<   2017年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

稲村ガ崎での出会い

f0315332_17562169.jpg

27日、稲村ガ崎に、久しぶりに降り立った。

風はいい風。サーフィン日和かと思いきや、波乗りさんにとってはあまりいい波ではないらしい。。


f0315332_17313611.jpg

江ノ電稲村ガ崎駅から海の方に下ると、ハッキリしたイエローが目に飛び込んでくる。

イタリアンレストラン「TAVERNA RONDINO」(タベルナロンディーノ)

27日、ここでちょっとした食事会をした。

鎌倉在住のブロガーさんwithファン4名。

blogの中を飛び出して、リアルなお付き合いもまた嬉しいことです♪


今回の鎌倉行の大きな目的は、この会を催すことなのでした。


f0315332_18293758.jpg


「ロンディーノ」といえば、イカ墨のパスタが有名。

このパスタが食べてみたいがゆえに、ロンディーノに決めさせていただいた。

なので、ランチコースの選べるパスタはもちろん、イカ墨をチョイス。
イカ墨チョイスということは、その後のお歯黒悲劇も承知のことよ💦 

写真↑、イカ墨withラブな割には、イタリアビールMESSINAに焦点合ってるのは、どーゆぅーこと?(^^;


f0315332_18535278.jpg


ロンディーノといえば、この窓。

 ロマンティックな窓枠に切り取られたロケーションも「ご馳走」になり。。


f0315332_16453486.jpg


壁の白、コック服の白に、ポップな絵皿が映え。。



f0315332_18440184.jpg

楽しいお話はエンドレスです。






話しも尽きぬまま、皆で行った「やまあじさいの隠れ里」

繊細・多彩・楚々。。
そんな感じがする山アジサイたち。。
f0315332_17002489.jpg


稲村ガ崎在住の一般のかたが、小高い自宅のお庭で、山アジサイを育てていらしゃるのです。

木を潜り抜け、さまよい歩くような広いお庭は、
まるで冒険してるかのように、気持ちがワクワクします。


路地の西洋アジサイが、まだまだこれからな感じの中、多種多様な山アジサイの冒険散策が出来たのも、
案内してくださった鎌倉ブロガーさんのおかげです。









[PR]
by ukico32744 | 2017-05-31 17:37 | 鎌倉 | Comments(18)

ワタシ視点の鎌倉

f0315332_17202755.jpg


きのうの昼下がり、鎌倉「コクリコ」にて。

あと30分もすれば、バイバイ鎌倉の時間。
目に入るお姉さんはとてもアンニュイなご様子で、
ワタシも実は内心そんな感じよーと、シンパシー感じて撮った一枚。
ここの生レモンを絞ったレモンシュガー味のクレープが好き。



今回も歩きに歩いた鎌倉の街。
路地で、街中で、思いつくままに撮ったスナップを載せてみます。


f0315332_17364284.jpg


テッちゃんじゃないけど、やっぱり江ノ電、魅力です。
線路際ギリギリの激写。運転手さんと目が合うくらい♡
(↓↓のお店の前です)

f0315332_17383222.jpg


この朽ち果てそうな民家の中はアンティークショップ。
「R-OLD FURNITURE」

ここの前がすぐ江ノ電線路。
線路をまたいでお店にはいる、という「線路またぎのお店」は、鎌倉にはけっこうあるのです。

ここは鎌倉在住ブロガーさんに案内していただいた。

f0315332_17482979.jpg


江ノ電もう一枚。

左側のお店は、テレビなどでけっこう紹介されてる稲村ガ崎の「ヨリドコロ」
カウンター席から江ノ電を眺めながらお食事できるという定食屋&カフェ



f0315332_17524728.jpg


旬の鎌倉野菜が揃う鎌倉市農協連卸売所(通称レンバイ)
地元の人のみならず、今やブランドとなった「鎌倉野菜」を求めて、レストランシェフなどもここに通うという。

f0315332_17574671.jpg


レンバイの並びにある、Tシャツ屋さん。
ワタシ、街で、一番手前のワンコのTシャツを着た男性が、大きい犬を散歩させていたのを見たヨ。


f0315332_18031996.jpg


イヌが出てきたら、やっぱりネコもね。

ネコがトレードマークのKIBIYAベーカリー。

f0315332_18053388.jpg


鎌倉駅東口と西口を結ぶ地下道。
(里親さんが決まった猫。らしいネ)

f0315332_18091009.jpg


御成通りのY字路。
鎌倉はY字路がけっこうあります。
ブラタモリで取り上げていただきたいナー。

f0315332_18181163.jpg


どこか懐かしい感じがする本屋さんも「OZ 鎌倉に行こう」を猛アピール。


f0315332_18201338.jpg


「カール」が東日本で、発売中止っていうのを、
この日初めて聞いたのよ。

さらば、カールくん。
江ノ電からも撤退しちゃうの~?

