カテゴリ:京都( 28 )

東福寺、紅葉の海原と伏見稲荷の人波

f0315332_11160302.jpg


11月15日(火)は帰る日です。

14時まで京都に居られるので、京都の洛南、東福寺へと行くことにしました。

東福寺への道は雨上がりで、しっとり濡れています。

f0315332_11200102.jpg


苔も瑞々しく。。


f0315332_11210890.jpg


予想以上に紅葉は進んでいました。

東福寺は京都きっての紅葉の名所。

朝からいっぱいの人です。お昼にはどんなんなるんかな~。


f0315332_11241452.jpg


東福寺といえば、通天橋からのこの絶景。

橋には警備員が立ち、橋からの撮影禁止を呼び掛けてました。
混雑時は 通り抜けるだけで、立ち止まりも禁止になるみたいです。
(撮影禁止ルールは今年からみたい)



f0315332_11334074.jpg


そして、もう一つの見どころと云えば

カリスマ作庭家、重森三玲による市松模様のモダン庭園


f0315332_11372561.jpg


東福寺、禅寺らしく 清々しく広大な境内


f0315332_11403212.jpg


三門は国宝

禅寺の中では日本一大きいそうです。


f0315332_11423750.jpg


質実剛健と雪月風花を兼ね備えた お寺さんですね。




そして、JR東福寺駅から、お隣の伏見駅へ 一駅電車に乗りまして。。


f0315332_11571093.jpg



じゃ~ん! 伏見稲荷神社だコン。


f0315332_11581121.jpg


千本鳥居で。

外国人に人気の日本の観光名所、三年連続1位だけあって、
海外のYOUがいっぱい。


人が溢れてはみ出す?感じだったので、おもかる石でお参りして、さっさと退散することにする。


f0315332_12032683.jpg


前に並んだ修学旅行生。
若い子はなにやってもカワイイ)

石が軽く感じれば願いはかない、重く感じると叶わないという。。

めっちゃ重かったんだけど。。。(>_<)




さてさて最後に、「願い事」は、当分叶わないことを神様から宣告されてしまったわけですが、
神様も、みんなのお願い事を叶えるのは、そりゃ、大変だ。

自力で叶えろって、ことですね?

了解 (^^;




姫路・京都旅、これで終わります。

お付き合い ありがとう♪




[PR]
by ukico32744 | 2016-11-22 20:00 | 京都 | Trackback | Comments(12)

高山寺、可愛すぎるお宝たち

f0315332_16465400.jpg


神護寺を出て、さらに山深い「高山寺」(こうざんじ)へ歩きます。

雨の水蒸気を含んだ重たい空気が 白く立ち上がり あたりは墨絵のよう。。

2、30分くらいトボトボ歩いた先に 高山寺がありました。


f0315332_17000181.jpg


なんとも古めかしい寺標ですが「栂尾山 高山寺」と書いてます。

f0315332_17073191.jpg



高山寺、まるで仙人が住んでいそうな、秘境感があるのです。

実は 高山寺は世界遺産に登録されている名刹です。

文化財の宝庫といわれ、国宝、重要文化財がわっさわっさとあるようです。

どこに隠されているのか、この鄙びた古刹に、、と思いますが、

現実世界を忘れそうな「ただならぬ」感じは、確かにあるのでした。

f0315332_17090145.jpg


国宝 石水院

石水院は後鳥羽上皇の学問所だったという。


f0315332_17164310.jpg


石水院から眺める山々の紅葉は、また一味違いますね。


f0315332_17224347.jpg


この善財童子像と、鳥獣人物戯画が見たくて、ここにやって来たのです。

鳥獣人物戯画は国宝。こちらに展示されてるのは複製だけど、撮影禁止です。

運慶作の「仔犬」も愛らしかったけど、これも撮影禁止なのでした。


f0315332_17305900.jpg


記念に 鳥獣戯画シールを買いました。

可愛い♪


f0315332_17270043.jpg


高山寺、いつかまた来たいな。

ここの空気感、とても気に入りました。



*鳥獣人物戯画とは?







