<   2017年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

こんこん、秋がノックした

f0315332_17113253.jpg

今朝は空気が違いました。

クールな冷気を感じて、あぁもう夏の日は戻らないのね~と、悟りました。

今朝の気温12℃です。

ワタシは仕事のある日は、早朝に家を出るので、空気が違うことが
肌身でわかります。

そんなことを、同じサ高住で働く、調理の人とも話しました。



今日9月のシフトをもらったのだけど、一人足らない。

なんで?

え~!、辞めるの~~‼

情報が、末端のワタシに届くまで、時間がかかります💦

季節とともに、人も動くのね。





f0315332_17224089.jpg

明日、ついにUVフロアコーティングの工事が入ります。

居間の家具を退けるので、ここ数日、中のモノを出す作業をしています。

数年前に要らないモノ一掃したはずなのに、知らぬ間にモノは増殖しています。

この際、また捨てることにしました。

揃いの10個のグラスは4個減らし、カップ&ソーサーを5客から4客へ。
実家を整理したときに貰って来た湯吞み茶碗も、やっぱり使うことがないので捨てます。
アウトドア用の食器は、ここに仕舞わなくても、トランクルームでいいんじゃない?、とか。。

モノを見直し、整理する機会が出来て良かったです。








[PR]
by ukico32744 | 2017-08-30 17:44 | 半径日常 | Trackback | Comments(20)

イランカラプテ!道の駅(2017/8/19-8/22)

19~22日の利尻往復は、道の駅を寄りながらの旅でもありました。

ワタシとオット、全道で117駅の、道の駅スタンプラリーを楽しんでます。

制覇までまだまだですが、その過程をここに記録しておきます。





8月19日(土)

f0315332_17460624.jpg

道の駅 ライスランドふかがわ

f0315332_17470328.jpg

道の駅 森と湖の里 ほろかない

f0315332_17480293.jpg

道の駅 びふか 双子座館

f0315332_17490483.jpg

道の駅 なかがわ

♦♦♦

8月22日(火)

f0315332_17505318.jpg

道の駅 さるふつ公園

f0315332_17514000.jpg

道の駅 ピンネシリ

f0315332_17522366.jpg

道の駅 おといねっぷ

f0315332_17530401.jpg

道の駅 もち米の里☆なよろ

f0315332_17540942.jpg

道の駅 絵本の里けんぶち

f0315332_17545725.jpg

道の駅 とうま

f0315332_17552747.jpg


道の駅 あさひかわ


♦♦♦


北海道の地名は読みづらいです。
道の駅は、ほとんど「ひらがな」表記ですが、漢字だったら、読めない地名ばかりです。

ほろかない→幌加内

びふか→美深

さるふつ→猿払

ピンネシリ→敏音知

おといねっぷ→音威子府

けんぶち→剣淵


どうです? なかなか難解でしょ?

敏音知(ピンネシリ)なんて、漢字でこう書くとは、この歳で初めて知りましたヨ。(^^;

北海道の地名は、アイヌの地名を、そのまま日本地名としたので、
漢字は当て字なんですね。

ちなみに、アイヌ語でイランカラプテはこんにちは。

イランカラプテって、可愛い響きですね♪

♦♦♦


これで、道の駅117駅分の42駅となりました!




[PR]
by ukico32744 | 2017-08-29 18:30 | 道の駅スタンプラリー | Trackback | Comments(18)

ある日の読書「月の満ち欠け」

f0315332_11231058.jpg

月の満ち欠け  佐藤正午


157回直木賞受賞作です。
芥川賞は新人作家のためにあるけれど、直木賞は新人、ベテラン関係なく選ばれるもの。
佐藤正午さん、デビュー34年目にしての受賞です。

ご本人は、嬉しいことには間違いないでしょうが、この受賞で何かが変わることはなく、
変わると言えば、取材でたくさんの人に会わなければいけないという、
厄介なことが増えたな、くらいなことかもしれません。

