カテゴリ:鎌倉( 28 )

鎌倉ひとり夜ゴハンについて

f0315332_16303978.jpg


11/25-27の、鎌倉二泊三日は、鎌倉や横浜方面に住む知人友人に会うこともなく、
完全一人旅でしたので、ひとり夜ゴハンのお店を、けっこう丹念に調べて出かけました。

・ 観光客とかあまりいなさそうなところ。
・ 静かな雰囲気で、ひとりでいても浮かなそうなところ。
・ 何より、コレ食べてみたい!と食欲をそそるメニューがあること。


上の写真は「sahan」(サハン)

駅の線路沿いにある、小さなビルの二階にある「sahan」は、
窓際のカウンター席に座ると、真向かいに鎌倉駅のホームが見える。

若い女性オーナーが一人でやっているので、
ちょっと時間がかかるのだけど、それもまたお楽しみが膨らむようで、
まったく苦にならない。

f0315332_16535433.jpg


パン
キノコのスープ
厚揚げとほうれん草のスペイン風オムレツ
サラダ
切り干し大根とお豆のマリネ

週替わりで、パンとゴハンの定食になるらしい。この日はパンの日だった。

鎌倉検定が終わった日で、頑張り切れなかった自分に、気持ちがささくれ状態だったけれど、
労りの優しい食事をいただいてるような気持ちになってきた。

あ~、ここに来て良かったね、と自分に云うワタシ。

* sahanは「ツバキ文具店」のポッポちゃんが
自転車に乗ってゴハンを食べに来たところ。
その場面がすごく好きなので、疑似体験したくもあり
やってきたのでした。





f0315332_17075475.jpg


「山本餃子」は、検定前日に。

カウンター6~7席だけの、いたってこじんまりしたお店。

お昼は餃子定食のみ。夜は餃子のほか、おつまみなんかもあって、ちょい飲みにグーな感じ。

こちらも、若い女性お一人でやってるお店です。

jujuをカジュアルにしたような感じのかたで、
穏やかな感じも醸し出しつつ、芯が強そうな。。

好きだなー、こんな感じの人。。


f0315332_17175332.jpg


ギョーザ
はんぺんのオリーブオイル焼き
きゅうりとアボカドのサラダ

に、瓶ビール一本だっ(笑)

ギョーザはニンニクやニラなどは入ってないけれど、優しい肉質がもうたまらんって感じ。

隣りに座られた常連のおじさまは、その味わいをしっかり感じたいがゆえに、
敢えて、酢醤油もなにも付けずに召し上がるという。

ワタシも、真似して、なにも付けずに食べてみた。

うま~♪
でしょ?でしょ?

なーんて、ちょっとした会話から、話が弾むこともあるのです。



山本餃子さん、ワタシ的にかなり気に入ったので、
詳しくネットで検索してみたところ、2011年オープンで、
もう6年も頑張ってらっしゃる。

2015年には、クウネルの「女子と餃子」特集にも掲載されたとのこと。

小さいお店で地元愛着系ながら、コツコツとすそ野を広げている、人気店だったんだ。



「sahan」も「山本餃子」も、鎌倉駅西口より徒歩3~4分ほどです。

もうひとり夜ゴハンも怖くない、ワタシにとって最強な2店を見つけました♡





[PR]
by ukico32744 | 2017-12-04 17:54 | 鎌倉 | Trackback

鎌倉 わたしのオススメ~浄智寺~

f0315332_16414402.jpg


この石段、とっても風情ありますよね。

古刹感がたまらない。

奥にある鐘楼門も風情があって、時代劇の撮影でもこの場所
使われたことがあるようです。



北鎌倉にある古刹「浄智寺」は、鎌倉五山第四位と風格があるのにもかかわらず、
親しみやすいお寺さんです。

何故?って、ほら、このかたがいらっしゃるからじゃないかしら↓


f0315332_16514514.jpg


布袋尊。

袋を背負っていない布袋様。 

幸せはこの指の先のほうに。。
つまり、向かい合ってるアナタの後ろにあるのです。
と、教えて下さってる。


f0315332_16524023.jpg


腹黒い!?