[PR]
by ukico32744 | 2016-11-21 20:00 | 京都 | Trackback | Comments(10)

そうだ神護寺行こう

f0315332_16412112.jpg


14日(月)は四条大宮からバスに乗り 京都の洛西といわれるところより
さらに奥の高雄を目指します。

京都の中ではいち早く紅葉が始まるということです。

山城高雄まで、ほとんど停車しない臨時バスで40分くらいでしょうか。

バスに乗ってる人はほとんどハイカーと思われるような服装です。

高雄山の中腹あたりの停留所で下りました。

ここから神護寺まで、果てしなく歩くのです。
(大げさだけどそんな感じがした。。)


f0315332_16491564.jpg


お~、キレイね~。

取り敢えず、山里の紅葉に感激します。

神護寺は坂を下り、橋を渡り さらに長い長い石段を上ったところにあるのです。


f0315332_16560640.jpg


もみじのてんぷら540円は高いと思うわけ。

で、写真だけ撮らせてもらって素通り。。



f0315332_16583889.jpg


清滝川の赤い橋を渡るところらへんから ポツリポツリと雨が。。


f0315332_17003983.jpg


なんたって、石段が急なんですよ。


f0315332_17021075.jpg


石段が途切れるとお茶屋さんが現れ、そしてまた石段が始まるという。。


f0315332_17035947.jpg


やっと山門が見えてきました。

石段は全部で350段あるらしいです。

なんかもっとあったような気がするんだけど?

健脚なお年寄りも上っていたけれど、下りは大丈夫なの?と
思うような人もいたなぁ。。


f0315332_17083198.jpg


やっと、神護寺です。

境内がまた広大なお寺さんなんです。


f0315332_17103751.jpg


山寺のもみじはそりゃあもう美しいです。

f0315332_17412008.jpg


金堂へと続くこの石段は かつてJR東海のCM「そうだ京都行こう」にも使われたという
趣のある石段でした。
(かなり疲れたけどね~)

f0315332_17425534.jpg

f0315332_17241108.jpg


イロハカエデをズームアップ


f0315332_17255284.jpg


苔の石灯籠の上にモミジがはらはらと。。


f0315332_17435994.jpg


紅葉を必死の形相で撮るアタシです。オットが撮りました。

そういえば、今回ツーショット写真っていうのが、一枚もありません。

(^_^メ)


このあと、さらに山奥の高山寺へと歩きます。


♦  つづく  ♦





[PR]
by ukico32744 | 2016-11-20 21:00 | 京都 | Trackback | Comments(8)

高台寺、”明鏡止水”の美しさ

f0315332_16240319.jpg



祇園を足早に通り抜け、高台寺に向かいます。

高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために、正室ねねが建立したお寺です。

石畳の「ねねの道」を歩き高台寺へ。。

紅葉のライトアップと石庭に移すプロジェクションマッピング見学が目的なので、
薄暗くなりつつある16時過ぎに入りました。


f0315332_16361115.jpg


小堀遠州が造ったという庭園

高台寺は女性的な雅な感じが漂います。



f0315332_16403191.jpg


日没と共に始まるという プロジェクションマッピングを 石庭前で今か今かと待っています。


f0315332_16445523.jpg

f0315332_16454858.jpg


凄いアーティスティックなショーでした。

が、
撮ってはみたものの、臨場感は伝わるはずもなく。。(-_-;)

一応テーマは「輪廻」だそうです。



f0315332_16514689.jpg


開山堂の小窓から 明かりに照らされた紅葉が切り絵のように見えました。


f0315332_16545257.jpg


水鏡に映る逆さ紅葉の美しさに、どこからともなくため息が。。

プロジェクションマッピングにも勝る、自然美です。


f0315332_16585711.jpg


臥龍廊


f0315332_17013056.jpg


幻想的な竹林


f0315332_17042315.jpg


高台寺を出ると もうすっかり夜のとばりです。

八坂の塔が風情たっぷり


f0315332_17070514.jpg


帰りは石堀小路を歩いて帰りましょう。

大人の隠れ家的な、粋なお店がならんでいました。



[PR]
by ukico32744 | 2016-11-19 21:00 | 京都 | Trackback | Comments(4)

