<< 法事が終わって ある日の読書『海の翼』 >>

ある日の読書『こういう旅はもう二度としないだろう』

f0315332_17260462.jpg


こういう旅はもう二度としないだろう  銀色夏生


フォトエッセイですが、タイトルの通りです。

心境そのままに、ダイレクトなタイトルをぶっつけたものと思いました。

30年来の銀色ファンであるワタシには、小笑いしながら読める、コアな一冊なのですが、
ステキな旅行回想記を期待したかたには、申し訳ないくらいの素っ気なさです。
(タイトルがアレですから、期待値も大きくないっか~ )



子育てもほぼ終わり、好きだった旅行にも行くゆとりが出来、
手始めに、おひとりさまツアーに、立て続けに参加した銀色さん。

半年間に、ベトナム、ニュージーランド、スリランカ、インド、イタリア。

秘境目的やスピリチュアルツアーなど、旅の上級者向きなコースが多いような。。(^^;

これって、手始めの枠を超えてると思う。

銀色さんって、”ほどほど”とか”人並み”ということを知らない人です(笑)



ツアー中、

まだ楽しくならない。
 楽しいかわからない。
楽しいことはひとつもなかった。
むしろ寂しい。

そんなことをつぶやきながらも、旅を消化していく。

時々、一体どういう理由でここを選んだかも、わからなくなったり。。💦

人への観察力が鋭い分、旅慣れしたつわものども(同行したツアー客)にも翻弄されて、
感情がクタクタになったりする場面などは、
小さくまとまったロードムービー風で、ワタシには、凄くツボ。

風景や食べ物を堪能するだけが旅に非ず。

特にツアーの場合は、一期一会の旅であったりするので、
こういう旅はしたくてもできないだろう。。という意味を含めての
「こういう旅はもう二度としないだろう」なのでした。





f0315332_17543045.jpg


写真の小さな切り取りが、パッチワークワークのようで可愛い。

たくさんの小さな写真の数々。
ひとつひとつに小さなコメントが…淡々と…


f0315332_18143383.jpg


風光明美な絶景、偉大な世界遺産などの語り口を期待するかたには、
決してオススメできません (笑)











[PR]
by ukico32744 | 2018-02-07 19:05 | ある日の読書 | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29509016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mariakulala at 2018-02-07 19:42
こういう本は気軽に読めて?いいですね。
旅行記って 人によって 違うから面白いのですが
タイトルがいいです。
うきこさん 本押さえてる 人差し指 絆創膏?

Commented by anatatoyu at 2018-02-07 19:46
一人旅の経験はありません。
若い時ならできたかな。
思い立ちで行動するほうではありましたが、一人旅の面白さを若い時に知る機会があれば、その後の旅の仕方も変わったと思います。

私達も旅の始まりはツアーから。
知らない土地で右往左往する時間がもったいなくて、とりあえずおのぼりさんコースであちこち行きました。
最初の頃は他のツアー客とは交わらず、私達をほっといてバリアーを張っていましたが、同じ年代のご夫婦と仲良くなってからは、旅が俄然楽しくなりました。
好きな場所が見つかってからは、そこに何度も行くようになり、やっと個人旅行できるようになった矢先に、親の問題発生です。
ああ、終わった〜と思いましたね(笑)
すべてが終わった時に、また旅に出る気持ちになれるか、体力があるか、それが問題。。
北海道も一度しか行ったことがないのにね(笑)
Commented by sakae2009 at 2018-02-07 20:49
おひとりさまツアー経験ないです。
何人かで行くツアーもあまり経験ないです。
旅行と言えば独身時代は旅行しましたけれど、今はあまりありません。
特にツアー旅行は今は出来ません。
Commented by downhill50 at 2018-02-07 21:16
ukicoさん、こんばんは。
銀色夏生さん、詩人のイメージが強くて敷居が高く感じ、
きちんと読んだことがありません。フォトエッセイなら入りやすい
かもしれませんね。一人旅、若い頃はガンガンしていましたが、
年齢とともに(ランチはともかく)、夕食を外で一人でするのは、
ちょっと気が引けてしまうし、寂しく感じるようになりました。
なので最近は一人旅というより、一人移動になっています。
Commented by Lynn6 at 2018-02-08 00:51
ukikoさん、ご紹介ありがとうございます。と言っても私はよめないんですが、でもukikoさんの解読解説を読んで そんな気になっている私です。
ひとり旅、、、できないでしょうね。気が小さいから、怖くて。でもできるようになったら 面白いかもな〜〜。
Commented by M at 2018-02-08 08:03 x
旅の本、しかも楽しそうなタイトル!
妹も銀色夏生さんが好きですね。私は、この方の本は一度も読んだことがないです。
一人でツアーに参加して旅をする。しかも海外とは!
実は、私も24歳の時、自由気ままに一人ツアーでフランスはパリに1週間旅したことがあります。
確かに初日は、一人なのでさみしい感じもしましたね。帰る頃にまだ、いたいなぁと。
この方、実にアジアからヨーロッパまでいろんなところに行ってますね。
私も7年前まで稚内からフランスへ一人旅を3回しましたよ。
旅は、誰と行っても一人でも好きですね。
Commented by kojiroumam123 at 2018-02-08 15:02
当時(47,8年前年)の事です
多くは・・若者(その中に私もいました)を集い・・・
あのオリンピックで使われた代々木選手村で・・ 
旅のノウハウを叩き込まれ(笑)・・
往復は同じチャーター機に乗るという、
夢のような(私には)驚きの(親は)ヨーロッパの旅の企画
飛行機を降りたら一人旅も自由に出来る、実際40日間の殆どが一人旅でした!
・・タイトルを見て、そのまんまだ!昔を思い出しましたヮ~
Commented by bienes at 2018-02-08 15:50
この本 なんだか逆に楽しそう!
もう二度としないだろう~と思ってもやっちゃうのが人間のサガだったりして・・
本にするほどの記憶が残ったのでしょうね
  読んでいない私は 好き放題言っています(#^^#)

