<   2016年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ある日の読書『人魚の眠る家』

f0315332_17415325.jpg


『人魚の眠る家』  東野圭吾


12月半ばからパートの仕事を始め、暫くはゆっくり読書タイムを取るのはキビシーなという状況になると、
図書館から「予約本取り置きしてます」のメールが来たりする。

ゆっくりお正月休みにでも読みましょと思ってたこの本、
お正月前に読破しちゃった~(^^;



半月前に始めた仕事では体力はそれほど使わないので、仕事の疲れは「気疲れ」がほとんど。

体のいろんなとこが気疲れでカチカチ。
夜も遅くまで起きていられずベッドに潜り込む毎日だけど、
だからといって、ストン!と眠りに落ちる日は意外に少なく、
緊張の糸が緩まず、なかなか健やかな眠りにつけない日も多い。

眠れない眠れないとヒツジ数えるより、本が自然な睡眠を促してくれるでしょ。

と、本頼みとする。

でも読みたかった本だけに、目は冴えて逆にランランとなったりして。。(*_*;

思いがけず、さーーっと読み終えてしまったんです。




子供が事故で脳死状態となり、臓器移植提供の判定を受ける直前で両親は判定を受けることを拒否する。

そういうことはけっこうあることだろうと思う。

親としては「脳死」を受け入れがたいことは理解できるし、
ある日突然意識が戻るという奇跡に一縷の望みを賭けたいものだ。

その思いが常軌を外れる行動となり。。


冬の深夜、布団の中で読むミステリーが止まらないのですぅ。




アタシの母はやっと明日退院することとなりました(*^。^*)

目まい、吐き気、お腹の膨満感。頭痛や脱水症状。。

主な症状ですが、ハッキリとした病名はなく「老人性うつ」による症状の現れではないかということです。

割と明るい人で、サ高住でも友達関係良好です。

だけど、神経が細いことは確かで、一つ不調が起こると連鎖的にいろんなところがおかしくなるのです。

今年父が亡くなったことも やはり引き摺っているのでしょう。


f0315332_18410993.jpg





今年最後のblog更新になりそうです。

喪中ですので、新年のご挨拶は控えさせていただきます。

「一年」というハードル、サラッと飛び越えて新年を迎えたいです♪


来年が良い年でありますように。。






[PR]
by ukico32744 | 2016-12-30 18:52 | ある日の読書 | Comments(0)

2回目のいただきました!

f0315332_18063901.jpg

年末の貴重な仕事休みの今日、いろいろやることはあるのですが、
免許の更新!これ、大事ですよね。

今日、やっと行ってきました。

もっと早くに行っておけば良かった、、、と嘆いてもあとの祭り。

優先順位を付けて用事をこなしていくと、こんなギリギリになってしまいました。

二か月の猶予期間って、意外と短いですね。。(=_=)




雪の影響で交通機関が乱れる中、バスはいつ来るものか、まったく当てにならないようなので、
JRとタクシーで。。

時間も喰うし、お金も喰う。。

「後悔」という苦い味を喰う。。(笑)





実は初めての運転免許の更新です。

なので、遠くの運転免許試験場まで行かなければいけません。

2年半前に、ここで学科試験を受けたときのことが 少し前のことのように思い出され、

アタシも一人前になったものよね~と、しみじみ。。

一人前って言ってますが、今年の冬の運転はダメです。無理です。諦めました。

今年道路状況悪すぎます。



1つやらなければならないことを終え、ホッとしました。

仕事は明日が最後

母はまだ本調子でなく入院中

喪中ですが、それなりの年越しの準備があり。。
(娘も帰ってくるよ~)

気忙しい、気忙しいもあと4日ですヨ (^^;
















[PR]
by ukico32744 | 2016-12-28 18:52 | 半径日常 | Comments(0)

