<< 日に日にあたたか ある日の読書『海馬の尻尾』 >>

ある日の読書『孤独のすすめ』

f0315332_18145179.jpg


孤独のすすめ 人生後半の生き方  五木寛之

元気な百歳老人。孫に囲まれる老後。
本当にそれだけが幸せでしょうか。
人生後半は十人十色。
人間は年を重ね「成熟」し、孤独だからこそ豊かに生きられる。
上手な人生の減速=シフトダウンのための必読書。


..................................


日々お年寄りに接する仕事をしていると、自分の老後に思いを馳せる機会は多いです。

そんな中、何気にタイトルに惹かれて、図書館から借りてきました。

シフトダウンかぁ。。。

抑揚のない単調な人生を送っているわたしには、シフトダウンの時期が解りかねます💦


年を取ることは登山に例えると下山で、登るより下山の方が難しい。
だけど、見晴らしがいいのだ。

この文章には「そだねー」と共感しました。

年を重ねると、広角にものが見えるようになったのは確か。
見晴らしのいい場所に立っているのかも、と思う。

若い時の自分の価値観が全てと思ってた傲慢さは、
例えば、山を登る時の必死の形相だったのだと、
今にして気付いたりして。


......................................



f0315332_19221513.jpg


ピラティスに着るウェア(ボトムス)が欲しくて、
札幌駅周辺のお店をウロウロ

ひとりランチは大丸デパートの「茶語」にする。

狭い店内、ワタシの座ったテーブル周りは女子二人連れが3組。

ひとりのワタシを囲むように、3組のとりとめのない女子トークが繰り広げられる。

女子って、いっぱい話すことがあるよねー。

わたしのバッグの中には「孤独のすすめ」が入っていたのだけど、
この場所で、今この本を出すわけにいかぬ、と強く思う。(笑)

黒酢麺をズルズルすすりながら、耳から耳へと、女子トークを聞き流すのでした。

ピラティスのウエアはいろいろ回って、結局ユニクロのエアリズムワイドテーパードパンツにしました。
いつも、けっきょくユニクロになっちゃうのよぅ。







[PR]
by ukico32744 | 2018-04-20 19:49 | ある日の読書 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29734074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae2009 at 2018-04-20 20:46
一人で買い物ランチも出来てゆっくり出来ましたか。
結局いつものお店で買い物。
でも目の保養も出来良かったですね。
Commented by bienes at 2018-04-20 21:02
やっぱりユニクロさん 最強ですね(#^^#)

五木寛之さんのこの本読んだことがあります
私も下山の風景がいい!下山が難しいけどでも見晴らしがいい!というのが印象的でした。
ほんとにそうだなあ~と思いました。

今橋田寿賀子さんの”恨みっこなしの老後”を読んでいます
結構 爽快です
Commented by momoseke at 2018-04-21 06:20
五木寛之さん金沢に縁があるのよ。
ローカルだけど「金沢百景」とかの番組で
ナレーションされてるしね。
奥さんが金沢の人なんよ。

ところでこの本、タイトルが興味深いわぁ
さっそく読んでみるわ!
Commented by M at 2018-04-21 07:15 x
五木裕之さんの作品は、読んだことないですけど、この方、好きです。
孤独のすすめってタイトルが気になりますね。