京都河原町・祇園のエトセトラ

f0315332_16282369.jpg


京都タワーが「ようおこし。」と出迎えてくれました。。


姫路から京都へ在来線(新快速)を使って一時間半かかります。

新幹線に乗ると時間は半分、だけど料金は倍で、迷うことなく在来線です。

四条河原町のホテルにチェックイン後すぐさま行動。

今日の目的は東山の高台寺です。





日曜(13日)、四条河原町の繁華街は すれ違うのも肩がぶつかるほどに混雑しています。

京都らしく奥ゆかしく、肩を引いてすれ違うなんてことはできません。

「人が沸く」とはこういうことを言うのでしょう。

鴨川にかかる四条大橋を渡り、祇園散歩経由の高台寺です。


f0315332_16481956.jpg


レトロ喫茶として名高い「ソワレ」
今日も並んでます。(ラーメン屋さんの隣ね💦)




f0315332_16532580.jpg


鴨川べりも色付き始めたみたい。


f0315332_16543538.jpg


四条大橋の交差点で、なが~い行進に出くわす。

「私学も無償に」。。

私学も公立並みに? それじゃ、私学行く意味なくね??と思ったりする。




f0315332_16571136.jpg


下はパレード行進ときたら、上は飛行機雲ときた!



f0315332_16584119.jpg


喧騒を抜けて祇園へ。。と思ったら大間違い

テーマパーク「祇園」みたいな。。(笑)


f0315332_17021115.jpg


京都、きもの女子率高いです。

思いっきり顔出ししてるけど、可愛いのでそのままアップしますね。


f0315332_17041320.jpg


前回もここの前を通りかかった。

なぜか撮らずにいられない「祇園佐川急便」 (^^;


f0315332_17052907.jpg


ポスター。

「祇園に心も配ります」だって。。





「祇園徳屋」でわらび餅!って思ったら、行列作ってるのでやーめた。

九条ネギうどんの「萬屋」は完売で 早々に店じまい。

行きたかったお店にことごとくフラれてしまい トボトボ高台寺へ。。
(途中でみたらし団子たべたけどね~




♦ つづく ♦



[PR]
by ukico32744 | 2016-11-18 21:00 | 京都 | Trackback | Comments(4)

イノダコーヒのミルフィー風クラブサンド

f0315332_14271143.jpg
 

きのうは小雨に当たりながら、京都の山里「高雄」に行ってきました。

高雄の神護寺、高山寺は後日アップするとして、今朝の京都モーニングは、イノダコーヒ本店です。

f0315332_14271528.jpg



イノダコーヒ本店は去年の初訪問でモーニングセットをいただきましたが、今回二度目はクラブハウスサンドを。


f0315332_14271821.jpg


ボリュウミィー🎵なクラブサンド。

二人で一皿で充分です。


f0315332_14272060.jpg


一段目、チキン
二段目、ベーコンとトマト
三段目、ハムとキュウリのラインナップ。

てっぺんにカリカリベーコンの「かんむり」をのせて(笑)
  
イノダコーヒ本店は7時オープンです。

観光客はリッチモーニングを。地元のおじさまおばさまは朝コーヒーを召し上がるために、朝から大盛況。

今日びっくりしたのは、修学旅行の高校生がモーニング目当てに開店と同時に詰め掛けていること。
 

「君たち10年早いでしよ!」
ってお説教したくなるほどです。(笑)

 
修学旅行の形態、ずいぶん変わったものです。


今日は天気が回復しました。

東福寺、伏見稲荷を訪ねたあとは、時間切れ、タイムオーバーで、こらから神戸空港より、ひとっ飛びで寒い北海道へと帰宅です。










[PR]
by ukico32744 | 2016-11-15 13:19 | 京都 | Trackback | Comments(4)