ベニシアさんがある暮らし

f0315332_17260010.jpg

クリスマスが終わって、小さなクリスマスグッズたちを仕舞いました。

クリスマスが終わったーと思ったら、年の暮れが迫っています。

今年もあと数日残されていますが、今年のカレンダーをはずして来年用に付け替えました。

カレンダーは数年前から、お気に入りのものを一点買いです。

ベニシア・スタンリー・スミスさんの
「バラとハーブのある暮らし」

数ある花のカレンダーの中でも、ベニシアさんのが好きです。

わが家の殺風景な家の中を、唯一ベニシアさんのカレンダーが季節感を醸し出してくれています。

毎年のことだけど、12枚の写真どれも「いいなぁ。。」と思うのです。


f0315332_17410343.jpg


カレンダーはこれ一つ。

スケジュールを書きこむものは もう要らなくなりました。

スケジュール、ないし。。(笑)


f0315332_17432716.jpg


今月はこの写真でした。

ベニシアさんちのクリスマステーブルコーディネート。

わが家ではあり得ないムードだけに楽しめました (^^;





クリスマスイブの日に、母が突然体調を崩し、入院してしまいました。
クリスマスイブ、母のリクエストの「たらちり」を仕込んでいたのに。。(=_=)
前の日まで元気だったのに、突然病気になるのは、うちの母にはわりとあることです。

始めたばかりの仕事。
母のこと。
年の瀬の慌ただしくもやらなければならないこと。

カラダがいくつあっても足りない、というほどではないですが、
カラダふたつあったらなぁ。。と思うきのう今日です。





しばらくコメント欄を閉じさせてもらいます。

ブログで繋がっている皆様のところへは 豆にお邪魔させていただきますのでヨロシク♪















[PR]
by ukico32744 | 2016-12-26 18:06 | 半径日常 | Comments(0)

ホワイトクリスマスが止まらない

f0315332_18191636.jpg

12月22日 大通り公園1丁目



Mary Xmas!



札幌は真っ白です。

ホワイトクリスマスが尋常じゃないです。

街が白く覆われて。というより

街が雪に埋もれてしまったかのようです。

この時期のこの大雪は50年ぶりらしいです。



今日の我が家の夕食は「たらちり鍋」です。

Xmasメニューとはほど遠いけど、とにかく「ほっこり」温まりたいですね。

おっとぉ~!こんな時間。

それっ! 支度にとりかかります (^^;




[PR]
by ukico32744 | 2016-12-24 18:44 | 半径日常 | Comments(0)

ある日の映画『この世界の片隅に』

f0315332_21012622.jpg


今日のお昼までの仕事が終わり、さっさと家に帰り、気疲れしたカラダを少し休ませたいと思う反面、
スカッと気分転換したい気持ちもあったりして、迷いながら帰りの電車に乗り込みました。

公開されたら絶対観に行こうと思ってた映画「この世界の片隅に」が
そろそろ終わってしまうのではないかと気がかりなのです。

今日はオットが忘年会。
母はサ高住のクリスマスパーティー。

今日午後のアタシはフリーダム (*^^)v

そして、レディースデー(ここ大事 笑)

新しい仕事のノートのまとめも大事だけど、
この、ラッキーデーを有効に使わんでどうする!?

ここは「息抜き」優先で行きましょう。
そうしましょう♪




昭和19年、主人公すずは、18才の時に突然縁談が持ち上がり、
広島から呉にお嫁にいきます。
お相手は小さい時に一度会ったことがある男の子。
すずさんは「のほほん」としてるので、すっかりそのことを忘れているけれど、
男性は「のほほん」として「ぼんやり」してる、優しい女の子を忘れずにいたのでした。

昭和19年、戦争は次第に厳しくなり、軍港がある呉は何度も激しい空襲にあい、
すずさんは右手首から先を失います。
そして、実家のある広島は原爆を落とされ。。。

のほほんとして、ぼんやりしてて、絵が描くことが大好きなすずさんは
戦争に巻き込まれながらも、自分らしさを失わず、
でも、すずさんなりに戦争に立ち向かっていくのです。





主人公すずさんの声を、能年玲奈あらため「のん」が演じています。

「のん」の声がすずさんに命を吹き込み、漫画の優しいタッチと相まって、
温かな世界を作り出してます。

「のん」、いろいろあったけど、やっぱり存在感が並大抵じゃないと思う。

いろいろしなくていいから、「のん」にしか出来ないことをやってほしいです。

彼女のナイーブさ、大切にしてやってください。

芸能界のオバケに潰されそうな気がして、オバサン心配です💦





こうの史代さんの漫画が原作となってます。

以前やはりこうのさん原作の「夕凪の街 桜の国」を観て、とても良かったので、
「この世界の片隅に」も期待してました。

「この世界の片隅に」は今年アタシのNO、1映画に決定です。


f0315332_21581229.jpg



「夕凪の街 桜の国」は数年前に観たような気がしたけど、もう10年くらい前の映画でした。












[PR]
by ukico32744 | 2016-12-22 22:09 | ある日の映画 | Comments(0)