あぁ、大丸デパートの茶語って中国茶のカフェですよね。確か?
私、前にお茶したことあります。
ふふ、私も一人でよくカフェや食事しに入りますよ。
一人でいると、周りの会話がよく耳に入り込みますよね!よくわかります。
Commented by ejichan555 at 2018-04-21 09:58
トシ取って、見渡す景色が良くなるのは、きっと風景をふさぐ障害物がなくなったからかもしれないとボクは思います。
確かに「円熟」という言葉がそれを物語っているのかもしれませんが、いや、目の前から、邪念や他の生命が取り払われてきているのでしょう。
でも、いつまでも「青年は荒野をめざす」でいたいです、ボクは。
Commented by 01914383i53678 at 2018-04-21 11:00
何を幸せと感じるのかは、人それぞれなんでしょうね。
ひとりじゃない楽しさもあり、ひとりの楽しさもあり。
確かに、孤独であっても充実してるのよ、と言える老後が理想なのかもしれませんね。
でも、わたしはまだそこまで肝が座っていないので、人に頼ったり、甘えたり。
いけませんね。
Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:08
> sakaeさん、
はい、ゆっくり出来ましたヨ。
駅近の大丸でスポーツウエアのバーゲンがあり、そちらで購入しようと出かけたのですが、
ユニクロ製の着心地のほうが良くて、結局ユニクロに落ち着きました。(^^;
お値段以上のユニクロ、あなどれませんね。
Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:20
> bienesさん、
「孤独のすすめ」、読まれてたんですね。
五木さんが仰るこの人生観は、タフにパワフルに過ごしてこられた方ならではの、後半の人生観と思いました。
橋田寿賀子さんの「恨みっこなしの人生」って、タイトルが面白いですね。
なんかドラマが一本できそうな感じがしますね。
やっぱり読後感がいいものを読むとスッキリします。
「孤独のすすめ」は、納得したけれど、爽快というほどでもなかったですよね。

Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:24
> モモセさん、
知ってますよ。五木さん金沢に縁が深いかたですよね。

「早速読んでみて~」とオススメしたいところだけど、10年後くらいに読むと、
もっとしっくり共感できるかなーと思いました。
本のタイトルは大事ですよね。
わたしもこのタイトルにそそられた一人です(^^;

Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:34
> Mさん、
五木さん、わたしも読んだことあったけ?ないかも~(-_-;)
お名前はよく聞く作家さんなので、なんか読んだ気にさせられますね。

大丸の茶語、久しぶりに入りました。
お茶を何倍も煎じて飲めるので、わりと長居できるカフェですよね。
静かにランチしたいな~と、ここのお店に入りましたが、失敗したかも💦
でもランチもデザートの豆腐花も美味しかったですヨ。
Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:44
> エジちゃんさん、
わたしは年齢的に、低い山をやっと登り切って、一休みして、下山を試みる頃と思うのですが、あまりの見晴らしの良さに、下山してしまうのが勿体ないと躊躇してるような、
そんな気分かもしれないです。
ずっとエジちゃんは「青年は荒野をめざす」でいてくださいね。
人それぞれで、万人が下山することはないのですから。

Commented by ukico32744 at 2018-04-21 14:54
> ちぃさん、
幸せの感じ方は、ほんとうに十人十色ですよね。
「孤独のすすめ」は、少し極端なタイトルと思います。
人生100年時代が到来して、折り返しの長い期間を、どのように考えて過ごしたらいいかの
アドバイス的な書、と思いました。
あと10才大人になって(年を取ったらということネ)、もう一度読んでみると、違う風景が見えるかも。。そんな本でした。

Commented by mariakulala at 2018-04-21 16:51
私も この本読みたいなと思っていました。
最近 このような本増えましたね。
でも 孤独=寂しいと思うのは周りで
本人は意外と気楽で、、実家の母のことです!
黒酢麺 ボリュームたっぷり 美味しそうです。
黒いのはキクラゲですかヘルシーですねー。
ウエア買われたんですね。
UNIQLOにもあるんですか?今度のぞいて見ましょう
Commented by seadream_t at 2018-04-21 22:40
ukiさんは、いつもありがと♡
ukiさんは、シフトダウンなんて まだまだ早すぎやね^^
自分も含めて、これからしたいことたくさん、愉しいですよね🎶
ぼくは、今日天気良すぎて、バイクや旧車、シフトdown&UP楽しみました笑