京都モーニングはスマート珈琲で

f0315332_13514878.jpg
  


今朝の京都モーニング、ホテルから徒歩10分の「スマート珈琲店」にしました。 

京都の老舗喫茶店で、8時から開いてます。
 
「京都モーニング」で検索すると必ずや出てくる人気店なので、開店前に並びました。


f0315332_13515079.jpg


人気のたまごサンド。


f0315332_13515353.jpg
 

人気のホットケーキも。

f0315332_13515544.jpg


そして人気のフレンチトーストも。

二つに絞ることが出来なくて、二人で三種類を平らげます。

旅の最中には、いくらでも食べられる現象が、たびたび起こります。(*_*)


f0315332_13515977.jpg


思った通りの昭和感。

開店と同時に満席となりました。


f0315332_13520100.jpg


京都コーヒーは、味が深くて酸味が強いですね。

f0315332_13520387.jpg




河原町から阪急電車に乗って出掛けます。 
(たった二駅だけどネ 笑)

初阪急電車、うれし🎵
[PR]
by ukico32744 | 2016-11-14 13:20 | 京都 | Trackback | Comments(8)

京のがま口 ~京都の旅番外編~

京都のがま口専門店のがま口小物が可愛くて、メガネ入れとスマホケースを買ってきた。

旅のお土産は「食べ物」か「実用品」がいいなと思うこの頃。
食べ物は旅の余韻に浸りながら 楽しく食べたらハイ終わり。
思い出の品はもう要らないな。。と思うようになったから。

久しぶりに旅先で買った実用品。
実はリサーチ済みで メガネケースに??(はなまる)チェック

f0315332_16493440.jpg

がま口専門店「あやの小路」で買いもの。

がま口って昔風なイメージがあるけれど 実はなかなか機能性に富んだ逸品だ。
あの閉じたときのパッチンという音の確実性の響きって 他にはない安心感があると 使ってみて改めて感じた。

f0315332_1743146.jpg

ファッション性に富んだ がま口小物がたくさんの「あやの小路」
京都の「現代の名工」に認定された職人さんの監修のもと作られている手作り品。


NHKBSプレミアム「イッピン選」(京都大好きのかわいいがま口)でも紹介されました。
[PR]
by ukico32744 | 2015-03-22 18:01 | 京都 | Trackback | Comments(0)

伝説のたまごサンド@喫茶MADRAGU

宇治からお昼過ぎに京都駅へ舞い戻り 地下鉄烏丸線に乗車し 三つめの駅烏丸御池(からすまおいけ)駅で下車。

京都での最後のランチを 喫茶MADRAGU(マドラグ)で取ろうと もくもくと10分くらい歩きます。

押小路通にあるこのお店、地図を割と読めない女に方向オンチがミックスされてるアタシ一人では たどり着けなかったのではないかと思われます。。

f0315332_16255011.jpg


あまり目印になるものもなく フラッと なんとなくここに入ってみました。。という場所ではありません。

MADRAGUに行くために。。
MADRAGUのアレを食べたいがゆえに。。

みな 確固たる目的意識を持ってきたんだと思うわけです。

幸い待つことなく すんなりお店に入れました。

f0315332_16275626.jpg
f0315332_162817100.jpg

人を入れ込まずに写真を撮ろうとすると こうなっちゃいまして お店の雰囲気伝わらないですね。。
なんていうんでしょう。。ヨーロピアンなレトロ感、みたいな感じを醸し出してます。

前からここ来たかったアタシは 表面上はフツーな感じを装いながら、すっかり舞い上がってしまって、お店の全体像より カウンターの下に置かれた「赤たまご」の箱ばかりが目に入ってきて仕方ありません。。。??




お目当てはふわっふわっの「たまごサンド」‼
f0315332_1649405.jpg

食感はオムレツと茶わん蒸しの中間ぐらい。玉子4個も使ってるという。
パンのボリューム感も負けてませんが、柔らかたまごが滑り落ちるキケンがあるので、たまごサンドに集中して食べなければいけません!