ん? 「腹黒い」じゃ、意味が違うでしょーよ。(笑)

もとい!

お腹が真っ黒。 黒光りしてます。

f0315332_16541961.jpg


この立札を見て、お腹触らない人いないでしょ(笑)

この立札、このお寺の閑栖さんのアイデアらしいです。

TBSのプロデューサーから僧侶になられた変わった経歴を持つ閑栖さん、
お寺プロデュースもお見事です。


f0315332_16592672.jpg


境内の茅葺屋根の庫裡もいい感じ。

深秋の景色に、見事にマッチング♪

この日は、見かけなかったけれど、この辺りで写生をしてるかたがいます。

温かみのある対象物ですよね。



f0315332_17024997.jpg


谷戸の柔らかい朝日をあびて、色付きも優し気。

鎌倉の紅葉は北海道のそれと比べると、やさし~と感じます。




浄智寺は鎌倉十三仏 六番札所であり、
鎌倉三十三観音巡りの三十一番札所。
そして、鎌倉七福神巡りでは、布袋尊を祀っています。


鎌倉七福神巡りは、「ツバキ文具店」の中で、
ポッポちゃんはじめ、バーバラ婦人や男爵が、ハイキング気分で出かけて行きましたよね。
途中雨が降ってきて、結局行ったのは、この浄智寺だけじゃなかったかしら(笑)




鎌倉には100以上のお寺がありますが、
風格があり、古びた山門や石段に古都の風情があって、なおかつ
親しみやすい感じがする浄智寺をご紹介してみました。

鎌倉を訪れた際には、オススメのお寺さんです。


[PR]
by ukico32744 | 2017-12-02 17:47 | 鎌倉 | Trackback

父の鎌倉十三仏参り

f0315332_18171415.jpg

11月26日(土)、鎌倉について、そそくさとランチを済ませ、
そのあと、十二所(じゅうにそ)という、鎌倉の端っこのほうに出かけたいうことは、
前に書きました。

観光客や、紅葉狩りの人など、皆無な静かな十二所に、
明王院というお寺さんがあります。



明王院は、鎌倉十三仏参りの一番札所です。

仏教では、人が亡くなると、十三王によって裁決されるといわれてます。
現世のうちから、お参りをして、功徳を積み、より良く生きようとするのが
十三仏信仰です。

また、亡くなった人の三回忌までにお参りすると、十三王の審判から救済されるということです。

来年二月に、父の三回忌を迎えますが、冥途に旅立った父の、
追善供養も、今回の目的のひとつなのでした。

うちの父、悪い人ではないけれど、なんたって無口で、人に誤解を招くことが多々あるのです。
真実の口を滅多に開かないので、十三王の前でも、誤解されそうです。
あちらで右往左往してる父が なんとなく頭に浮かびます。

ワタシが代わりになって巡拝して、手を合わせてお願いしなければ!
ヘンな使命感で、鎌倉検定前、当日、翌日と三日に分けて、
お参りしてきました。

そんなに広くない鎌倉の町の中に、十三仏霊場が点在しています。
土地勘もあるので、ちょこちょこ巡ることができました。


f0315332_18521773.jpg

明王院で、調達した、十三仏参りの御朱印帳です。

お寺参りで御朱印をいただくのが、ちょっとしたブームですが、
ワタシは、御朱印をいただくことを目的にしたお寺参りは
「なんか違うんじゃない?」と思ってるので、
寺女?にして、今回、初御朱印帳です。

f0315332_18564644.jpg


パラ~と広げると、けっこう圧巻ですね!


実は、三日間で、あと二か所、回り切れませんでした。

そこは12、13番札所なのですが、
12番札所の極楽寺は十三回忌、
13番札所の成就院虚空蔵堂は、三十三回忌に、審判を受ける王様をお祀りしているお寺さんです。

こちらは、三回忌を過ぎても、お参りが遅くないということなので、
次回の鎌倉で、お参りをして、御朱印をいただきたいと思います。




一日目(11/25)
明王院→浄妙寺→報国寺

二日目(11/26)
来迎寺→本覚寺
(鎌倉検定前に二か所回りました。頑張ったよ~)

三日目(11/27)
浄智寺→円応寺→浄光明寺→海蔵寺→寿福寺→覚園寺















[PR]
by ukico32744 | 2017-11-30 19:18 | 鎌倉 | Trackback

採点!

