わたしの休みとわたしの仕事

f0315332_18101177.jpg


朝、お天気が良かったのに、お昼には雨。

雨が上がって、曇り空に虹が!

まるで空に向かって、放水してるみたい。

よく見るとダブル虹である。

その後は、徐々に暗くなり、17時にはどっぷり暮れて、18時、外は「闇」です。

一日の早いことよのぉ。(←殿様気分で 笑)

.......................................

一日、空ばかり見てたわけではありません。

今日は仕事が休みで、母はデーサービスである。

とても気がラクな一日。

何かにつけて、空も見ささるものよ。(訳:見るというものよ。)

家事→ピラティス→買い物。
こんな感じで、半日はあっという間に過ぎるけれど。

19日からの旅、お天気の確認して持ち物考えて、
そんな感じで、あっという間に休日は更けてゆく
なり。

.................................


空気が乾燥すると、肌もこの時期、パリパリの海苔のように乾燥する。(←少し誇張はいってます 笑)

わたしは今年、膝から下の乾燥が甚だしいのです。

気が付けば、膝下が痒いような気がして擦ってる。

why?

わたし自身、何故?と思ったものよ。

この症状、入浴介助や、その後の浴槽を洗うので、膝下に湯がかかることおびただしく、
そのために、一部分が超乾燥肌になっちゃうのだった。

................................


勤務先のサ高住で、今、わたしが入浴介助を担当してるのは、主に三名の高齢の女性です。

お部屋の浴槽にお湯を張り、洗髪をお手伝いしたり、お背中流したり。

わたしがやってることは、母と日帰り温泉へ行って、髪を洗ってあげたり、背中流したりするのと
ほとんど変わりないけれど、そこは、やっぱり血の繋がりがあるものと、
介護職と入居者様という、ある意味ギブアンドテイクで成り立ってる関係とは、訳が違うのです。

入浴介助、される者と手伝う者の波長が合うまでが、ちょっと大変かな。

けっこう奥深き仕事です。


...............................


このところ、わたしが働くサービス付き高齢者住宅は、入居見学がやたら多くなってます。

寒くなってきて、高齢の一人暮らしを憂う高齢者のかたと、その家族。また、度重なる地震を心配して、入居を考えてるというかた。

入居されてるかたで、地震が引き金で体調を崩して、入院された人もおり。


地震の波紋が、わたしが働く高齢者住宅にも広がっています。
時間が経てば経つほど、こういうのはじんわりと奥深く、体に心に広がって行くものなのね。


f0315332_21224556.jpg


マンション前の、一番色付いてる木。

ひょろひょろだけど、ビューティフル♪




[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-16 21:33 | 半径日常 | Trackback | Comments(0)

ある日の読書『その話は今日はやめておきましょう』


f0315332_16550670.jpg

その話は今日はやめておきましょう   井上荒野(いのうえあれの)


趣味のクロスバイクを楽しみながら、定年後の穏やかな日々を過ごす昌平とゆり子。
ある日、昌平が交通事故で骨折し、家事手伝いの青年、一樹が通うようになる。
息子のように頼もしく思っていたが、ゆり子は家の中の異変に気づく…。



..............................


この小説、事件とか、殺人とか、暴行とか、物騒な言葉は、出て来ないし、
サスペンスでもミステリーでもないのだけど、
日常の中で、ありえる危うさを凄く感じてしまって、
読んでる間中、ザワザワ感が拭えなかった。

.............................


分別のある72才と69才の夫婦が、素性も良く知らない青年を信じ切ってしまうことは、
傍から見ると、ありえないことなのだけれど、
小説を読んで行くと、「あー、あるかもしれないね~」と思っちゃう。
世の中、正しほうだけ見て歩いてきた人は、人を疑うことは、
自分を否定することと同じなのだ。

一方、気分にムラがあり、仕事が長続きせず、何をやってもうまくいかないと、
常に世の中の隅っこにいるような気がしてならない一樹。

昌平とゆり子のことを、心の中で「じいさんばあさん」と呼んでいる。

ある日悪気がないのに、やってしまったこと。
悪気がないのに、やってしまったことは、悪いことなのだろうか。

一樹は、歪んだ正当性から、さらに大胆になっていくのだ。


...............................


