仕事始めました。

f0315332_15110372.jpg


家に帰ると、ホッとします♪

やっぱり一番居心地がいい場所。





きのうblogで、ワタシの母はサ高住(サービス付き高齢者住宅)に入居していると書きました。
そして義母も、これからそのようなカタチの住まいに入居予定です。

実は、ワタシも4月半ば過ぎから、サービス付き高齢者住宅で働いています。
AM6:45~AM10:00まで。
朝食の配膳のほか、雑用&お掃除が主な仕事です。

家から職場まで車で10分弱、6:25分からのEテレのテレビ体操を半分ほどやってから、
ダッシュで家を飛び出します。
その前に朝食準備、オットのお弁当作りは完了済みです。

7時から朝食なので、6:45分にはサ高住の食堂にスタンバイ。
お食事をテーブルに運んで、食後にコーヒーのお持ちし、
お薬の管理をしてる方に食前食後のお薬を飲んでもらう。
お食事食べるかたは35名ほど。それらをほぼひとりでやってます。
ここまでが朝食の配膳関係の仕事で、仕事時間の半分をこれに費やします。

雑用とは、おもにデーサービスの支度を一人で出来ないかたのお手伝い。
バックに着替えやらタオルやら、連絡帳やら薬やらを入れて、
はい、オッケー♪

それからは入居者さんの居住スペースの共用部分の掃除です。
掃除はキライではないけれど、家を掃除するのとはわけが違います。
おかげで、体脂肪が1か月で1%減りました。

仕事が終わって家に帰っても、まだ午前10時過ぎ。
生活がガラッと変わる訳でもなく、家のこと、母のこと、
だいたい今まで通りに出来るので、この働きかたに満足しています。



続けて二つのパート仕事が、上手くいかなかったことはけっこうトラウマになっていて、
恐る恐る働き始めたこの仕事、
一番不安だった”人”については、いい人ばかりでなんなくクリア♪
時間や内容も自分のキャパシティ内です。

ちなみに職場は母の住んでいるサ高住ではありません。
母のサ高住は、街の真ん中で便利がいい場所にあります。
ワタシの働くサ高住は、住宅とウォーキングコースの木立の中に立つ静かな佇まい。
食堂にはグランドピアノがあり(誰も弾いてないけどね)、
調度品も立派でリッチ感が漂いますが、
働いてる人、入居者さんはみなフレンドリー♪

ちょっと、ではなく、ここで息長く働きたいと思うこの頃です。










[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-16 16:41 | 半径日常 | Comments(18)

泣く子に勝てず

f0315332_14232862.jpg

桜、強い風に吹かれながら、まだ咲いてます。





きのうは、遠方に住む義母のことで、三兄妹夫婦が集まった。
総勢6人ね。

オットは長男、妹二人。
みな札幌市内もしくは近郊に住んでます。

義母87才ひとり暮らし。
ワタシの母と同じく「変形性膝関節症」を患って、最近著しく足腰が弱っている。
田舎に住んでいるので、定期的に診療も受けることもままならず、
今年の冬までに、札幌のサービス付き高齢者住宅に入ってもらうことは
お義母さんを含めての兄妹会議で決めていたことである。
これが3月のこと。。

いったん決めたことだけど、あれからそれぞれ考えることもあったのだろう。
きのう、また集まることに。

折しもきのうは母の日。
お義母さんの話をするには、丁度良いのかも。。(^^;

ワタシは長男の嫁だけど、早々にお義母さんを引き受けかねると白旗を上げていたので、
あまり発言権はないと思っている。
それでも、同じ病気を抱え、今現在サ高住に入居中の自分の母を見てて、
参考になればと、良かれと思って語るのだけど、
なにかワタシの発言は空を切る。。💦

ワタシの言葉は空回りするけれど、だんまりを決めた人の短い発言は
人徳なのか、なぜか説得力があり、重みを増す。

ワタシが語ったことに対してではないと思うけれど、
何かがが義妹の涙腺を脅かし、泣き出してしまった。


泣く子には勝てず

という諺が頭をよぎる。


ワタシは嬉しいも悲しいも、ココロの中で処理して納めてしまうほうなので、
ホロホロ涙を流してる義妹を、少し羨ましい気持ちで見てしまう。

涙は気持ちを浄化し、そのあと心の矛先を、軌道修正してくれるものなのよね。

泣けない人は、気持ちの浄化ツールを持ち合わせてなくて苦労するのだ。

心に影がさしたまま、逃げ込む場所は、やっぱり本の世界だったりするのです。





だからどうなったの!?っていう内容は控えておきます。
今日は取り留めないお話でゴメンナサイ (-_-;)