きのう鎌倉から帰り、鎌倉ボケ、検定ボケが続いているワタシです。

この一か月、普通に暮らしてましたが、気持ちは大幅に鎌倉検定に傾いていたようです。

プチ喪失感。

いーや、プチ虚脱感だな。

プチなのでね、明日にでも、フツーに戻ると思いますけれど。。(^^;





f0315332_16505640.jpg


夕方のスターバックス、鎌倉御成町(おなりまち)店です。(11/25)

18時前ですが、もうすっかり夜のとばりのような暗さです。


f0315332_16541014.jpg

こちらは上のスタバのお昼の様子です。(11/27)


今回、スタバ御成町店には検定前日、検定翌日と二度お茶しに行きました。

一度目は検定資料の重たいバッグを抱え、
二度目はバックは身軽になったけど、どこか気持ちにすきま風が吹く感じで。。(*_*;


スタバ鎌倉御成店は、全国で十数カ所あるスタバコンセプトストアのひとつで、
以前はいつも混み混みで、パスしてましたけど、
近ごろは、わりとすんなり、入れるような気がします。

一人だと、空いてるとこに、スルッと座れちゃうっていう強みもありますけどね。


f0315332_17084792.jpg


お昼に伺った昨日は、運よくプールサイドが見える席をゲット!

窓の向こうの水色っぽいのがプールです。

このスタバは、「フクちゃん」の漫画家、横山隆一氏のお宅の跡地に建てたもので、
氏が愛したプールや見事な藤棚などは残しつつ、ここにしかないスタバスタイルになってます。

コンセプトストアと云われる所以がわかりますねー。

お店の中にもフクちゃんの漫画の原画が、さりげなく、オシャレに飾られてますよ。



ケーキは、鎌倉御成町店ほか2店にしか置いてない、限定メニューの
フルーツロールケーキ♡
葉山の日影茶屋(CHAYA)さんより、取り寄せているもの。

間違いない、美味しさです。

f0315332_17340730.jpg

スタッフ手作りのこんなボードが!

さすが、ワールドワイドなスタバであり鎌倉でありますね-。
ワタシも北海道の真ん中に、ポチポチとシール貼ってきましたよ。

あっ、フクちゃんもいるね♪

↑↑↑こういう鎌倉情報なら、覚えようとしなくても自然に頭に入るのに、
悲しいかな、鎌倉検定には、この手の問題は、いっさい出ないんですよね。




今日は、商工会議所から、すでに解答が出てるので、恐る恐る答え合わせしてみました。

自己採点74点。
やっぱり不合格かぁーー (>_<)
(合格は100点満点の80点です)

う~む。。妙に納得の点数なんですけど。。(笑)

実は過去問を解いても、80点取れたことが1回しかありませんでした。
いつも70点台です。

あと数点分を、神頼み、寺頼みしてみたのですけど、
「自力で克服せよ」のお告げだったようです💦

ポジティブに言うのなら、前回、前々回とも60点台だったので、進歩といえば進歩。

でも、後退はしてないけど、あと一歩に手が届かないっていうのが現実ですねー。



[PR]
by ukico32744 | 2017-11-28 21:09 | 鎌倉 | Trackback

玉砕!

f0315332_11385860.jpg






玉砕とは、

玉が美しく砕けるように、全力を尽くして戦い、勢いよく死ぬこと。

きのうの鎌倉検定、ワタシ、玉砕しました…。

と、いうことは、そういうことなんですね💦


検定が終了した時点で、精も根も尽きました。

答え合わせする気力無し。。
ブログアップする気力、さらに無し。

しばし倒れ込んで、はや夕方です。

結果は、どうであろうと、解放されたのだわっ!と、気付いたのは夕方から。

立ち直りは早いけど、やはり悔しい気持ちがモクモクと雲のように立ち込めて、
すっかり暮れた鎌倉の街は闇のようでした。




一夜開けて、

詰め込みすぎた頭の中は、もうスッカラカンになったんじやないかしら(笑)