ちなみに 旅の面白さは
世界遺産や名所も行きつつも 路地裏もいい。
ふとした偶然で出会うものや人が何とも言えないしハプニングさえもいいもんだったといつも思い出してニンマリしています
Commented by ukico32744 at 2018-02-08 16:17
> クララさん、
こういうタイトルを面白がってくれる人、好きです(^-^)
逆に「なになに?」って、そそられて、手を伸ばしちゃう人もいるかも。

指の絆創膏わかりました!?
爪がほんの少し割れて、それが、いろんなところに引っかかって、
気になったりイライラしたり💦

Commented by ukico32744 at 2018-02-08 16:21
> ゆうさん、
ゆうさんて、どこにでも一人でどんどん出かけるタイプと思いきや、
前にもそうではないこと聞きましたが、人は見かけによらないですね。
(会ったことがないのに、見かけは失礼ですよね。ゴメンナサイ。)
好きな場所は沖縄ですよね。

Commented by ukico32744 at 2018-02-08 16:26
ゆうさん、↑続きです (^^;

「ああ終わった~」なんてこと、言うのはまだ早いですよ。
何があるのかわからないのが人生ですから。
10年後、「沖縄からめんそ~れゴハンでーす」のblogやってるかもしれなししね。
Commented by ukico32744 at 2018-02-08 16:30
> sakaeさん、
sakaeさんは、ご主人とよく日帰りドライブされてますよね。
遠出して、美味しいもの食べて、お土産買って帰るのは、
ちょっとした旅気分です。
それもまたいいですよね~。


Commented by ukico32744 at 2018-02-08 16:41
> downhill50さん、
銀色さん、そんなイメージですか?
「つれづれノート」というタイトルで年に1~2回、もう25年以上続いてる、
文庫版エッセイがあるのですが、それを読むと、イメージ、かなり変わると思いますよ。
わたしは詩人というより、素の銀色夏生に凄く興味があるのです。

よく行かれるコンサートとかは一人移動ですか?
わたしは方向オンチの悩みが解消したなら、ガンガン一人で行動したいほうです(笑)
知らない土地では、地図が読めるオットが頼りになりますね。

Commented by ukico32744 at 2018-02-08 16:46
> Lynn6さん、
そんなぁ、気が小さいってことはないでしょう?(^^;
外国で生活されてること自体、わたしには「とてつもないこと」ですよ。
Englishを自由自在に操って、いつも日常生活を謳歌されて、憧れの眼差しで
blog拝見してます。
わたしのテキトーな感想は、読み流ししてくださいませ💦
Commented by ukico32744 at 2018-02-08 17:04
> Mさん、
妹さん、銀色さんのファンなのですか!?
詩集のほうかしら?
それとも「つれづれノート」かしら。
若い時は「そして僕は途方にくれる」とか、作詞家としても活躍されてたけど、
メディアの露出がほとんどない方なので、知る人ぞ知るの存在ですね。