f0315332_18243790.jpg


スターバックス鎌倉御成店は、スタバコンセプトストアのひとつ。
窓に映るは、国際色豊かな人々。
サリーを身に付けた人も。


f0315332_18323533.jpg


お日柄も良く、鶴岡八幡宮では結婚式が。
新郎新婦を取り巻き、にわかカメラマンたちが大張りきり。


f0315332_18344855.jpg


人力車も一緒に信号待ち。

f0315332_18361299.jpg


幅1メートルほどの踏切は、おもちゃのようだけど本物です。


f0315332_18381379.jpg


マンホール

市の花はリンドウ。「あじさい」ではありません。





なんの脈絡もなく、ワタシ視点で街を切り取ってみました。

今日は「号外鎌倉」といったところでしょうか。

まだまだ「鎌倉」続きます(^-^)







[PR]
by ukico32744 | 2017-05-29 19:23 | 鎌倉 | Comments(16)

読む観る聴くの『ツバキ文具店』

f0315332_17453991.jpg


「ツバキ文具店」とても好きな小説です。

ストーリーもさることながら、鎌倉の匂い立つような空気感が、物語から立ち上がります。
鎌倉の春夏秋冬が、ゆっくりスクロールしていくように、
ストーリーも、ある意味淡々と進行していきます。
ワタシは主人公の鳩子が、糸さん本人のように思えてしょうがない。
鳩子イメージが、先に出来上がってしまっていたのです。





「ツバキ文具店」、NHKにてドラマ化されましたね。
初め違和感を感じたこのドラマ、回を重ねると、次第に受け入れられるようになってきました。

というのは、そのままの小説「ツバキ文具店」だと、ドラマが成り立たないというのが
わかったのです。

小説に、よりドラマチックさ(大げさな?ともいう)を肉付けをして、
ストーリーを際立たせたものが、ドラマ「ツバキ文具店」でした。

ドラマは、一時間の枠の中で、観る人のココロに速攻カンカンと響かなければいけないのです。





そしてもう終わってしまったけれど、ラジオNHK第1では、聴く「ツバキ文具店」も放送していました。
竹下景子さんと西田敏行さんが、二人多役で演じています。
声で演じる「ツバキ文具店」、ワタシは「録音ラジオサーバー」というアプリで録音し、
食事の支度をしながら聴いたりしてましたが、
さすが演技巧者のお二人が声で演じる「ツバキ文具店」は、それは聴き応えがあるものでした。






原作者の小川糸さんはといえば、きっと傍観者。
作品が「本」になった時点から、物語のこれから先は自分勝手に歩いて行く。。
そんなことがエッセーに書いてあったから、
「はは~ん、ドラマそう来たか~」って感じで、
楽しく観てるに違いない。




読んで観て聴いて。。。

大好きな小説が、いろんな方向から楽しめました。




ワタシは明日から、鎌倉へ行ってきます。

今回はちょっとしたお祝いの会を、鎌倉で催すために。。

限られた時間だけど「ツバキ文具店」の舞台になってる場所やお店を
訪ねられたらいいなぁ、、と思ってます(^-^)





[PR]
by ukico32744 | 2017-05-25 06:00 | ある日の読書 | Comments(16)

ある日の読書『犬とペンギンと私』

f0315332_16414068.jpg



『犬とペンギンと私』 小川 糸

『ペンギンと○○』で、このエッセーは文庫でシリーズ化されている。

「ペンギン」は旦那さん。
「犬」は飼い犬の「ゆりね」と「コロ」
「私」はもちろん糸さんのことである。

糸さんらしいしなやかで文体で、誘われるように読めるエッセーだ。

今回は、糸さんとペンギンさんの二人暮らしから、
犬を家族の一員に迎えて、生活が一変するのが面白い。

可愛すぎて目が離せず、はやく空気みたいな存在になればいいのに。。と、糸さん。

糸さんの心の大部分を占めるようになった「ゆりね」と「コロ」の存在は、
これから書く作品に、なにかしらのインパクトを与えるかもしれない。

たとえば、犬を飼ったあとに「ツバキ文具店」を書いたなら、
バーバラ婦人は、いつも小さな白い犬を抱っこしている。。。
そんな人物像になったかもしれない、と思ってみる。
白い仔犬を抱いたバーバラ婦人、うんうん、いいかもね。



