カテゴリ:ある日の読書( 56 )


2014年 02月 12日

この世の花~銀色夏生~

f0315332_1721738.jpg

こんな花の写真を撮りたいな・・とほぼ衝動的に買った文庫。
無造作・無秩序。思い思いに咲く花たち。。

f0315332_1764990.jpgf0315332_178869.jpg
f0315332_17112465.jpg

時折の詩にドキッとしたり。。
f0315332_17131525.jpg



銀色夏生。。
熱の入り具合の波はあるけれど、20年来のファンです。
今、またビッグウェーブ到来の兆し?かもしれない。。。
[PR]

by ukico32744 | 2014-02-12 17:30 | ある日の読書
2014年 01月 24日

ブックスカフェで

f0315332_22302796.jpg

無職のあたしの数少ない、やらなければいけないお決まり事。今日は雇用保険の認定の為に、ハローワークへ行ってきた。
認定が終わって、そのあとの行き先は、ブックスカフェ。
今日はこの本をお伴にコーヒータイム。
(本を選ぶ作業もまた楽し・・時間かけてゆっくりね)

*「人間にとって成熟とは何か」曽野綾子

~正しいことだけをして、生きることは出来ない~
~すべてのことは善と悪の両面がある~
などなど…。
読んで、自分の中の未解決部分がほんの少し解決したような気になった。
(いや、解決のヒントをもらいました・・そんな感じ)
自分にとっては「善」であっても、ある人にとっては「善」とは限らないと、今更ながら(この歳になっても、ということね)、最近よく考えたりするので。。
少し、心が軽くなったのか!?、本を読みながらいつの間にかうたた寝するアタシはほんと幸せな暇人だ(*_*;

*「吟行修行の巻」岸本葉子

最近、時々吟じてるアタシ。
空からコトバが降ってくる時あれば、お風呂の中で生まれることも。。
正統派俳句というものは、実はとても奥深いもので、あたしのは「言葉遊び」の域であるというのがよ~く解った一冊でした。

       春隣り 孤独分け合う 午後三時

[PR]

by ukico32744 | 2014-01-24 23:53 | ある日の読書
2014年 01月 08日

図書館記録1

ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅

益田 ミリ / 幻冬舎



去年から今年へ、年をまたいで図書館から借りてた横山秀夫の「64」を、大掃除と並行して、やっとこさで読み終え、今日は益田ミリのこの本↑を借りてきた。
「ちょっとそこまで」が、ブログタイトルと同じなので、思わず図書館でほくそ笑むアタシ。(キモチワルイネ)
圧倒的な緊迫感漂う警察ものから、肩の凝らないミリさんの本へ。。
相反してるけど、どちらも好きなジャンルです。


~昨日まで知らなかった世界を今日のわたしは知っている~
本のはじめに、こう書いてある。そして、不思議な気持ちになると。。
わかるなぁ。。
旅の始めの高揚感と、終わりの安堵感と充実感。
本の中に入り込んで、疑似体験しよう!



f0315332_17362830.jpg図書館まで徒歩7分。嬉しい距離♪
[PR]

by ukico32744 | 2014-01-08 23:10 | ある日の読書
2013年 12月 06日

鎌倉好き

あたしの鎌倉好きは、あたしの回りのごくごく狭い範囲内で、有名な話ですが・・・


鎌倉が好きで通うようになって、10年経った。
10年もの間、仕事・家事の合間を潜り抜け?て通うのだから、それはもうライフワークなんだろうと思う。
一人歩きで、ダメな自分を見つめて受け入れて、また何もなかったように日常を繰り返す。。。
仕事している時はそれの繰り返しだったけど、仕事を辞めた今は、何を考えながら歩くのだろう。。
退職後の10月は、友達と歩き回った。
語りながら笑いながら歩くのは、それはそれで、とても心が豊かになった旅だったなぁ(*^_^*)

f0315332_18182264.jpg

鎌倉本いつの間にこんなに!!
f0315332_18192159.jpg

マンガ本もあります♪
f0315332_18201355.jpg

お亡くなりになった作者、井上ひさし氏も鎌倉在住でした。
[PR]

by ukico32744 | 2013-12-06 18:30 | ある日の読書
2013年 11月 30日

愛読書

心がほどける小さな旅

益田ミリ/飛鳥新社

こんな旅してみたい。と思う。やってみようと思う本。


この本、旅好き女子ならきっと好きな一冊になると思う。手元に置いて何度読み返してもほっこりな気持ちになって、自分も同じ体験・経験ができそうな気がする小さな旅の数々。
肩の凝らないミリさんの文章が心地よいのです。

f0315332_16214716.jpg

無意識に、あたしの本棚にはけっこう「旅本」が入ってます。
本もだいぶ断捨離したけれど、お気に入りの「旅本」は、いくら古くなっても手放せないです。

f0315332_16303292.jpg

そして今の愛読書はこのガイド本。
一週間後、京都行ってきます! 散るモミジを追いかけて、少し落ち着き感を取り戻した静かな京都を期待しつつネ。。
[PR]

by ukico32744 | 2013-11-30 16:48 | ある日の読書
2013年 11月 24日

前進する日もしない日も

前進する日もしない日も (幻冬舎文庫)

益田 ミリ/幻冬舎

人生、前進ばかりしてると、時々疲れてくるよね。一時休止してリラックス。でも、後ろ向きにはならないからね。



「前進する日もしない日も」
益田ミリの本はあたしの好みなのだけど、この本はタイトルがあたしのツボ。
ブログタイトルにしたいと思ったほどだけど、ミリさんのまねっこになってしまうね・・と止めました。
「今日はこーゆーとこが良かったな。」とか、
「ちょっと、あれ、いただけないよね」とか、
この歳になっても自分自身を自問自答して暮らしているものなのよね。

今日はブログ記事消すことなく更新できそうなので、今日は前進した日!としようっと。

「沖縄こばなし その2」は23日たっぷり時間かけて書いたので(何回も失敗したから)、23日の分としたかった・・・とブツブツブツ・・・とまだ言ってる( 一一)
[PR]

by ukico32744 | 2013-11-24 17:41 | ある日の読書