24才のひとりフランス旅行が、今のMさんのベースになってるのでしょうね。
旅はひとりでも、誰とでも。。
う~む、Mさんは人間関係のバランスを保つのが、とても上手なかたと見ました(^-^)



Commented by ukico32744 at 2018-02-08 17:17
> こじろうママさん、
その旅こそ、それこそ、もう二度としたくともできない貴重な旅ですね!
新入社員研修並みに、オリンピック村で、日本人たるものをレクチャーされたのかしら。
そして、40日もの間、ヨーロッパに放牧された若者たちよ。。(←遠い目 笑)
現代の若者には、できない行動かもしれないですよ。



Commented by ukico32744 at 2018-02-08 17:23
> bienesさん、
「本にするほど…」。
そうそう、そこんとこ、さすが作家さんと思いました。
どんな旅でも、書き上げるのがプロというものですよね。
でも、モチベーション低い感じの執筆だったみたいです。

いいんですよ。好き放題で(笑)
わたしも好き放題で書いてますから~。

路地裏、いいですよね~。
わたしの好きな鎌倉も、路地や小路に魅力が詰ってると思います。

Commented by M at 2018-02-09 08:51 x
妹は、詩集とつれづれノートが好きだそうです!
Commented by ejichan555 at 2018-02-09 10:12
おはよう。
タイトルに引かれますねえ。
で、中身もちらり見せてもらって、これはいいなと。
ukicoさんもこのバージョンで「KAMAKURA」が作れるんじゃないのかなあ。
Commented by ukico32744 at 2018-02-09 17:25
> Mさん、
まぁ!そうですかー。嬉しいですね~(^-^)

つれづれノートに、この旅行のことの断片が書かれてるので、
きっと、妹さんも「ああ、あの旅行ね。」と思い当たるところがあるはずです。




Commented by ukico32744 at 2018-02-09 17:31
> エジちゃんさん、
うむ。「バカがつくほどKAMAKURA好き」
というタイトルではどうでしょう?(笑)
自画自賛で誰も見向きもしない絵が、らくらく想像できますね~(^^;

Commented by anatatoyu at 2018-02-09 18:26
ほんと?!
10年後は沖縄に住んでそう??
72歳だけど、それでもいいわあ(笑)
やる気が湧いてきた←何の?(笑)

昔好きな場所はパリでした。
↑ え?これも見かけによらない?(笑)
一人旅に行くくらいなら、家でおうどん食べとくわ〜
Commented by ukico32744 at 2018-02-10 14:17
> ゆうさん、
希望=実現とはいかないかもしれないけれど、
そうそう夢物語ではないのでは?
72才、まだ現役世代ですよ。
何でもいいから、やる気出してください。(笑)

パリかー。
また、ゆうさんのイメージこんがらがっちゃったぁ。。
って、ウソ。(笑)
藤田嗣治好きですもんね。わかりますよ。(^-^)
Commented at 2018-02-10 20:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seadream_t at 2018-02-10 22:20
ukiさん こんばんは。今は、周りに誰もいないのでワイン&洋楽CD聴いてます。
また、明日から寒波到来 雪だそうです!

タイトルの、こういう旅はもう二度としないだろう って、、
意味は違うけど、自分にあてて最近、大好きな鎌倉へ行き
ひとりっきりで海岸を撮り歩くと そう思ってしまうんです…
だから、今年の5月のお宿を予約しておくか…と先月早々と思ったけど、
ポチっとできませんでした 笑
ありゃ、ついに病んできたかな笑笑
Commented by ukico32744 at 2018-02-11 23:27
鍵コメさん、
マイペース、それが一番ですよねー。


> 鍵コメさん、
マイペースで続けることが、一番ですよね。
余裕のないときは、ワタシだって、ブロクは二の次、三の次です(笑)
更新が増えることを、地味に楽しみにしてますヨ(^o^)
Commented by ukico32744 at 2018-02-11 23:40
> seadream_tさん
seadreamさんの鎌倉旅は、誰も真似出来ない、贅沢旅と想いますよ。
大好きな海辺を時間をかけて歩いて、写真を撮ったり、シーグラスを探したり。。
好きな場所があって、そこに行きたいという気持ちが、日々のモチベーションを高くしてくれます。
5月ですか⁉
もう予約しちゃったほうがいいですよ。
ここ数年は、宿泊の予約がなかなか取りづらくなってるのが、悩みです(T_T)
名前
URL
削除用パスワード
<< 法事が終わって ある日の読書『海の翼』 >>