ドラマ版「ツバキ文具店」はかなり好評のようですね。

ストーリーのドラマチックさは、ドラマが勝り、
空気感勝負といえば、断然小説だ。

で、ワタシは断然小説の世界が好き。

「ツバキ文具店」については、また改めて書くことにします。




[PR]
by ukico32744 | 2017-05-23 16:46 | ある日の読書 | Comments(6)

道の駅スタンプドライブ。寄り道は地球岬

去年から始めた道の駅スタンプラリー、
ワタシとオット、今年もコツコツと地道に継続します。

きのうは今年初めての道の駅ドライブ。
室蘭→伊達→とうや湖→ルスツの四か所。

f0315332_18021909.jpg


あまりの青空、ドライブ日和に誘われて、室蘭では地球岬に寄ってみた。

ここは懐かしい場所。
ワタシは17才まで、この近くの「母恋」という町に住んでいた。


f0315332_18140129.jpg


展望台からの見晴らしは、地球がまあるいことが実感できる絶景だ。

でも、昔は展望台なんてなかったし、こんなんじゃなかった。
若い女の子が来る場所じゃなかった
観光地化されて、ずいぶんおキレイになったわ。


f0315332_18225478.jpg


柵の中から、灯台コンニチハ。

ジオラマ風で、可愛く撮れた一枚♪

f0315332_18242295.jpg


晴れた日には、下北半島のほうまで見えるという。

晴天だけど、そこまではさすがに見えないな。




f0315332_18433283.jpg


走行約300キロ。スタンプラリー四か所。本日のノルマは達成!(^^)!

これで全117駅ぶんの27駅となりました。


[PR]
by ukico32744 | 2017-05-21 18:51 | 道の駅スタンプラリー | Comments(14)

ライラック散歩@大通り公園

f0315332_18530075.jpg


母の通院の付き添いで、札幌大通り公園方面へ。

治療の間、ライラック咲く公園を歩いてみた。

ライラックは札幌の木。

おとといからライラック祭りが始まってます。


日射しが強い!

ライラックも下向きで暑さを堪えてるかのようです。

f0315332_18571805.jpg


時間がないので、大通り1、2、3丁目まで行って折り返す。
 
1,2丁目は、カラスの野放図地帯となってます。
上空ではS字飛行、v字飛行で、カラスの追いかけっこ。
時々ぶつかってくる勢いで低空飛行。

ひぇ~~~(>_<)

f0315332_19035968.jpg


3丁目までくると、カラスがいなくなって、それはもうのどかな光景です。


f0315332_21433477.jpg


今日の札幌は27℃

水の側が気持ちいぃ~。



f0315332_19090107.jpg


白いライラックの木の下から見上げると、北海道ブルーの青空。


ライラックが日傘になって、気持ちいぃ~。



大通り公園の赤紫のライラックは370本。白いライラックは30本。
白は数が少ないだけに、目を引くものがあります。



5~7丁目では、ライラック祭りのイベント開催中。

ワインガーデン2017 リラマリアージュ
道産ワインと北海道の食の味覚体験。

5丁目まで行っちゃうと、もう引き返せなくなる魅惑な催し。

28日まで開催中です。




[PR]
by ukico32744 | 2017-05-19 22:04 | 半径日常 | Comments(8)

大原美術館展からのぉゴッホ展へ

f0315332_18320739.jpg


さかのぼりますが、先週土曜(13日)に、
北海道近代美術館で、大原美術館展を観てきました。


美術館正面のこの写真を撮ったあと、つかつかと歩み進んでいくと、
正面玄関前で、バッタリAちゃんと遭遇!
えっ‼?、待ち合わせしてたっけ!?(笑)