頭がバカに軽いです。

検定が終わると、勉強したことはすぐ抜け落ちちゃう。

これだから、いつまでたっても合格できないのだと、我ながら呆れます。(笑)


f0315332_14033434.jpg





今日いいこともありましたよ。

長いこと食べたいと思ってた人気店、茶房雲母(きらら)の抹茶クリームあんみつを、並ぶことなくいただけました。

モチモチの温かな白玉が、優しくて、
お腹に染みるわ〜。

おやつというより、充分一食分の重たさがありました。

頑張ったご褒美は、一杯のクリームあんみつ、ということで。。

そんなところで充分だと思うワタシもいます。





16時の飛行機で帰ります。

ワタシに、非日常の時間を与えてくれた家族に、感謝。

明日からが、ワタシの日常で、本当のワタシです。

気がつけば、12月の声もすぐそこですね。



脱力感で、みなさんのブログにコメントできるチカラもなく、せっかくコメントいただいても、まだリコメできる自信がありません。

もう少し時間をいただいてから、コメント開けたいと思います。

ブログへの訪問、いつもありがとうございます。




[PR]
by ukico32744 | 2017-11-27 11:27 | 鎌倉 | Trackback

いざ!!

f0315332_11463404.jpg




朝早く、人が少ない境内は、それはそれは気持ちがいいものです。

神聖な空気を独り占めの、清々しい気分になりました。

実力だけでは、たぶん叶わないだろうと、鶴岡八幡宮に鎌倉検定の神頼みに行ってきました。

f0315332_11463637.jpg




朝日が眩しい源平池。

今日という日が、良い日になりますように。。

f0315332_11463825.jpg




2010年に倒壊した、御神木、大イチョウも、頑張ってます。

f0315332_11464098.jpg




こちらは働く姿が美しい巫女さん。


ワタシ、頑張るチカラをたくさんいただいたような気がしてます。


       


f0315332_13014013.jpg




ところ変わって、試験場 大船女子大にて。。



いざ!鎌倉!

って、こういう時に使ってもいいよね。

武士のような気心で、落ち着いて、冷静に。

頭の容量小さいものだから、覚えたことが、詰め込みすぎて、だた漏れしそう(笑)

はやく終わらせて、頭の中、解放してあげたいです。

試験は13時半からです。




[PR]
by ukico32744 | 2017-11-26 11:37 | 鎌倉 | Trackback

鎌倉に来ています

f0315332_17312682.jpg




お久しぶりです。

鎌倉に来ていますヨ。

あまりに久しぶりで、どうやって更新するんだったっけ〜⁉(笑)

ただでさえ、スマホからの更新は苦手なのに、少し悪戦苦闘しながらブログ書いてます。

鎌倉は、紅葉シーズン 真っ盛り。
この土日はお天気にも恵まれて、いつもにも増して激混みの鎌倉です。

わたし、紅葉は地元でいいだけ楽しんだので、目もくれずに静かなところへ移動することにします。

十二所。

ここは、横浜金沢区との境。
鎌倉の端っこです。

「十二所」と書いて、「じゅうにそ」と読みます。

過去、鎌倉検定にも読み方問題で、出ていました、ここ。

鎌倉の地名、読み方がやたら複雑で、そのまま読んだら、ダメダメのところが多いの。
検定受験者泣かせです。

どうして、ここに行ったかは、あとで説明するとして、ほぼお昼に鎌倉到着したからには、まず腹ごしらえをば!

f0315332_17312907.jpg




若宮大路(わかみやおおじ)

bowls(ボウルズ)

丼カフェで、なかなかオシャレな内装。

釜揚げシラス丼が食べたかったけど、
本日はシケで入荷がなかったと!?