新聞の書評を読んで、とても興味が湧いた小説です。

井上荒野さん、前に数冊読んだことがあると思ってましたが、別人28号!(笑)
他の作家さんと勘違いしてたみたいです。

ウィキペディアなどでこの作家さんを調べると、荒野さんのお父様は、小説家井上光晴でした。

井上光晴は、瀬戸内寂聴さんと、ただならぬ恋をしたかたで、
寂聴さんが仏門に入ったのは、井上光晴さんと別れたため、らしいです。

それは、それ。
この小説とは、ぜんぜん関係ない話ですよ。



[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-15 18:07 | ある日の読書 | Trackback | Comments(14)

ある日の読書『きのう、きょう、あした。』

f0315332_21132569.jpg


きのう、きょう、あした。  つばた英子

英子さん、新しい家電を、少しづつ揃えているようですよ。
娘さんが心配して、揃えてくれるようですが。。
ホームベーカリーもその一つで、パン好きの英子さんには
実用的で嬉しいですね。

................................



ひでこさん、ご主人の修一さんが亡くなって、しばらくぼんやりした日々を過ごしていたみたいですが、
気持ちの中で、何かが小さく弾けたのでしょう。
いえ、弾けたというか、気持ちにケリをつけた、というのが
合ってるかもしれないです。

修一さんがいなくなったことを受け止め、また前のような暮らしを始めた英子さん。
土を耕し、作物を育て、収穫していただくという暮らしのリズムが、
英子さんのカラダにしっかり沁みついていて、
そうすることが、ご自分の元気を取り戻すことであり、
修一さんの意志を次の世代に繋なぐことだと、
働き者の小さな背中が、語っているようです。

「居酒屋ばぁば」で共演した希林さんが、鬼籍に入り、
英子さん、気落ちしてないか少し気掛かりです。

英子さんと希林さんは、共感しあい共鳴しあっていたように見えて、
共演後も、なにかしらの交流があったのではないか、と想像ですが、
きっとそうだと思うんです。








f0315332_21450510.jpg


うちのホームベーカリーは、お義母さんからの借り物ですが、
けっこうヘビロテしてます。

英子さんのパンと膨らみが違うよねー💦

と、モタモタ写真に撮ってるうちに、ますます萎んでいく、我れのパンなり。(^^;





[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-12 22:30 | ある日の読書 | Trackback | Comments(18)

ある日の読書『痛い靴のはき方』

f0315332_17092859.jpg
痛い靴のはき方  益田ミリ

数冊図書館から借りてきたとき、あなたなら、何から先に読みますか?

やっぱり、一番ワクワクするものから、でしょ!?

...................................


益田ミリさん。
イラストレーター。40代後半。
未婚。彼氏あり。
旅とおやつで、自分の世界は回っている気がする、とエッセーに書いてある。
確かに、旅とおやつの話題が多いわ。

人とのお付き合いで、イヤなこともあるでしょ。
気の乗らない仕事もあるでしょ。
いいことと良くないこと、絶妙なバランスの大人社会を、わたしたちは過ごしているのだけど、
マイナス部分は、さておき、主に、幸せと感じる部分に焦点を当ててみた、

そんな感じのエッセーです。

.................................


日常は感じ方で、面白くもなったり、つまらなくなったりもするもの。
どうせなら、わたしの日常をつまらないものにしたくない。

なので、日常の足あととなるblogも、つまらないものにさせないように
書いていきたいなぁ、と思うけれど、さて、どうだろうか。。




[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-09 18:38 | ある日の読書 | Trackback | Comments(20)

ある日の映画『食べる女』

f0315332_16194968.jpg


映画「食べる女」には、演技も美貌も旬な女優陣が、たくさん出演していますが、
ポスターの半分をキョンキョン(小泉今日子)が占めているということは、
主役はキョンキョンと思われます。

キョンキョンは、この夏から二年間、プロデュース業に専念するらしく、
しばらくお目にかかれなくなるので、見納めキョンキョンということで、
この映画を観てきました。

キョンキョン演じる「とんこさん」は、
とんこさんちに集まる女性たちの身に起こるいろいろを
大らかに見守り、心の疲れを癒す「止まり木」のような存在。

実生活でも、そうなんじゃないかな~、と思うの。
キョンキョンって。





f0315332_16533712.jpg


キョンキョン、2年間お休みということは、
大好きな鎌倉ドラマ、「最後から二番目の恋」の続編も、当分期待できないってことなんだわ。


とても残念だけど、誰にでもブレイクタイムは必要よね。

滋養を取って、新しい方向へ精力的に活躍してほしいです。








[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-07 17:00 | ある日の映画 | Trackback | Comments(12)

ろうがんきょうを買いに

f0315332_18061819.jpg

57才9か月にして、老眼鏡を作りました。

わたしは瞳が茶系で、青白い顔の色素薄い系なので、
濃い色のフレームは、顔に合わないみたい。

................................