年の瀬の仕事はじめ

f0315332_20502165.jpg

わが町の駅アトリウムにも、毎年恒例の大きなもみ木ツリーが現れました。



この駅を乗り降りし、また通勤が始まりました。

週4日の半日勤務ですけれど。。



年の暮れの慌ただしいこの時期に 急に決まったお仕事です。

9日に面接。12日に採用の連絡を受け、翌日から出勤です。

小さな歯科クリニックの受付、助手、雑用の 何でも屋さんです。



三年前まで内科で事務してましたが、医科と歯科は似て非なるものです。

アタシ、勤まるかしら。。

新人なら必ずやそう思う時期に早々に突入してますが、

めげてる暇あったらアタシ頑張れ!です。



f0315332_21102192.jpg


「デンタルスタッフ ポケットマニュアル」

楽天でポチッ。やっと届きました (^^;

3400円也は、高い思うわけ。

でも、背に腹は代えられぬ。 先行投資というやつです。


f0315332_21120640.jpg


こんな感じで、アルファベットの羅列。

基本的なことなんで、はやく覚えないと! (*_*;












[PR]
by ukico32744 | 2016-12-20 21:24 | 半径日常 | Comments(8)

ある日の読書『坊ちゃんのそれから』

f0315332_18164642.jpg


『坊ちゃんのそれから』 吉川泰久 著


「坊ちゃん」は言わずもがなの夏目漱石の小説です。

『坊ちゃんのそれから』は松山での教師職を辞め、東京に帰ってきた坊ちゃんと山嵐の
それからを書いた小説です。

激動の明治時代の、実際に起こった出来事と実在した人物を坊ちゃんと山嵐に絡め合わせて、
二人は明治の波に呑まれるように駆け抜けるという、エンターテイメント的な小説仕立てになってます。





2016年は夏目漱石、没後100年。
また来年2017年は生誕150年にあたるという。。

なので、今年漱石関連のドラマ、ドキュメンタリーが多いです。

アタシ的にはNHK「漱石の妻」が、とても面白かったです。

今年6月に四国松山に旅行したことも、アタシの中で「坊ちゃん」ブームが到来し、
必然的に漱石先生も興味の対象になりました。

できれば、12月9日の漱石さんの命日に合わせて 読書感想載せたかったところですが、
この年の瀬になってから、アタシ、にわかにバタバタしはじめました。


PAPP…。じゃないし、、💦  TPP…。でもないし、、(=_=)

FBI…?KGB…?。。えーっ!!??


そんな感じで、アルファベットぶつぶつ言いいながら、必死に覚えなきゃいけないことが起こました。

なので、読みたい本も、いまはこっちに置いといて。。。という状況です。

また、その件については、ご報告したいと思います。






[PR]
by ukico32744 | 2016-12-19 19:18 | ある日の読書 | Comments(4)

ようこそポーランド

f0315332_17093779.jpg

今日も今日とてテレビ塔界隈に出没しています。

母はペインクリニックで「痛み」の治療中。

アタシは大通りのクリスマス市で、先日偵察しておいたポーランド食器のお店へGo!



f0315332_17235445.jpg


いやっ、マジかわいい。。


f0315332_17254113.jpg


カワイイだらけだけど、一番の「カワイイ」はお店のお姉さん。
ポーランドの方かはわかりませんが、欧米なことは確かでしょ。
透きとおる肌。サファイヤ色の瞳。ブロンドヘアー。
でも、生まれも育ちも日本ですけど、何か?
ってな感じのペラペラの日本語がルックスと非常にアンバランスである。
素性を訊ねたいところを、ガマンガマン (^^;



f0315332_17280023.jpg


めでたく我が家にポーリッシュポタリーが1つ増えました。
(スティックシュガー入れかーい 💦)






f0315332_17411683.jpg


Xmasのツリーやリース、そういうものは我が家にはもうありません。

↑のサンタさんグッズは 去年娘が北欧とドイツ旅行をした時の
本場ドイツのクリスマス市のお土産です。

”片隅のクリスマス”