北海道大学中退し、いろいろ人生経験踏んで、今は故郷の長崎で執筆をしている佐藤さん。
気難しく、可笑しく、マイペース、そんな印象の作家さんです。

作品を発表する感覚が長いので、”筆を折った!?”が頭によぎるころ、新作が出ますね。





「瑠璃」または「るり」という名の女性が、数人登場するこの作品。

ひとりの「瑠璃」は、結ばれることのない恋人との会話の中で、
「わたしは死んだら生まれ変わって、またあなたの前に現れる。
わたしは月のように死んで生まれ変わるの」
そんなことを言ったのだった。
その一週間後、瑠璃は電車事故で亡くなってしまう。


また、ひとりの「瑠璃」は、7歳になったとき原因不明の高熱後、異変が起こる。
急に大人びた態度になり、昔の流行り歌を口ずさんだり、知り得ないことを語り出す。


樹木のように朽ち果てる最後ではなく、
月の満ち欠けのように、何回も生まれ変わることを強く望んだ瑠璃の魂が、
巻き込まれた人たちの運命を飲み込んでいくようだ。





佐藤氏の作品でなければ、ただの薄気味悪い、ソフトホラー小説に成り下がりそうな、このお話ですが、
見事な心情描写・背景描写に、ただただ引き込まれました。

お盆に一気読みの小説でした。

お盆に読む小説ではないかぁ。。と後から思いましたけどネ。(*_*;





[PR]
by ukico32744 | 2017-08-28 20:00 | ある日の読書 | Trackback | Comments(2)

まぼろしの「ごほうびハワイ」

f0315332_16280715.jpg

ワタシ、ハワイへ行ってきたわけではありません(笑)

f0315332_16300983.jpg

24日に、「ごほうび、ハワイ。in札幌」というイベントに抽選で当たり、行ってきました。

上のは、イベントで渡された紙袋。
ハワイ、よいとこ一度はおいでのパンフレットが、これでもかっ!ってくらいに入ってます。

このイベント、2100名ほどの応募で700人が当たったそうです。
三分の一の確率で、当たったということね。


f0315332_16342602.jpg

楽しいイベントでしたヨ。

東Max(東 貴博さん)のトークショーでは、どんどん撮ってSNSにあげて下さ~い、
ということで、
みんなスマホ取り出して、撮る撮る撮る。
東Maxは、一万円出して、いつものアレね(笑)

ハワイ観光局からのハワイの魅力を紹介のほか、ウクレレ演奏あり、
「モアナと伝説の海」のモアナ役の屋比久知奈(やびくともな)さんのミニライブがあったり、
常夏のハワイ感が満載の二時間でした。



最後に抽選があるのだけど、一番の目玉は
ペアでのハワイの豪華ホテル宿泊券2名とハワイ往復航空券1名‼
700分の3の確率よ♪

ほとんどの人が、これがお目当てと言ってもイイでしょう。
ワタシもモチロン! 願わくば、他力本願でハワイへ行ってみたい!



ワタシ、当たりましたヨ
これだけどネ↓↓ (^^;

f0315332_16473814.jpg

モアナと伝説の海のポストカード。5名しか当たらないのヨ。
屋比久知奈ちゃんの直筆サイン付きです←(ここ大事なとこ 笑)

映画を観たかたはご存じでしょうが、彼女の歌唱力、豊かな表現力は素晴らしいですね。
まだ、原石のダイヤモンドだけど、ミュージカル界で輝くこと間違いないと思います。

ポストカード、トップスターになった時に自慢できるよう、大事に取っておきましょう。




f0315332_16560806.jpg

ハワイのお土産は、ときめきます。。♪




イベントに一緒に行ったお友達は、なんと!8月初めに親子三世代で、ハワイに行ってきたばかり。

あわよくば、ファーストタイマーのワタシとリピーターの彼女との、
ハワイ旅になるはずでしたが、勢いとノリと他力だけで、旅は出来ないのが現実でした。(^^;


