<< ある日の読書『孤独のすすめ』 春のフルコース@まめひな >>

ある日の読書『海馬の尻尾』

f0315332_17064784.jpg

海馬の尻尾  荻原 浩


タイトルから、ストーリーがまったく想像できないのですけど、
「海馬」とは、脳の器官のひとつで、記憶や学習能力に関わる器官だそうです。


主人公はアルコール依存症のヤクザ。
恐怖の概念が自他ともに薄く、良心のかけらもない「反社会性パーソナリティ障害」と診断される。

恐怖心、良心とも無い人なので、とにかく攻撃的で破滅型。
組の頭(カシラ)からも、クレージーぶりを指摘されるほど。

この障害を治すために病院施設に収容されるのは、表向きの理由で、
実は追手から身を隠すためのものだった。

.......................................


前半は、アウトレイジさながらの暴力シーンが、次々飛び出して、読む気が失せるけれど、
荻原浩さんの書く小説には、奇抜などんでん返しがあると信じて読み進む。

荻原浩さん、いろんなジャンルの小説をお書きになってますが、
わたしは、このかたのアットホーム的な小説ばかり読んでいたので、
この小説のストーリーには度肝を抜かれました。


.......................................


一目見て「極道」だとわかる主人公には、誰一人寄りつく者がいないし、
寄り付かせないオーラをギンギンに出しているので、
心を許せる相手など、ひとりもいない。

そんな彼の前に、染色体異常の「ウィリアムズ症候群」の、小さな女の子が現れる。
主人公とは別な意味で「恐怖の概念」がなく、他人への共感度が高いがゆえに、偏見や警戒心が希薄。

彼は収容所で、初めて心を許せる人に出合う。


........................................


ラスト、こうなってほしいと願うことが、裏切られる。

すっごく怖いけど、すこし可笑しく、そして悲しい小説でした。



~おまけ~

f0315332_18042024.jpg


sakaeさん、パイの実シロノワール味、見つけましたよ! (^-^)


[PR]
by ukico32744 | 2018-04-17 18:08 | ある日の読書 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29727419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae2009 at 2018-04-17 20:30
北海道にもありましたか。
まだ食べていませんので味わかりません。
Commented by zipgrrl at 2018-04-18 06:52
これ、愛知のお土産にいいかと思ったら
全国に売ってると知りました。コメダも全国版ですからね。本物には劣るけど、美味しかったです。
Commented by M at 2018-04-18 07:20 x
脳にまつわるお話かと思いきや!
主人公がアルコール依存症のヤクザの話ですかぁ。
ukicoさんは、ほんと、色々なジャンルの小説、ご存知ですね。