シカタアリマセン💦

三崎マグロとアボカドのポキ丼にしました。

f0315332_17313357.jpg


f0315332_17313866.jpg



 
マグロ好きじゃないけど、細かくして、アボカドとなら食べられるという、わたしの一風変わった味覚(笑)


  ◆


食べたら一目散に、街中から逃れて十二所へ。

f0315332_17314423.jpg




喧騒から逃れて、ほーーっ。。。

やつと、ワタシの好きな鎌倉に会えました。

f0315332_17314715.jpg


f0315332_17315238.jpg




明日はいよいよ検定日です。


[PR]
by ukico32744 | 2017-11-25 17:02 | 鎌倉 | Trackback

ワタシと鎌倉検定

f0315332_15570878.jpg


大好きな鎌倉。

好きが高じて鎌倉検定を受け、H21年に3級、翌年に2級に合格しました。

H23、24年と1級にチャレンジしましたが、
1級の壁はベルリンの壁のように厚いのです。

4年ブランク開きましたが、今年またチャレンジしてみることにしました。




初めて鎌倉を訪れたのは、忘れもしない、H16年です。

ワタシはその年、職場の事情で夏休みを消化せずにいました。

娘の高校の吹奏楽部が横浜に招待され、遅い夏休みを取って聴きに行き、
その時初めて鎌倉を訪れました。

大都会からそれほど離れていないところに、
古風でもの静かな、ワタシが逢いたい風景が、そこにあったのです。

それからは、もう足繁く通いました。
お勤めしてたのですが、年に2回は行ってたでしょうか。
あまり休めない職場だったので、一泊二日の強行軍のときもありました。

働き詰めで、気持ちがガサガサしたときには、
「鎌倉」は気持ちを癒してくれる、格好の特効薬になったのです。



旅のついでに、お遊びで始めた「鎌倉検定」ですが、
1級ともなると、立派な「お受験」です。(笑)



ブランクの4年は、仕事を辞め、自宅の大掛かりな断捨離をしました。
実家の始末をし、両親を近くに呼び寄せて、ほっと一安心の束の間、父の悪い病気が見つかり、
短い闘病の上、亡くなるという、
けっこうハードな期間でもあったので、
検定を受けるなんてことも、無理な事ですし、頭からすっかり飛んでいました。



それらで消費されて、いったん底をついたパワーが、
少しづつまた貯蓄されたような気がしています。

鎌倉検定に再チャレンジするという、余力が生まれたようです。




7月から、鎌倉検定のテキストを一か月かけて読みました。
4,5年前に勉強したことが、すっかりというか、きれいさっぱり
忘れていることに驚愕です(笑)

9月半ばから、鎌倉検定のスイッチが入りました。
読書をキッパリ止めて、テキストと向かい合ってます。



この鎌倉検定、1級を取得すると、ボランティアガイドなどできるみたいですが、
遠くに住んでるワタシには、そんなことも出来る訳がなく、
ただただ自己満足の検定です。

それでも「鎌倉LOVE」のカタチある証が欲しいと思います。


検定は11月26日です。







[PR]
by ukico32744 | 2017-10-02 18:33 | 鎌倉 | Trackback | Comments(24)

鎌倉 ~「涼」と「静」と「密」を求めて~

f0315332_17281175.jpg
鎌倉滞在中の5月27、28日はとても暑い日でした。
そして、湿度が高い。
湿度が高いのは、谷戸の鎌倉の特徴なのですが、
歩きながら、無意識に「涼」を感じるところを求めています。

シュールなお顔のお狐さまが、たくさんいらっしゃる佐助稲荷神社は谷戸の奥の方。
ひっそりしてて、湿った草の匂いがします。
夕方、薄暗くなってからは行きたくない場所です。


f0315332_17334381.jpg


京都の伏見稲荷神社のような「華」はありません。
「湿」とか「暗」とか、そんなイメージ。
「密」な鎌倉といえば、佐助稲荷神社でしょうか。
それほど遠くないところに、有名な銭洗弁財天宇賀福神社があります。



f0315332_12285995.jpg

水鉢の蓮が涼しげ
鎌倉駅から5分ほどのところにあるお寺さんは、とても静か。
 鎌倉は「騒」と「静」がハッキリしています。
一本裏路地に入るだけで、「静」の鎌倉を体感できます。