でも、ちょっとだけ夢を見させてもらいました。



[PR]
by ukico32744 | 2017-08-27 17:34 | 半径日常 | Trackback | Comments(12)

フォトジェニックな場所~幌加内の蕎麦畑~

f0315332_23323898.jpg

利尻へ向かう途中、幌加内(ほろかない)という町を通過したのですが、
道路脇一面の蕎麦畑に、蕎麦の花が咲いて、それはそれはビューティホーな眺めでした。

f0315332_23353308.jpg

幌加内は、蕎麦の収穫量が、日本一。

この季節、白い蕎麦の花が咲いて、一面「白」に包まれます。

”幌加内は二度雪に包まれる”と言われるんですって。
正真正銘に雪と、白い蕎麦の花のこと、ですね。

f0315332_23402469.jpg


幌加内の蕎麦の生産量は、全国の生産総量の1割を占めてるそうです。

厳しい気候条件だからこそ、美味しい蕎麦ができるのでしょうね。





利尻へ車で往復する中で、ここが一番フォトジェニックな場所だったので、
ご紹介したくなりました。(^-^)





[PR]
by ukico32744 | 2017-08-24 23:55 | 利尻 | Trackback | Comments(22)

帰ってきました!

f0315332_22092952.jpg


オニユリ越しの、利尻の海。

利尻は、山野草が似合うところですね。


☓☓☓☓☓


我が家にやっと着きました〜。

といっても、今じやないですよ。

19時過ぎに、着きました。

道の駅に寄りながらの帰路だったので、
走行距離430キロです。

オット、よく運転してくれました(^o^)

☓☓☓☓☓


リシリの味といえば、「ウニ」ですよね。
ウニも食べましたが、今回の利尻の味はコレ↓↓

f0315332_22443483.jpg


「味楽」(みらく)の焦がし醤油ラーメン!


今、日本一、行くのに時間がかかる美味しいラーメンとして、ちょっと有名です。

2012ミシュランガイド北海道版で紹介されてから、行列のできるお店になったみたいです。

f0315332_22443574.jpg
 



ワタシ、ラーメンそれほど好きじゃないけれど、こういう話を聞くと、たちまちミーハーに。(笑) 

昆布のエキスが濃厚でした。


☓☓☓☓☓

f0315332_22443702.jpg

 アザラシくん、癒やしの存在として、岬の公園で飼われていました。



☓☓☓☓☓

明日から仕事です。

早起きしなくちゃ!

お先に、おやすみなさ〜い ^^;
[PR]
by ukico32744 | 2017-08-22 22:06 | 利尻 | Trackback | Comments(14)



f0315332_16474788.jpg


北の大地の空に、おおきな虹が出ました!
  

朝から雨が強く降ったり、弱くなったり、晴れ間が覗いたりの、めまぐるしいお天気です。

無風で蒸し暑く、雨が止んで陽が射したとき、虹が出るような予感。

そして期待どおり以上の大きな虹が。

f0315332_16474972.jpg




当麻(旭川の少し上のほうにある町です)にて


☓☓☓☓☓

稚内から260キロぐらい走りました。


またまだ我が家には着きません💦
[PR]
by ukico32744 | 2017-08-22 16:34 | 利尻 | Trackback | Comments(10)

一路我が家へ

 

f0315332_10191773.jpg


おはようございます。

利尻のフェリーターミナルから見えるは、ペシ岬。
「ペシ」とはアイヌ語で「崖」という意味です。

f0315332_10191831.jpg


ペシ岬、20分で頂上に上がれるそうよ。
上からの景色は、なかなかのビューボイントらしいです。 

次回、チャレンジしてみましょう。

f0315332_10192119.jpg


フェリーの水先案内はカモメ船長。(笑)

f0315332_10192347.jpg


カモメ船長さんへの「優しさ」、守りましょう。


☓☓☓☓☓


f0315332_10192520.jpg


20日朝の利尻岳です。

その後、雲に隠れてしまって、
その姿を拝むことはできませんでした。


☓☓☓☓

8時30分発のフェリーに乗りました。

そして今、稚内に着きました。
(フェリーの中で書いたブログが、
電波状況が悪くて消えてしまったみたい💦)