Aちゃんはかつてのウォーキング仲間。
そういえば、映画館の前でもバッタリ会ったことがあるよね!
偶然の再会の確率が、かなり高いAちゃん。

お互い一人だし、一緒に観よ♪


f0315332_18424871.jpg


今回の大原美術館展の見どころは、なんたって藤田嗣治の『舞踏会の前』

藤田のトレードマークの「乳白色」の汚れや経年劣化を大規模修復し、
白い肌をよみがえらせた。

修復後の初お披露目が札幌です。

「乳白色」にウットリ。。


f0315332_18464715.jpg


岸田劉生『童女舞姿』も有名ですね。


f0315332_18593774.jpg


鑑賞後に、Aちゃんと美術館近くのカエルヤ珈琲へ。

カエルヤ珈琲では、大原美術館展勝手にコラボスィーツの
「童女のプリン」をいただく。
ビターなチョコレート味は麗子像のイメージ通り。
(勝手にコラボとは、こちらの店主さんのblogに書いてあったのよ 笑)



さて、Aちゃんと別れ、向かうは狸小路7丁目の狸スクエア。

近ごろは、年に1~2度あるかないかの札幌での飲み会です。

狸スクエア、古く小さな建物の中に、小さいお店がクシャクシャと入ってる。

面白そうな建物だから絶対写真撮って来よっ!、と、意気込んでいたのにもかかわらず
待ち合わせ時間にギリギリで焦るうちに、すべてを忘れたワタシ。。(-_-;)


f0315332_09213807.jpg


こんな感じ。
(画像お借りしました)

この雑然としたごちゃごちゃな感じが、楽しそう。




お店にいらしてたお客さんに、ゴッホ展の招待券をいただいた♪

大原美術館展の話をしてたのが聞こえたのかしら。

ラッキー♪


ゴッホ展は8/26から。
15年前のゴッホ展は大盛況だった。ワタシもミーハー気分で行ったし。。
今回さらにグレードアップして開催するとのこと。
楽しみです。


f0315332_09275353.jpg








[PR]
by ukico32744 | 2017-05-18 14:15 | 半径日常 | Comments(10)

仕事始めました。

f0315332_15110372.jpg


家に帰ると、ホッとします♪

やっぱり一番居心地がいい場所。





きのうblogで、ワタシの母はサ高住(サービス付き高齢者住宅)に入居していると書きました。
そして義母も、これからそのようなカタチの住まいに入居予定です。

実は、ワタシも4月半ば過ぎから、サービス付き高齢者住宅で働いています。
AM6:45~AM10:00まで。
朝食の配膳のほか、雑用&お掃除が主な仕事です。

家から職場まで車で10分弱、6:25分からのEテレのテレビ体操を半分ほどやってから、
ダッシュで家を飛び出します。
その前に朝食準備、オットのお弁当作りは完了済みです。

7時から朝食なので、6:45分にはサ高住の食堂にスタンバイ。
お食事をテーブルに運んで、食後にコーヒーのお持ちし、
お薬の管理をしてる方に食前食後のお薬を飲んでもらう。
お食事食べるかたは35名ほど。それらをほぼひとりでやってます。
ここまでが朝食の配膳関係の仕事で、仕事時間の半分をこれに費やします。

雑用とは、おもにデーサービスの支度を一人で出来ないかたのお手伝い。
バックに着替えやらタオルやら、連絡帳やら薬やらを入れて、
はい、オッケー♪

それからは入居者さんの居住スペースの共用部分の掃除です。
掃除はキライではないけれど、家を掃除するのとはわけが違います。
おかげで、体脂肪が1か月で1%減りました。

仕事が終わって家に帰っても、まだ午前10時過ぎ。
生活がガラッと変わる訳でもなく、家のこと、母のこと、
だいたい今まで通りに出来るので、この働きかたに満足しています。



続けて二つのパート仕事が、上手くいかなかったことはけっこうトラウマになっていて、
恐る恐る働き始めたこの仕事、
一番不安だった”人”については、いい人ばかりでなんなくクリア♪
時間や内容も自分のキャパシティ内です。

ちなみに職場は母の住んでいるサ高住ではありません。
母のサ高住は、街の真ん中で便利がいい場所にあります。
ワタシの働くサ高住は、住宅とウォーキングコースの木立の中に立つ静かな佇まい。
食堂にはグランドピアノがあり(誰も弾いてないけどね)、
調度品も立派でリッチ感が漂いますが、
働いてる人、入居者さんはみなフレンドリー♪

ちょっと、ではなく、ここで息長く働きたいと思うこの頃です。










[PR]
by ukico32744 | 2017-05-16 16:41 | 半径日常 | Comments(18)