へぇ、パイの実のシロノワール味があるのですね。
早速、コンビニで見て見ます!
昨日、母とふきのとうがたくさんなっている空き地に摘みに行き、
夕飯は、ふきのとうの天ぷらにしました!美味しかった!
春の味ですね!
Commented by 01914383i53678 at 2018-04-18 10:03
「海馬」、てっきり海に住む動物とか魚の名前だと思ってました(・_・;
荻原作品は、面白くて笑える。
そんなイメージがありますが、この作品はプラス怖くて悲しいんですね。
読んでみたいです!
Commented by ukico32744 at 2018-04-18 16:31
> sakaeさん、
ありましたよ~⤴
わたしもまだ食べてません。
いつ食べようかな。
箱を開けると、あっという間です(笑)
Commented by ukico32744 at 2018-04-18 16:36
> zipgrrlさん、
ぷろとんさんも食べました?
パイの実シロノワール味、美味しいことは、軽く想像できますね。
ご当地お菓子と思いきや、全国区だったー!のこと、けっこうありますね。
先月行った静岡にあった「キットカットわさび味」、買おうか迷って買わなくて正解。
こっちにも売ってましたから。(^^;
Commented by ukico32744 at 2018-04-18 16:48
> Mさん、
わたしの読書歴、よく言うといろんなジャンルといえますが、支離滅裂なんですよ。
新聞の書評に紹介されて興味が魅かれると、すぐ図書館に予約することにしてます。
あとブロ友さんご紹介の本もね。
「海馬の尻尾」は嫌いなかたもきっといるはず。
でも、世の中きれいごとだけではないので、たまに灰汁の強い本も読みたくなります。
シロノワール、セイコマにあるといいですね。
手積みのふきのとう、美味しかったでしょうね。
北国へようやく届いた春の味。感慨ひとしお♡
Commented by ukico32744 at 2018-04-18 17:01
> ちぃさん、
けっこうハードな場面がありますから、心して読んでくださいネ(笑)
そうなんです。荻原さんは心が和らぐストーリーを書く方、というイメージなのですけど、
真逆の題材で驚きました。
けっこう奥深いですよ。
この小説の背景は「二度目の原発事故」が起こったと書いてるので、今よりもう少し先の
時代なんだと思います。
Commented by kojiroumam123 at 2018-04-18 18:00
海馬を活性化するには・・・
読書、運動、が良いと、今朝のあさイチで言ってましたね!
それから、もう一つ・・・三つです・・もう、忘れました💦
ん~~~!もう一つ思い出せな~~い(-_-;)
Commented by M at 2018-04-19 06:55 x
パイの実のシロノワール味、セコマにありましたよ!
昨日、早速買って食べました。
苺ソースと生クリーム、小倉あんの味、再現されていますね。
チョコでしっかりと!苺ソースの味濃いけどね。面白い味でしたね。
Commented by bienes at 2018-04-19 12:26
昨日図書館に行って どの本をかりようか?と迷いました
本って本当に 実に多いんですね
いったい何を読めばいいのか?と・・・
結局知っている方のモノを借りました
ukicoさんのジャンルの多さにいつもびっくり~
どうしてそんなに読みたい本がみつかるの~?と七不思議のひとつ(#^^#)
Commented by ukico32744 at 2018-04-19 18:11
> kojiroumam123さん
きのうのあさイチでですか⁉
それはタイムリーでしたね。
あとの一つ気になりますね。
会話?とか?
とにかく刺激を与えることね。
ガッテンです♪
Commented by ukico32744 at 2018-04-19 18:13
> Mさん、
セコマにありました⁉
それは良かった(^o^)
わたしまだ食べてないのです。
週末のお楽しみにします。
Commented by ukico32744 at 2018-04-19 19:16
> bienesさん、
え~と、書店をフラフラしたり、新聞の新刊案内、書評欄など読むのが好きだったり。
そんな感じで、読みたい本をチェックしています。
あと、友人や読書好きのブロ友さん情報も参考になりますね。
図書館の貸出本人気ランキングを見るのもいいかもしれません。
もう直感で、これ!って決めて読んだら、まぁまぁ面白かったり。。
けっこうテキトーに見つけてるんですヨ(^^;




Commented by seadream_t at 2018-04-20 18:20
最終的には良い意味で刺激的な小説のようですね‼️
若いとき なぜか?一時だけ 小説を読んでたけど
いまはまったく…^^

今日午後から、金沢から特急で1時間ほどの福井市で
会議あり 早めに終了…戻って金沢で呑もうかとも迷った
のですが、辞めました 笑
福井駅前で少しだけ時間あり、とても心地よい風でした^^
たまには、独りも良いんですがね。
Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:00
> seadream_tさん、
相変わらずお忙しいですね。
小説は気分転換にはいいと思いますが、わたしたちの年になると、逆に目が疲れて
ダメ(>_<)というかたも、けっこういらっしゃいますね。
seadreamさんの一番の気分転換は、やっぱりフォトでしょうか(^-^)
福井でブラブラ。また金沢とは違った風が吹いてましたか?

名前
URL
削除用パスワード
<< ある日の読書『孤独のすすめ』 春のフルコース@まめひな >>