[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-15 16:20 | 半径日常 | Comments(12)

今日の美味しいと嬉しい♪

朝起きて、ひと段落して考えるのは夕食のことです。
今日は金曜日。
日曜と火曜に買い出しした食材が、だんだん品薄になってきてますが、
ここで、買い物をしてはいけません。
日曜まで、なんとか持ちこたえます。

節約とは、「低く暮らし、高く思うこと」。
なにかの本で見つけた、最近お気に入りの言葉です。

お豆腐と冷凍ひき肉で、麻婆豆腐と一品は決まっているけど、
もう一品が浮かばない。

f0315332_16461385.jpg

今朝の北海道新聞の生活欄に載ってた「たまコロ」

玉ねぎが主役の北見発コロッケ。
道東の北見は玉ねぎの生産量日本一です。

材料は、玉ねぎ、にんじん、ツナ缶、など、常備してあるものばかり。
玉ねぎをみじん切りにして、一回茹でるとか、手間がけっこうかかりそうだけど、
幸い、今日は時間だけはたっぷりあるのです。

Let's Try!

f0315332_16550802.jpg

玉ねぎ、にんじんをみじん切り、
そして玉ねぎは4分茹でる。そうすると玉ねぎの苦味が消え甘さが増すという。

↑↑レシピ見て通り、とにかく材料費かからないぶん、手間と時間がかかるのです。

タネを冷ます時間、寝かす時間など経て、午前から午後に渡り、順番通りにたらたらとね。

つなぎのゼラチン、大量のパン粉は入れるものの、とにかく柔らかくて扱いづらい(>_<)

コロッケって、2~3人であーだこーだ言いながら作りたいですよね。
ひとりの孤独な作業は嫌いじゃないけど、コロッケに関してはたくさんの手が欲しい💦

f0315332_19463977.jpg




さて、出来上がりました。
オットも帰って来ましたヨ。

さぁ、アツアツをいただこう!





f0315332_17101510.jpg


息子夫婦から、早々にお花が届きました。

「カンパニュラメリーベル」

忙しく働いてる二人なのに、ありがとネ♪

GWはUSJに行ってきたんだって。いいないいな♪


[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-12 19:48 | 半径日常 | Comments(14)

黄金週間は読書週間

ゴールデンウィーク中はあまりお出掛けもせず、
こどもたちもそれぞれ楽しんだようで、家に来ることもなく、
それはそれは静かな連休だったので、
なにが捗ったかというと、やはり読書なんですね。

GW中に読み終えた本、手を付けて今も読んでる最中の本など、
ここでまとめて書いておきます。


f0315332_16020470.jpg

『大沼ワルツ』 谷村志穂

連休前から読んでいたのは「大沼ワルツ」でした。

戦争が始まるところから始まり、戦後高度成長期まで、お話は続きます。
東京で知り合い淡い恋ごごろを抱いた男女が、戦争を挟み再会し、
北海道大沼で結婚し、やがて大家族となってゆく。
実話をもとにして書かれたこの小説は、北海道大沼地区が観光地として開かれてゆく様子や
そこで生きてゆく人たちの生活の営みが、情緒豊かに綴られています。
こういう小説が「売れすじの本」とならないのは、とても残念。
地元びいきを引いても、「いい小説ですよ」とアピールしたくなる一冊でした。


f0315332_16265590.jpg

『望み』 雫井脩介

図書館から借りたミステリー本の一冊目は一日半で読めました。

行方不明の高校生の息子は殺人事件の被害者か加害者なのか・・・

子どもが被害者であっても加害者であったとしても、
その家族にとっては「絶望」しかない。
読むほうも「苦悩」を抱え一気読みです。
最後に、わずかに救いようのある展開にガチガチに凝った肩がラクになりました。


f0315332_16344513.jpg


『イノセントデイズ』 早見和真

ミステリー2冊目は時間がかかりました。
ミステリー疲れの症状です。

主人公は、確定死刑囚の女性。
こちらは最後まで、一滴の救いようがないように感じました。

「ひとりの男だけが味方でありつづける」と本の帯にあるけれど、
この男性の存在感の薄さが、キーマンらしくないかな~と。。


f0315332_16415989.jpg

『罪の声』 塩田武士

ミステリー3冊目は、今だ読んでる最中ですけど、面白いです。

前の2作と違って、社会派ミステリージャンルと言いましょうか、
昭和最大の未解決事件の「グリコ森永事件」をモチーフにしてます。

未解決事件特集記事を書くため取材を進める記者と、
自分の家族がその事件に係わったのではないかと疑念を持つ男性が
どこかで合致するはず!
そこまでまだ読めてないのよ~💦