五木寛之氏、たぶん金沢の方も仰っておられますが、
金沢をこよなく愛している方です。
たしか主計町の無名な階段、たまにぼくが歩いてる少しの坂の階段の
名付け親でもあるのかな。
隣町の内灘町がベースな 内灘夫人という小説もあるかな^^
Commented by ukico32744 at 2018-04-22 12:11
> クララさん、
ちょっと参考までに読んでみるといいと思いますよ。
そう、孤独=寂しいは、割と回りの偏見だとわたしも思うのです。
わたしもどちらかというと、孤独=人に振り回されない穏やかな老後と
考えるほうです。
お母様、いい老後を過ごしてらっしゃいますね♪
ユニクロには、スポーツウエア盛り沢山にありますよ。
安価ですし、ブランドにこだわらなければ、ユニクロでも充分と思います。(^-^)
Commented by ukico32744 at 2018-04-22 12:28
> seadream_tさん、
同年齢でもseadreamさんは、高い山を登山途中と思いますヨ。
十人十色で登る山の高さも違いますよね。
わたしも、パートながら働いているうちは、シフトダウンしてられないなぁと
思ってます。
五木寛之さんは、あの趣のある石段を名付けられたのですか。
調べると金沢にまつわる本を、けっこう出版されてますね。
五木さんゆかりの喫茶店「ローレンス」、気になります。


Commented by seadream_t at 2018-04-22 17:20
ukiさん 自分は、そろそろ下りに差し掛かっているような気がしています。
若しくは、途中で道に迷い 右往左往しているのかもしれないな 笑
が、仕事面では、以前より精神的にも肉体的にも穏やかになっています^^
なので、呆けるかもしれません 汗

五木さん名付けの坂は、1月4日の記事に収めてある『あかり坂』
小説の題にもなっているようですね。

ローレンスですか‼︎ 人気店です。数年前に、友達と行ったら
満席だったか?閉店時間だったか、入れなく残念でした。
ただ、年配の女性の丁寧な対応が印象にあります。

んー福井、喋りのイントネーションが可愛いらしいんですよ^^

Commented by kojiroumam123 at 2018-04-23 10:56
人生後半の生き方・・
今、正に目の前を通り過ぎている!
上映中の「LUCKY」(まだ観ていませんが)これ!の サブタイトル?
”孤独” と ”一人”は同じじゃない!と・・
後半もとっくに過ぎて・・どう生きるか?・・
いやいや、どう終わらせる事が出来るかが大問題!
本を読まない私ですが・・これ!読んだ方が良いかしら?
Commented by ukico32744 at 2018-04-23 14:49
> seadream_tさん、
途中で道に迷いましたか。
あっちいったりこっちいったり、わたしもしょっちゅうですよ。
突き当たりゴツンは痛いものです💦
ボケるかも。と言ってる人で、ボケた人を見たことがないです。(笑)
「あかり坂」! 五木さんステキなお名前つけますね。
「ローレンス」は五木さんゆかりの喫茶店のようで、
その女性の店主さんも含めて、一見の価値があるみたい。(^-^)


Commented by ukico32744 at 2018-04-23 15:03
> こじろうママさん、
今は人生後半が長すぎて、どう生きるかどう終わらせるかが課題ですね。
ひと時代前の人にしてみれば、なんて贅沢な悩み。。と云われそうですが(^^;
この本読むより、「LUCKY」を観たほうが、手っ取り早く「孤独」の意味が
理解できそうですよ。
映画「LUCKY」の公式サイト見てみました。
うんうんなるほど。。観たくなる映画です。
札幌でも一カ所で上映中でした。


Commented by mayamaya_1k at 2018-04-23 20:39
そだねー(笑)うん、うん
私もシフトダウンしていきたいです。
この本絶対の読みたい♪♪
ご紹介頂きありがとうございます!!
Commented by ukico32744 at 2018-04-24 16:05
> まやさん、
久しぶりのblog、拝見させていただきました。
春からとてもお忙しく活躍されてるようですね。
充実した暮らしぶりがうかがえました。
まだまだシフトダウンは早いですよ。
まやさんの夢のある作品、またご紹介してくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 日に日にあたたか ある日の読書『海馬の尻尾』 >>