車の運転と遠くのテレビや映画のスクリーンを観るときに、
近視のメガネをかけますが、ふだんは裸眼で過ごしてます。

少しづつ、本や新聞が読みづらくなったり、スマホの小さな文字が苦手になったり、
寄る年波に勝てない現象が、じわりじわりと出てきました。

見えずらいのが当たり前と思うと、あまり苦痛と思わずにそれなりに過ごしてたけど、
文字を書く時に手元の焦点が合わなくなって、へんてこりんな文字を書いちゃってる。

これは「大の大人」として、恥ずかしいことです。

これが決定的原因で「ろーがんきょー」作ろっかな、って、決心しました。

....................................


遠近両用や、今は中近っていうのもあるらしいけれど、
ふだん裸眼で過ごしてるわたしには、老眼専用でいいでしょーよ。


新聞とかスマホとか、もう見える見える。見え過ぎて気持ち悪いくらいです。(^^;
(はるか前に見え過ぎちゃって困るの~♪とかいうCMあったな 笑)


f0315332_18452561.jpg


旅のガイドブックって、字が小さいでしょ。

きのうまで悪戦苦闘して読んでたのが夢みたい。

とってもクリア。






[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-04 08:43 | 半径日常 | Trackback | Comments(24)

地震とか台風とか防災とか

f0315332_17075407.jpg

台風のあとは、だいたい、いつもこんな青空と決まっている。

緊張した一日のあとに、のどかな青空が可笑しいくらい。


.......................................


9月初めの強力な台風は、未だかつて経験したことのないような傷跡を残して去って行き、
その記憶もまだ新しいところに、今回の台風です。
何事もなく通り過ぎるのを、身を固くして待ちます。
そして、気が一気に緩むほど、何事もなく通過していきました。

地震の余震も、度々あって、そのたびに「ギョッギョ‼」

わが家の防災対策を早急に整えなければいけません。

とりあえず、お風呂に水、貯めておこうよ。(←基本中の基本だ!)

.................................


うちはマンションなので、この間の地震の際、停電の上に、洩れなく断水が付いてきました。

マンション自治会のお便りの中では、エレベーターの非常用バッテリーを設置するとなると、
費用として、一台2~300万円、全体では2000万円以上必要とのこと。
また、給水の非常電源で行える設備に整えるとなると、膨大な費用が見込まれ、
すぐには解決できないということでした。

それは、ごもっともなことなので、個人個人で、出来る限りの災害対策しなければいけないのでしょう。

もちろん、10階まで上がり下がりする、脚も鍛えなければいけません。
(ちょっと自慢しますが、前からわたし、一日一回は階段で上がるように心掛けてます。)

オットと相談しながら、ランタンや給水防災タンクやスマホ充電器を、ネットでポチリました。
今回の地震が教訓となり、これらは早急に絶対に、必要不可欠なものです。
(ネットでも、防災関係のものは入荷待ちだったりして、
今はすぐ手に入らないものもありますね。)


f0315332_18004180.jpg


このラジオ、父の形見のようなものですが、地震の時、とても役に立ちました。
停電、スマホも使えず、このラジオからの情報が全てでした。

わたしの手元にある父のものは、これ一つ。
まっこと、良か働きをしてくれましたぁ。(←西郷どんふうに読んでほしい 笑)

ちなみに母のところにあるトランジスタラジオは、デイサービスの皆勤賞で
いただいたものでした。
皆勤賞バンザイ‼

非常時のラジオ、必需品ですね。

.............................................


先月の大きな地震の際、すぐ停電に陥り、母のベッドの側には「明かり」がなかったのですが、
仏壇の電池ろうそく(電池で明かりが付くタイプのです)が地震で転がって、スイッチが入ったみたいで、
足元を照らしてくれたと、母が興奮気味で話しました。

父があの世から、母をサポートしてくれたというのです。

あらま、涙ホロリな美談がひとつ出来た~。(笑)

わたしは、父がそんな気が利くタイプには思えないので、涙ではなくて笑いを押さえて
母の話を聴き入りました。

まっ、そういうことにしておきましょーかネ。(^^;



[PR]
# by ukico32744 | 2018-10-02 20:41 | 半径日常 | Trackback | Comments(18)