<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ハートブレイク

アタシの骨折事件、早いもので5週間が経過したのである。
今日はもう何回目の診察日だったか。。

相変わらずの握力はおハズカシイ限り。。
(右は6.5左は20だったよ)
「今日からリハビリするかぁ~」
と、ドクター。。

うっ! その言葉、先週聞きたかったわぁ。。(*_*;
先週から始めていたら もしかしたら職場復帰への兆しが見られたかもしれないし。。

ジェット水流が噴き出す温湯に浸かること15分
その後 リハビリのドクターが指、手首、肘までくまなく触診。
リハビリの先生に言わせると 骨そのものより筋肉が萎縮して
曲げたりひねったりすると 痛みや痺れの症状が出るとのこと。

お箸使いや字を書くのが精いっぱいの握力ですよっ、
無理すると 他のところ炎症起こします。
仕事?
どーいう仕事?
日常生活はそれなりに出来ても そーいう仕事が出来るようになるまでには
一か月くらいかかるかもしれませんネ
。」

美形のリハビリドクターからの宣告 ドキュンと受け止めました。。
職場復帰絶望的かも。。(>_<)

そんなハートブレイクなアタシ
明日から傷心旅行に出ることにしました。
一泊だけどね~💦



f0315332_20571688.jpg

今日で積雪ゼロになった札幌
(気象台発表より)

日差しも春めいて これからボーダーが活躍する季節


[PR]
by ukico32744 | 2016-03-28 21:08 | 半径日常 | Trackback | Comments(6)

にぎにぎ

f0315332_16533759.jpg

先日の診察日のこと。

指は曲がるけれど、ジャンケンのグー✊すると痛いとか、
手首も少し曲げただけで痛いとか、
ずっと手を下にしてると、ジ~ンと痺れるとか、
相変わらず右手はマグカップくらいしか持てないとか、
治りがはかばかしくないことをブツブツと訴えるアタシ。
そのアタシと対峙するドクターは 連休明けメチャ混みで いささかお疲れである。。

おもむろに「握力測ってみようっか」とドクター。
で、
右手の握力「」っていう数字が出たんですけど~~💦
マジか!?
ちなみに左手の握力は「15」
左手はいたって健康だけど この数字だって褒められたもんじゃあないし。。

ただ今握力強化のため、グリップボールをにぎにぎして鍛えてます。
このボールはにぎにぎしてると ぷよぷよしてて 癖になる感触でもあり。。
しばらく にぎにぎぷよぷよで ゆるく鍛えます~(*_*;


[PR]
by ukico32744 | 2016-03-24 21:02 | 半径日常 | Trackback | Comments(8)

ある日の読書『小泉今日子☆書評集』

f0315332_17064778.jpg

小泉今日子(呼び捨てゴメン)は年下であるけれど
芸歴が長いせいか 人格なのか
なぜか「ねーさん」といいたくなるような 風格をお持ちである。
その「キョンねーさん」が読売新聞の読書委員として書評を書いて10年。
まとめたものの書評集が出版された。
図書館にリクエストして 楽しみにして待っていたのだ。

読売新聞を読んでいたならば きっと日曜日の書評欄がどんなに待ち遠しいことだろう。
こうして一冊の本になったおかげで その楽しみを「まとめてどうぞ。。」と
差し出された気分だ。

わりとカラリとした文章をお書きになるキョンねーさん。
その中に 時々熱を帯びた感情を散りばめて、
無理のない自分コトバで
一期一会の一冊の書評を 丁寧に書き上げている感じに
芸能人ではない 生身のキョンねーさんを感じたのだった。

















[PR]
by ukico32744 | 2016-03-21 16:53 | ある日の読書 | Trackback | Comments(4)

なんにもないウチにあるもの

f0315332_16115248.jpg

ドラマ『わたしのウチにはなんにもない』の最終回は
「こころの整理はゆっくりと」の巻
おばあちゃんが突然亡くなって 遺品整理をするという回だった。

捨て変態まいちゃんのお家には 必要最小限、いやそれ以下かも、
というくらい ものがないけれど
おばあちゃんの部屋は おばあちゃんの愛着のある品々でいっぱいだ。
亡くなった人のものを整理するのはポイポイといかないことを
まいちゃんは実感する。