このたまごサンド、京都の今は無き老舗洋食店の有名メニューだったのですが、直伝でここのマスターが味を引き継いだという 京都のたまごサンド好きな人には たまらん!な伝説の「たまごサンド」らしいんです。


たまごサンドで ちょっとした有名店になったMADRAGUですが うかれた感じもなく アンニュイな空気感を漂わせた 落ち着いた雰囲気の好いお店でした。


f0315332_22534067.jpg

                ショップカードもステキ♪ 


++++++++++++


3月1日~3日までの二泊三日の短い旅を 思い起こしながら つらつらと書き綴っていたら もう3月も半ば過ぎとなりました。

長々とお付き合いありがとうございました。



3月に入ったら春めくかな。。と思い、

4月は雪がすっかり融けて本格的に春が来る。。と、春に近づくだけで こんなにもトキメクもんなんですね。

畑やお庭の土を掘り起こすように、アタシの何てことない日常を「エンヤッ!」と掘り起し またタラタラとブログに上げていきたいと思います。。



もしや感想などありましたら コメント欄に書き込んでくさだいませ。。


[PR]
by ukico32744 | 2015-03-19 09:30 | 京都 | Trackback | Comments(0)

宇治 平等院とお茶

3月3日 京都最終日です。

この日は京都の洛南 宇治に行こうと ホテルを早々にチェックアウトし、JR奈良線に乗りました。

宇治 とうちゃこ!

f0315332_1448119.jpg

JR宇治駅前の茶壺のカタチの??ポスト。
さすがお茶処。

宇治へ来た目的は 去年3月に平成の大改修を終えた「平等院」を見るためです。

f0315332_14543836.jpg

お馴染み平等院鳳凰堂。
ほら、10円玉の裏のアレですよ。

一応水鏡を意識して撮ってみたんですが、生憎の曇天で水の色が濁ったように見えて美しくないですね。
って、天気のせいにしてみました(笑)

上下2分割のシンメトリー構図っていうのもイマイチですかね。。

平成の大改修で色鮮やかになった鳳凰堂は 以前と色合いが随分違うようです。
色はシックな赤で「丹土」(につち)色といい 1000年前の創建時を忠実に復元したとのこと。
色的には今回の改修で塗られた色が正解!らしいけど、賛否両論があるみたいです。
でも、あと何十年かすると いぃ~感じになるでしょーに。。

f0315332_15173097.jpg

ちっちゃ! これが精一杯のズームイン
屋根の鳳凰は 一万円札の裏をみていただいたほうが、良く判るかと。。??



f0315332_1523744.jpg

宇治橋のたもとに紫式部像。
「宇治市源氏物語ミュージアム」で源氏物語の世界感を体験できるそうですが、あまり興味ないのでスルーしまして・・・


興味があるのはこっちのほうよ♪と 世界遺産の日本最古の神社建築「宇治上神社」。
f0315332_15335364.jpg

f0315332_16182715.jpg

参拝のあと かわいい「見返りウサギ」のおみくじを引いてみた。
おみくじ引くなんて ここ10年くらいないことです。

f0315332_15401828.jpg

いいことだらけの大吉だ~い♪
f0315332_15415775.jpg

しっかり結んで成就しますように。。


見返りウサギ。
おしりのテープを剥がすとおみくじが出てきます。


家に帰ってから気付いたのですが、宇治上神社を訪ねたつもりが どうやら宇治神社だったみたいです??
なので、上の鳥居の画像も宇治神社でした。あしからず。。

宇治神社も歴史が古く本殿は重要文化財です。
どこに行き当たっても歴史の宝庫のこの辺り。
古社の趣は宇治神社も宇治上神社も変わらぬものよね、ということにしておきます??




全国でも有数のお茶処だけあって、宇治駅から平等院まで ずらずらずらと宇治茶の店が並びます。
なかでも 創業250年の中村藤吉本店は宇治茶を使ったスイーツで 女子には人気が高くて アタシも楽しみにしてたんだけど。。。

札幌の百貨店に中村藤吉のお店が入り そこでスイーツも簡単に味わえるようになってしまいました。。
嬉しい!というより なにやら興ざめの感あり。。です。

宇治の趣というか、風情も相まって そこにしかない味わいのあるものが生まれていると思うのだけど。。

中村藤吉本店は開店時間がやや遅めで まだ開いてなかったということもあり、同じく老舗の上林(かんばやし)でお茶を買ってきたのでした。。
[PR]
by ukico32744 | 2015-03-17 16:50 | 京都 | Trackback