2016年の国内ミステリーベスト10で1位となったこの本、
中盤からラストが圧巻らしいです。

でも、表紙が怖くて、カバーしないとちょっと無理💦


f0315332_16542687.jpg

『つれづれノート №31』 銀色夏生
~心をまっさらに、さらし期~


ミステリーの合間に、お口直しに読むにはうってつけです。

この本とのお付き合いも、もう20年以上です。

私生活をさらし続ける銀色さん。
フツーの生活の中に、時々ニョキニョキと詩人の感性が表れます。
今回は自分という手ぬぐいを何度も水にさらしているらしい。。

この世界観は長年の読者にしか面白味が解りかねるかも。

なのでオススメはしないです(^^;




[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-10 17:26 | ある日の読書 | Comments(6)

新発売!さっぽろ厚焼きたまごサンド

連休明け、今日は風が強い日です。

ワタシの住むマンション付近は、普段からビル風が発生する強風地帯なのだけど、
ごうごうと唸りながら、つむじを巻いてせりあがる勢いの強風は、
お天気が良くても気分のいいものではないですね~。




そんな風の強い日、連休明けの母の膝の通院の日でもありました。


この前、通院の付き添いの帰り、大きな鉢を買って帰って来たことはblogにも書きましたが、
今回は小さな「たまごサンド」をお持ち帰りです。


f0315332_17040412.jpg


札幌駅「北海道四季彩館 by Kiosk」で4/26から売られている
さっぽろ厚焼きたまごサンド

f0315332_17093040.jpg


ふわふわのだし巻き卵は江別太田ファームの卵。
食パンはホテルや喫茶店などに食パンを卸している「おかめや」のものです。
札幌では有名なサンドイッチの「さえら」も「おかめや」さんのパンですよ。



f0315332_17164005.jpg

ご親切にパンの耳までついてる。
パンの耳はトーストしてあって、また違った味わいです。

厚焼き玉子サンドが好きで、旅先各地でいろいろ食べましたが、
この新発売たまごサンド、精進を重ねて、まだまだ美味しいサンドイッチになると期待します。

横浜そごうで買える「あまのやのたまごサンド」と比べると格差感じるけれど、
近くで厚焼きたまごサンドが買えるのは喜ばしいことです。





あまのや たまごサンド
http://hamakore.yokohama/amanoya-tanagosand-sogo-yokohama/








[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-08 18:08 | 半径日常 | Comments(14)

GW終わりのモヤモヤ

f0315332_16543079.jpg


GWも最終日の今日、北海道のワタシの住む町はなんだかモヤモヤしていました。

近隣の畑の土が強風で舞い上がっているのかと思いきや、
黄砂の影響もあるみたいです。

連休最終日で、気分もモヤモヤのかたもいらっしゃいるでしょう。

実はうちのオットは9連休でした。
もっとも長く休むと9連休!なんて言われたこのGW、
そんなの理想で、そんなお気楽な人がどこにいる!!と思ったら、
すぐ近くにいました。。。(^^;





ワタシはと言えば、GW、まったく関係ない人なので、
いつもの日常+休みのオットのオマケ付きという具合です。

今年、時期は未定だけど、二人で出かけたいところがあるので、
GWは、無駄使いしないよう心掛けました。

目の先に目的がぶら下がっていると、節約できるというのはホントですね。

ワタシはただただ漠然に、節約や貯金は出来ない人なんです。
なにかぶら下げないとダメ体質です💦





明日からの日常に、ちょっとホッとしているワタシ♪

今週も、ほどほど良いお天気のようです。


[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-07 17:28 | 半径日常 | Comments(8)

鯉のぼりケーキ

f0315332_18350447.jpg


鯉のぼりケーキ。

わっ!目玉おやじ?!は 鯉のぼりの目らしい(笑)

オットが、一人買い物に出て、買ってきました。

そういやバタークリームケーキは ワタシ達が子供の頃はスィーツの王様的存在だった、よね?

そんな懐かしいメモランダムのひとつなのよね~、バタークリームケーキは。。




f0315332_19165923.jpg

五月晴れの行楽日和も今日まで。

明日はお天気崩れる模様。

お湿り程度の雨であればいいですね。

花散らしの雨となりませんように。。


[PR]
# by ukico32744 | 2017-05-05 20:30 | 半径日常 | Comments(16)