泣く子に勝てず

f0315332_14232862.jpg

桜、強い風に吹かれながら、まだ咲いてます。





きのうは、遠方に住む義母のことで、三兄妹夫婦が集まった。
総勢6人ね。

オットは長男、妹二人。
みな札幌市内もしくは近郊に住んでます。

義母87才ひとり暮らし。
ワタシの母と同じく「変形性膝関節症」を患って、最近著しく足腰が弱っている。
田舎に住んでいるので、定期的に診療も受けることもままならず、
今年の冬までに、札幌のサービス付き高齢者住宅に入ってもらうことは
お義母さんを含めての兄妹会議で決めていたことである。
これが3月のこと。。

いったん決めたことだけど、あれからそれぞれ考えることもあったのだろう。
きのう、また集まることに。

折しもきのうは母の日。
お義母さんの話をするには、丁度良いのかも。。(^^;

ワタシは長男の嫁だけど、早々にお義母さんを引き受けかねると白旗を上げていたので、
あまり発言権はないと思っている。
それでも、同じ病気を抱え、今現在サ高住に入居中の自分の母を見てて、
参考になればと、良かれと思って語るのだけど、
なにかワタシの発言は空を切る。。💦

ワタシの言葉は空回りするけれど、だんまりを決めた人の短い発言は
人徳なのか、なぜか説得力があり、重みを増す。

ワタシが語ったことに対してではないと思うけれど、
何かがが義妹の涙腺を脅かし、泣き出してしまった。


泣く子には勝てず

という諺が頭をよぎる。


ワタシは嬉しいも悲しいも、ココロの中で処理して納めてしまうほうなので、
ホロホロ涙を流してる義妹を、少し羨ましい気持ちで見てしまう。

涙は気持ちを浄化し、そのあと心の矛先を、軌道修正してくれるものなのよね。

泣けない人は、気持ちの浄化ツールを持ち合わせてなくて苦労するのだ。

心に影がさしたまま、逃げ込む場所は、やっぱり本の世界だったりするのです。





だからどうなったの!?っていう内容は控えておきます。
今日は取り留めないお話でゴメンナサイ (-_-;)









[PR]
by ukico32744 | 2017-05-15 16:20 | 半径日常 | Comments(12)

今日の美味しいと嬉しい♪

朝起きて、ひと段落して考えるのは夕食のことです。
今日は金曜日。
日曜と火曜に買い出しした食材が、だんだん品薄になってきてますが、
ここで、買い物をしてはいけません。
日曜まで、なんとか持ちこたえます。

節約とは、「低く暮らし、高く思うこと」。
なにかの本で見つけた、最近お気に入りの言葉です。

お豆腐と冷凍ひき肉で、麻婆豆腐と一品は決まっているけど、
もう一品が浮かばない。

f0315332_16461385.jpg

今朝の北海道新聞の生活欄に載ってた「たまコロ」

玉ねぎが主役の北見発コロッケ。
道東の北見は玉ねぎの生産量日本一です。

材料は、玉ねぎ、にんじん、ツナ缶、など、常備してあるものばかり。
玉ねぎをみじん切りにして、一回茹でるとか、手間がけっこうかかりそうだけど、
幸い、今日は時間だけはたっぷりあるのです。

Let's Try!

f0315332_16550802.jpg

玉ねぎ、にんじんをみじん切り、
そして玉ねぎは4分茹でる。そうすると玉ねぎの苦味が消え甘さが増すという。

↑↑レシピ見て通り、とにかく材料費かからないぶん、手間と時間がかかるのです。

タネを冷ます時間、寝かす時間など経て、午前から午後に渡り、順番通りにたらたらとね。

つなぎのゼラチン、大量のパン粉は入れるものの、とにかく柔らかくて扱いづらい(>_<)

コロッケって、2~3人であーだこーだ言いながら作りたいですよね。
ひとりの孤独な作業は嫌いじゃないけど、コロッケに関してはたくさんの手が欲しい💦

f0315332_19463977.jpg




さて、出来上がりました。
オットも帰って来ましたヨ。

さぁ、アツアツをいただこう!





f0315332_17101510.jpg


息子夫婦から、早々にお花が届きました。

「カンパニュラメリーベル」

忙しく働いてる二人なのに、ありがとネ♪

GWはUSJに行ってきたんだって。いいないいな♪


[PR]
by ukico32744 | 2017-05-12 19:48 | 半径日常 | Comments(14)