f0315332_12345601.jpg

鎌倉の三大洋館のひとつ「古賀邸」
鎌倉は明治~大正時代にかけて、著名人の避暑地として愛された町。

今はフレンチレストランになっている古賀邸。

緑が美しくて涼し気で、もう少し近くに踏み込みたかったけれど、
その日はウェディングパーティーの貸し切りのようで遠慮しました。


f0315332_12384640.jpg


ワタシの鎌倉の「マイ避暑寺」といえば、ここ妙本寺。
鎌倉通には、とても愛されているお寺さんです。

ドラマ「ツバキ文具店」でも、このお寺さんの門前で、ロケが行われました。

f0315332_12453656.jpg

妙本寺二天門と夏モミジのコラボ。
日射しを透かした緑がビューティホ~♪


f0315332_12482488.jpg


ところ変わって、御霊神社。
参道を江ノ電が通過するという、面白味のある神社ですが、
鎌倉幕府が出来る前、平安時代に創建された、それはそれは由緒ある神社です。
紫陽花の時期ともなれば、撮り鉄の聖地となり果てますが。。💦


f0315332_12560552.jpg

路地にアジサイ。
鎌倉はそろそろ紫陽花シーズン幕開けです。

f0315332_12580822.jpg

イワタバコです。

6月鎌倉の紫陽花人気に隠れた、影のスター。
星型の花が、下向き加減に群生してる様子は東慶寺などで見られます。

今回「山アジサイの隠れ里」でラッキーにも見ることができました。




ワタシのマニアックな「密」な鎌倉旅は以上です。

長々とお付き合いくださって、ありがとう♪


[PR]
by ukico32744 | 2017-06-04 13:05 | 鎌倉 | Trackback | Comments(10)

ツバキ文具店を歩く

f0315332_16531667.jpg


「OXYMORON」の和風キーマカレー

ぽっぽちゃんとモリカゲさん、QPちゃん(ドラマでは はーたん)が
カレーの偵察に行ったシーン、覚えていますか?


ドラマ「ツバキ文具店」では、割と早い回で、オクシモロンのカレーを食べるシーンが
あったけれど、小説ではラストの重要なシーンへの伏線となる場面。

f0315332_16544622.jpg


小町通りの「OXYMORON」(オクシモロン)
カレーとデザートと器で大人気のお店。


26日(金)鎌倉に到着したのは午後2時だった。
午前中に、けっこうな雨が降って、その雨がやっと上がったという昼下がり、
ふだんは行列の人気のお店も、お天気と時間が功を奏して、即入店。
お腹ペコペコな、ワタシとお友達は、ぽっぽちゃんと同じメニューをいただいた。

f0315332_18425659.jpg

QPちゃんが食べたプリンも洩れなくいただきぃ ⤴⤴
別腹プリンも、しっかりお腹に収まって。。



今回の鎌倉行きのもう一つの目的は、小説&ドラマ「ツバキ文具店」に登場する
お店や場所を巡ること。

オクシモロンはお友達と行ったけれど、以下↓↓はひとり歩き。

ワタシは、鎌倉は基本ひとり歩きです。





f0315332_17400453.jpg

鎌倉宮

ぽっぽちゃんが住んでいるところは、この鎌倉宮付近と思われる。

鎌倉の海の方ではなく、山の方。

街の喧騒に比べて、それはもう静かなこと。

そして、ドラマの中で、モリカゲさんが営む「むぎカフェ」は鎌倉宮の前にある。

f0315332_21061225.jpg


このお店は、今はもう閉店しているようだった。
ドラマのために、お貸ししていたのだろう。


f0315332_21112222.jpg
魚屋「魚福」さんとして使われたお店は、実は鎌倉宮付近ではない。
そして、この魚屋さんは、当然ながら「魚福」という店名ではない。

f0315332_21124350.jpg

魚屋さん、「ツバキ文具店」のポスターを貼っている。

ロケに使われた場所は、このポスターを貼っているところが、他にもあった。

由比ヶ浜の「ラ・コーシナ・デ・ゲン」も、ポスターが貼ってあった。
「ラ・コシーナ・デ・ゲン」は男爵がぽっぽちゃんを前菜を食べに連れて行ったレストラン。
写真は撮ったけれど、見事に人の顔が映っててボツ!