うちの父 亡くなって一か月が過ぎ 四十九日が近づいてきました。
もう父のものは まったくと言っていいほど残ってません。
父が大事にしていたものは 長年住んでいた だだ広い家にあった大工道具やらガラクタたち。
そんなものはサ高住に移る際には 有無を言わさず 即処分でした。
この時点で 父の遺品整理は終わってしまっていたのかもしれないです。

メガネ・補聴器・愛着のある帽子は 
あの世でも無きゃ不便よね、と棺に入れたし。。
何も残ってなくてもいいと思うアタシは薄情なのかも。。とも思いました。
その分 アタシは写真に向かって手を合わせます。
「いいよね~?」と。。
それこそ もういない人なので 有無も言えないのだけど。。(笑)

f0315332_17410236.jpg

 まいちゃん役の夏帆
かわいいな~♪  










[PR]
by ukico32744 | 2016-03-18 22:10 | 半径日常 | Trackback | Comments(4)

右手がフリーダム

f0315332_17164107.jpg

最近のうちの”困ったちゃん”はプラズマクラスターです。
泣く
(こっちの鳴く?)
唸る
ウゥゥ~ウィ~ウ~~と。。
日がな一日在宅中のアタシであれば それはもう気に障るというものでしょう。

今日はもう絶好調で唸るので 加湿スイッチ切りました。
いろんなスイッチを触って調査したところ、どうやら加湿フィルターに問題があると断定したんです。
フィルターの手入れ?
あぁ~できないできない、、、(>_<)
手が、、ほれ、アレでしょ?
このミッションはオットに任命したいと思います。
(ヤッター‼)



ギブスが外れ 包帯のみになり 少しラクになりました。
字が書けるようになり
マウスも右手で操作できます。
手にチカラを入れられず 雑巾絞りはまだ無理。
うすい雑誌・文庫を持つのがやっとで 単行本の重さだと痛みが走ります。
包丁は恐る恐る 柔らかいモノを切ってみたり
ハサミは割と使えたり。。
でも箸は使えない。。
そんな感じで 良くなってきていますヨ

f0315332_17532180.jpg

右手が妙に冷たくて 擦ってばかり。。(^^;


[PR]
by ukico32744 | 2016-03-16 21:56 | 半径日常 | Trackback | Comments(6)

ある日の映画『あん』

f0315332_17283934.jpg

念願かなって 映画「あん」を観ることができたー‼
しかも 作者ドリアン助川さんの講演付き。
待った甲斐があったというものだ。

意外にも日・仏・独の合同作という映画『あん』
こころの琴線に触れるものは 万国共通で 映画に国境はないんだわーと思う。。

ドリアン助川氏は 世間の片隅に追いやられているハンセン病の元患者の方々が
座布団一枚分ほどの居場所でも 楽になれるような小説を書こうと
星がきらめく夜空に誓い 10年越し、10回ほどの書き直しで完成させたという。

映画作りに於いても 河瀨直美監督と主演の樹木希林さんに直談判し、
完成映画はといえば 世界中からのスタンディングオベーション!
映画『あん』を引っ提げて 世界を股にかけて行脚中のドリアン氏、
新刊本の宣伝も もちろん忘れない(笑)


f0315332_19050642.jpg

新刊本『あなたという国 ニューヨーク・サン・ソウル』
アタシは素早く図書館で借りて読破済み。

日本人男性と韓国女性の 繊細なラブストーリー仕立てなこの小説、
ドリアン氏はヘイトスピーチに カウンターパンチをくらわせようと書いた一冊と語っていた。
優しい文章の中に そういうものが含まれてたのか~。。
「あん」と同様 ストーリーに込める意味は深い。。






[PR]
by ukico32744 | 2016-03-14 21:21 | ある日の映画 | Trackback | Comments(6)