このくらいが丁度いいと思うアタシです。






[PR]
by ukico32744 | 2016-12-14 17:57 | 半径日常 | Comments(12)

BIRTHDAY”1212”

f0315332_17323291.jpg


大雪の最上級形を「ドカ雪」と云います。

12月半ばのドカ雪は雪に慣れてる道民もビックリです。
(ママさんダンプ、この時期にすでに売れきれ続出らしいよ~)


さて、そんな中、きのう誕生日を迎えました。
何才になったか?
そんな野暮なことは聞かないでくださいね。
それ相当のイケてる年齢になったことは間違いありません。


オットからは焼肉を奢ってもらいウレシー⤴⤴
母はついにアタシから言い出すまで気が付かなかったという「おいおい大丈夫ですかぁ⤵」なこともあったりしたのだけれど、
ほぼ幸せなうちに誕生日は過ぎました。


身内(こどもたちネ)、数人のお友達から 誕生日のメッセージをいただきました。

そのメッセージの中の1つに、
「女子力はこれからだぞっ!」っていうのがあって、なんか見透かされてるようで「ドキッ」です。

確かに最近のアタシ、「掃除力」はアップしてると思うのですが、
「女子力」に立ち向かう気力が低下してるのは否めません。

その「女子力」ですが、そういえば、あの時は「女子力」を発揮したかも!?と思い当たることがありました。





先日鎌倉へ行った際のこと、小町通りの人気アクセサリー店「gram」に並びました。
 周りは若い女の子やカップルばかりです。
「gram」の売りは、オーダーリングがプチプラ価格で作ってもらえるということ。
職人さんがトンチンカンチンとその場で作ってくれるので
開店前から列が出来るようです。
HPがないのにも拘わらず、クチコミで有名になったというお店。
アタシよりも女子力がかなり高いお友達の付き合いという体(てい)で一時間ほど
一緒に並びました。
「そんなに並んだならばアタシも作らなきゃ~」と、「gram」で女子力にハッと目覚めたのです。





中指に収まったリング

それを目敏く見つけてくれて「イイネ♪」と言ってくれたお友達がいましてね、
「あぁ、嬉しいな~」と感じたのです。

それって、ちょっと女子力アップするような「お話」でないかな。。と思い返しています。



f0315332_18555405.jpg


何の変哲もないリングですが。。。





















[PR]
by ukico32744 | 2016-12-13 19:34 | 半径日常 | Comments(12)

ある日の映画『聖の青春』

f0315332_15423496.jpg



きのう久しぶりに映画を観に行きましたが、あいにく札幌地方大雪に見舞われ
交通網が乱れに乱れました。

余裕をもって電車に乗ったものの、快速でありながらノロノロ運転。
あげくにトラックが踏切で立ち往生したとかで、しばらくの停車。

”余裕のよっちゃん”をはるかに上回る遅延で、劇場に到着したのは映画が始まって10分は過ぎていたと思います。

観たかった映画なので、10分とはいえ見逃したくなかったヨー。





「聖(さとし)の青春」は2000年に小説が出た当時、
すごく感動して読んだ記憶があるんです。

あまり泣かないアタシが泣かされました。

小さい頃から難病を抱え、病と闘いながら将棋に全てを賭け、
29才で他界したプロ棋士村山聖のノンフィクションものです。

将棋に没頭した短い生涯。
壮絶な闘病と将棋に賭けた一徹さ。
こころざし道半ばではあったかもしれないけれど、
彼の将棋に対する「熱病」を周りも支えざるをえないという、
彼だけの「幸せの在り方」に泣かされました。





映画は村山さんと、憧れでもありライバルでもある羽生善治さんとを
前面に引き出して作られています。

村山聖役に松山ケンイチ
羽生さん役は東出昌大

松山さんは20キロ増量して、村山さんに成りきったというのは知るところ。
難しい役どころの羽生さん役の東出さんもとても良かった。。

お二人ともこの映画に関わる前から「将棋好き」だという。

将棋の妖精?が舞い降りて来て、二人に降臨したような
ドラマチックな映画でした。





[PR]
by ukico32744 | 2016-12-11 17:01 | ある日の映画 | Comments(6)