f0315332_10161631.jpg
ぽっぽちゃんご一行様が、七福神めぐりで訪れた「寶戒寺」(ほうかいじ)

バーバラ婦人が「秋の萩がきれいで、よく行ったわ」と。。
ワタシも、萩の季節に訪れたことがある。
ここの参道の六角形の敷石が、可愛いのだ♪


f0315332_10213564.jpg
七福神めぐりの途中に、男爵がコーヒーを飲みたいといって、立ち寄った「ベルグフェルド」

ワタシが、鎌倉を好きになって通いだしたころからある、古いカフェ。


f0315332_10254127.jpg
暑かったので、アイスティーと、やっぱり糖分補給も。。(^-^)
ここの、パンもデザートもワタシ好み。

ワタシは、やっぱりチェーン店カフェより、こういうお店が落ち着くんだな。


f0315332_10352169.jpg
レンバイ(鎌倉市農協連即売所)の一角にあるパン屋さん
「パラダイスアレイ」

一番人気の「あんぱん」は、パンの表面に白い粉でスマイルマークが描いている。
ワタシはそのスマイルマークのあんぱんを求めて、ここ数年何回か通ってるけれど。。(^^;

この人気パン、焼きあがる時間が一定でなく、焼かない日もあるという。
朝一番に行っても焼きあがっておらず、翌日は焼かない日で、
今回も、あんぱんゲットならず(>_<)
ワタシと、パラダイスアレイのあんぱんの相性の悪いことといったら💦

ぽっぽちゃんはバーバラ婦人のぶんと、ここでホカホカのあんぱんを二つ買ったのだ。


f0315332_10475323.jpg
緑が眩しいガーデンハウス。

ぽっぽちゃんとバーバラ婦人がモーニングしたカフェレストラン。
外のテラス席で二人が座っている様子を想像して、うっとり。。。
ワタシは店内に座り、一人妄想する。。
(ワタシの妄想の中では、ぽっぽちゃんは田部チャンではないけどね 笑)

f0315332_10581361.jpg
ぽっぽちゃんはトースト、バーバラ婦人はグラノーラのセットだったけど、
ワタシはガッツリと「天然酵母のカンパーニュとポーチドエッグのセット」
ベーコンは「鎌倉ハム富岡商会」のもの。
さすがにジューシーな感じ♪


f0315332_11104613.jpg
由比若宮

雨宮家の初詣は鶴岡八幡宮ではなく、ここで。
「元八幡」とも云われ、鎌倉と源氏はここから始まったという。

ツバキ文具店前の藪椿は、由比若宮の椿の木の挿し木だったとか。。


f0315332_11213306.jpg
鎌倉を発つとき、電車の中から、ご飯やさん「sahan サハン」を写した。

小説では、ぽっぽちゃんは、ここで定食が出来上がるのを待つ間、
先代がペンフレンド静子さんに宛てた手紙を読んでいる。

鎌倉駅のホームと向かい合うように建つビルの2階に「サハン」はある。

ぽっぽちゃんは手紙を読んで顔を上げると、ホームで横須賀線の到着を待つ女性と目が合った。

向こうがかすかにほほ笑んだように見える。
つられて私も微笑み返した。


ストーリーの中に埋もれてしまうような、何気ない場面だけど、ワタシはとても好きなシーンだ。



さて、長々と書いてしまいました。
好きな事を書くのは、夢中になって長々と書いてしまいがちです。

書いたものを読み返して、これでも相当カットして短くしました💦

今日はドラマ「ツバキ文具店」の最終回です。

予告でぽっぽちゃんが、モリカゲさんにおぶってもらうシーンが少し映りました。

小説では寿福寺というお寺での、大事なワンシーンなのですが、
ドラマではどうなりますやら。

楽しみです。





[PR]
by ukico32744 | 2017-06-02 12:35 | 鎌倉 | Trackback | Comments(12)