ある日の映画『キャロル』

f0315332_17034059.jpg

きのう 映画『キャロル』を見終わり 外へ出ると大粒の綿雪が紙吹雪のように舞っていた。
今、自分が立ってるところは 3月サッポロの暮れてゆく街中だ。
映画の中の一場面と重なるようなシチュエーションに 小さく感嘆符。
「おぉ....!」
『キャロル』は1950年代のニューヨーク。もうすぐクリスマスの街角から物語は始まる。

f0315332_17254445.jpg

美しい二人(ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ)の「視線演技」がスゴイ!
この魅惑の世界感にどっぷり浸ってしまうと 酔っぱらうほど(笑)
ぼお~っ...となったアタマで 外に出ると街はあんな☝感じで
『キャロル』ワールドから抜け出せずに 季節外れのXmasを見たような気になったのだ(*_*;













[PR]
by ukico32744 | 2016-03-11 21:30 | ある日の映画 | Trackback | Comments(4)

シアワセになる拭き掃除

f0315332_13251555.jpg

拭き掃除のチカラって凄いみたい。

「拭き掃除は幸運を招く」と聞いて 
セッセと床を拭くようにしたのは 右手骨折の少し前。
幸運のサインが見える前に 不幸のランプが点灯・・・
そんな感じではあるけれど 
それは まだまだ「拭き掃除力」が足りてないということでしょう。。

オットに掃除機をかけてもらっても
左手で チャチャッと「かんたんマイペット」で拭いてみても
キュッと絞った一枚の雑巾には及ばない。
でも、
「ギュッ」とする作業が出来なくて「むにゅ」となってしまう雑巾に 幸福を呼び込むチカラなし💦

「拭く」ということは「清める」ということと繋がっているらしい。
部屋を清めることは 自分をも清めて
その先に「幸福」が待っているのだそう。。

ギブス外れたら 右手の握力気にしながら とりあえず雑巾ギュッと絞ってみよう♪
きっと、なんかシアワセ~と思うはず(^^;



[PR]
by ukico32744 | 2016-03-09 17:39 | その他いろいろ | Trackback | Comments(6)

ある日の映画「オデッセイ」

f0315332_17405788.jpg

久しぶりの映画は「オデッセイ」
火星に一人取り残される 宇宙飛行士のサバイバル物語
ギリギリの手に汗握る救出作戦が この映画の見どころなのかしら、と思いきや
生き抜くために知恵と知識をフルに使って 
超が付くほどポジティブなサバイバルライフから目が離せない。 
空気も水もないとこで ジャガイモ植えて育てようとするような
奇想天外だけど 案外理にかなってるとことか。。
もう、このままジャガイモ作りながら 4年後に迎えにくるまで生き抜いちゃって!
なんて、おもしろサバイバルの続きを観ていたかったりして。。(笑)
ちなみに主人公の彼(マット・デイモン)は植物学者の設定でして。。
マット・デイモンもゴツゴツのポテト顔で可愛らしいよね♪




[PR]
by ukico32744 | 2016-03-06 21:30 | ある日の映画 | Trackback | Comments(4)

アタシの「朝がきた」

f0315332_11383899.jpg

朝6時半 白い平野から朝日が昇る。
お日様がみるみるうちに辺りを赤く染めて、やがて溶けていった。
さぁ~て、今日一日をどう過ごそうか。。。な。
アタシの頭もぼんやり動き出す

左手だけでテキトーに洗う髪の毛は ボサボサでゴワゴワだ。
白髪もほおっておくので 怪我と相まって やつれた感じが否めない。
今日は美容室でサッパリしてこようかな、とか

図書館で借りてる本も読み終えて 次に読む本を借りてこよう、とか

父にお線香もあげに行きたいし。。

出来ること、やりたいことは片手で数えると丁度いい具合で
スローな一日の始まり始まり。。


f0315332_23163627.jpg

北海道新幹線は開業まであと3週間ほど
旅への憧れは 無理な時ほど強いかも(^^;














[PR]
by ukico32744 | 2016-03-04 23:24 | 半径日常 | Trackback | Comments(4)