我が家に着くのは夕方でしょうか。

遠いナーーー^^;
[PR]
by ukico32744 | 2017-08-22 10:02 | 利尻 | Trackback | Comments(8)

もうすぐ利尻島

f0315332_17503666.jpg


娘が住む利尻島行きの船上からブログの更新 です。  

f0315332_17504099.jpg


小さく利尻島が見えてきましたヨ。 



☓☓☓



朝8時に家を出て、オットの運転で一路稚内へ


f0315332_17504414.jpg


稚内駅、最北端の線路です。
北の鉄路の終着です。


f0315332_17505001.jpg


稚内では、いつもワタシのブログを見てくださってるMさんに教えていただいた「ヒルンド・ルスティカ」さんに寄りまして、

f0315332_17505521.jpg


「いちぢくのタルト」をいただきました。

こちらのケーキをいただくために、道中甘いものを控えていたのです。^^;
 
上品な甘さで、とても美味しかったです❤

f0315332_18004091.jpg



さて、ブログを書いてる間に、利尻島がこんなに近くなってきました!(^^)



[PR]
by ukico32744 | 2017-08-19 17:34 | 利尻 | Trackback | Comments(20)

もうワックス掛けは要らないという幸せ


すっかり秋風です。

洗濯物が秋風に揺れています。

f0315332_15213006.jpg

うちの洗濯物を見せたいわけではなくてよ。(^^;


わが家のフローリングの床、一見キレイに見えますが、
なんたって築25年なので、
傷あり凹みあり、拭いても取れぬ汚れやシミあり、
そして、ワタシがいつも水拭きをしてるものだから、
すでに艶感もなくなりました。
気が付けば、いつワックスがけをしたかも覚えていないくらいです。
もう、とうにワックスは剥げているのです。




艶があって、水拭きできて、お手入れ要らず。。

そんな我儘なお願いを叶えてくれる、優れものをやっと見つけました。

床のリペア+UVフロアコーティング

傷がついてしまったフローリングのリペアと、紫外線照射による瞬間硬化で、
塗膜厚が10倍と厚く、強靭な保護膜が出来上がり、ワックスがけの必要がなくなる。
しかも、水拭きオッケー♪




いつまでワックスがけを続けるの?

そんな大きな文字のチラシが入ってきました。

ワタシの達ての希望が、ただ今セール期間中ではないですか! (^^)v

リビングと廊下だけお願いしましたが、
ワタシのパートのお給料、ほぼ三か月分飛んでいきます。
でも耐久20年なら、いいんじゃないかしら。

床ととも劣化するワタシ。
それもいいものです(笑)



ちょっと心配なのは、家の鍵を業者さんに半日預けなければいけないこと。

洗浄、補修、コーティング剤の塗布の過程で、けっこうな匂いが発生し、
業者さんも、何回か出たり入ったりを繰り返すらしいのです。

ワタシの住んでるマンションも、すでに何件か請け負っていて、
管理人さんとも面識があるので、信用してほしいとのこと。

疑い深くはないけれど、鍵を預けるって、今一つしっくりこないのです。

施工まであと半月あるので、鍵を預けないで済む、いい方法はないものか
考えてみます。


f0315332_16100119.jpg
四角い板がUVコーティグしたもの。

板が小さすぎて、良さがわからないね (^^;






[PR]
by ukico32744 | 2017-08-17 16:39 | 半径日常 | Trackback | Comments(16)