眠へ。。
今朝 ストレートで勝利を知った時は嬉しかったけど、
例の脇腹痛でメディカルタイムアウトを取ったというから、今後に一抹の不安な影が・・・

ノバク・ジョコビッチは今や世界最強のテニスプレーヤーだと、
誰もが認めるわけだけど、
彼を「そこそこいい選手」から「世界最高選手」に生まれ変わらせたのは
「新しい食事方法」だという。

彼はそこそこいい選手時代、
試合の途中でカラダが動かなくなったり、不調を訴えて棄権するといったことが
度々あったという。。

或る博士の助言で パンやパスタを食べることを辞めた。
彼はグルテン(小麦に含まれているたんぱく質)アレルギーだったのだ。

彼ら欧米人にとって小麦は生命線といえるもの。
そして、彼の実家はピザ屋さんである💦
そして、小麦って、信じられないくらい色々なものに含まれているのだ(@_@。

厳しい食事管理でテニスの王者になったジョコビッチ。

強すぎてね、完璧すぎて、アタシちょっと。。。
な選手であったが、 
計り知れない努力の証の「王者」
観る目が変わったな~。

今、なにかカラダがしっくりしてなくて、
原因不明の体調不良に陥ってる人がいたら
「食事」を見直してみる、というのはいかが?
自分のカラダに合わないものを 知らず知らずに摂取してるかもしれないと。。。

なにげに図書館で借りた一冊。
とても興味深く読めた(*^^)v


[PR]
by ukico32744 | 2016-06-28 15:37 | ある日の読書 | Comments(2)

ある日の読書『坊ちゃん』

f0315332_17171702.jpg

図書館で借りた「坊ちゃん」はもう30年も前の岩波文庫だ。
活字が小さく 印刷技法もなんかクラシックな感じ。
 30年の年月を感じる一冊である。
目がチラチラする中 何とか読み終える。

実は「坊ちゃん」を読むのは初めて。
目がチラチラするので困ったけれど、なかなか愉快な小説だった。

江戸っ子坊ちゃんは一本気で単細胞!?
なかなか愛すべきキャラなのだけど、
赴任先四国松山の中学校では 態度が目立ちすぎて
教師、生徒から煙たがられる存在となる。。

みなさん、知ってのとおりのストーリーである。


今日から「坊ちゃん」ゆかりの土地へ行ってきます。
梅雨に入った四国は松山ぞなもし。。
ぞなもし。。
なんて言ってる伊予の人は 今はいないんだろうなぁ。。

LCC3社を利用して広島経由の松山の旅。

もう帰っちゃったオバマ氏の足跡を追いかけて
広島にも行くじゃけぇ。。
yes we can ‼ 
(^-^;





[PR]
by ukico32744 | 2016-06-08 09:00 | ある日の読書 | Comments(8)

ある日の読書『鹿男あをによし&プリンセストヨトミ』

f0315332_15491931.jpg

左から新米理科教師、鹿、教え子の女子高生
平城宮跡 朱雀門前にて。。

この三人?、フツーに会話できるのだ。
鹿は「せんべい」より「ポッキー」を好むグルメ鹿ときた。
「あをによし」は奈良の枕詞だし、
奈良が舞台の小説でないわけがない。

表紙からは思いもよらない、壮大な歴史的ファンタジー小説である。

ポッキーが好きでたまらない鹿のように、
面白すぎて、読む手が止まらなかったヨー(^-^;

f0315332_16115190.jpg

「プリンセストヨトミ」はまさに豊臣家の王女のこと。

大阪のおっちゃん達は 徳川と戦い、戦(いくさ)に敗れた400年前から
頑固にも密やかに 豊臣の末裔を守ってきたらしい。。

今も?
もちろん。。


関西を題材に スペクタルな小説を書いている 万城目学(まきめまなぶ)。
もう、アカンて。おもろすぎ。。


母の通院に付き添い、診察の待ち時間が もっぱらのアタシのまとまった読書時間である。
この「不毛」な時間が 意外と楽しみなのは「本」のおかげ。
母には 最新の週刊誌を探し出して あてがうことも忘れてはいけない。
ちなみに母は「時事ネタ」が好き。
の、わりにはあまり良くわかってない気がするけれど。。
まぁ、いいさね、好きなんだから。。(^-^;












[PR]
by ukico32744 | 2016-06-02 16:54 | ある日の読書 | Comments(6)

ある日の読書『ツバキ文具店』

f0315332_17475154.jpg

娘がGWにちょこっと帰ってきて もうすぐ母の日だからとプレゼントしてくれたのがコレ。

小川 糸さんの『ツバキ文具店』



『ツバキ文具店』は鎌倉で先代から後を引き継ぎ 一人静かに代書屋をしてる女性のお話。
鳩子という名のこの女性、名前も鎌倉らしいけれど、生き方も鎌倉風。。

春夏秋冬を愛おしみ、成り行きに添った穏やかな暮らしぶり。
そんな感じの女性が 住んでいそうな鎌倉。
鳩子も 鎌倉の世界観をたっぷり含んだ女性です。


10年来 何かと鎌倉に通い続けたワタシですので
「ツバキ文具店」の鎌倉舞台地図が
頭の中ですぐに描けるのが嬉しかったりします。


鎌倉の谷戸の小路で行き会う人々が シアワセのおすそ分けをするような
鎌倉らしい ほっこり小説に こころ洗われました。

f0315332_18520402.jpg

息子とお嫁さんからいただいた 紫陽花の鉢

カーネーションより、鎌倉好きのハハには やっぱり紫陽花かな。。と。。
鎌倉に因んだものを 母の日にいただきました。
こどもたちのプレゼントに かなりほっこりやられました(*'ω'*)

母の日って 両方の母に何送ろうかと頭いっぱいで
自分が貰うということに 「そっか~!?」と驚いたりします。


[PR]
by ukico32744 | 2016-05-13 19:12 | ある日の読書 | Comments(6)