<< ある日の読書『たゆたえども沈まず』 白いティッシュケース >>

介護の仕事をしてみます。

f0315332_18555313.jpg


5/12から、介護職員初任者研修が始まりました。

..............................


わたしの勤め先はサービス付き高齢者住宅です。

食事の配膳、共用スペースの清掃、事務所の留守番など、雑用係として働いて一年が過ぎました。
この仕事、わりと気に入ってます。
高齢者向けの施設というと、暗い印象もありますが、ここのサ高住は元気な入居者さんほか、
少し認知症が進んできたかたや、車いすのかた、全盲のかたと、いろいろなキャラクターの方が住んでらっしゃって、日々、いろんなことが起こります。
飽きない、と言ったら語弊があるかしら💦(^^;
高齢者のかたは、いくつになっても、生きよい過ごし方を求めています。
入居者さんもわたしたち職員も、高齢者施設という小さなコミュニティの一員です。

なにしろ、介護や高齢者に関わる職種は、どこもかしこも人手不足です。
なので、その場しのぎに動くことは、もう致し方ないことで、
わたしは時々、介護職(前はヘルパーさんと云いました)である職域のグレーゾーンに踏み込みながら、
わりと、使い勝手の良い人として、臨機応変に働いてきました。

入居者さんのお部屋の掃除・洗濯(わたしは掃除好きなので、この仕事はウェルカム♪)はもう当たり前のように、こなしています。
介護職の資格がないと、ほんとはNGなのですが、入浴などの身体介助がなければ、容易いことです。

事務所にわたしだけの時に、入居者さんのトイレコールが鳴ることがあります。
最初は慌てふためきましたが、排泄介助は、まず自分の感情に蓋をすることが必要です。
慣れてくると、スピーディーに介助される方が苦痛を伴わないように。
何よりそれを一番に考えるようになります。
もちろん、先輩介護職のかたのやり方を、そっ~と、トイレの影から見させてもらって学習をした上でのことです。

そんなことを繰り返しているうちに、介護職の資格を取ることが、自然の流れ、気持ちの行き着くところとなりました。

..........................

親子関係が、人それぞれであるように、介護に対する考え方も、人それぞれ。

初日の講習で、一番に講師の方が仰ったのは、介護に正解はない、ということです。


わたしは、今は亡くなった父親をたった一か月ほど、介助的なことをやらせてもらって、
入浴介助の時などは、父とわたし、お互いに体力も感情もヘトヘトになったものです。
親子の「情」というものは、奥深いもので、尽くしたいという気持ちが空回りしだすと、
良いことをしている気も失ってしまいます。

わたしは介護は、ある程度はプロに委ねたほうがいいと思っています。
わたしは仕事的にこの資格をフルに生かしたいですが、
母が介護が必要になった場合、全身全霊で介護します、とは言わないと思います。


わたしは、まだ介護の「か」の字も理解してないくらいのひよっこですが、
講師のかたが仰って、すとんと、気持ちの中に落ちてきたのは、

健やかに明日を迎えるために、今日、身辺をキレイにしてあげて、美味しく食事をとっていただき、良く眠っていただく。

介護職は、もうそれが全てではないかとということ。

その方の人生の背景や考え方を、思いやった上で寄り添った介護が一番いいのでしょうが、
それはあまりにも志が崇高すぎて、ヘタレ熟年介護者のわたしには無理っぽいですが、
「衣食住」を整えることが明日に繋がるということであれば、喜んで!とやらせていただきます。


..............................


7月半ばまで土日は全て講習の予定が入ります。
そして実習、修了試験。すべてが終わるのは7月末です。

さらに、合間に宿題💦(地味に毎週出ます)

受講期間中は、仕事のほうは少し軽めに…とお願いしてるのですが、さてどうなりますか。

オットにも母にも気を使わせてしまいますが、二人の協力体制なしには、できないことです。
(オットさんよろしく!母の協力とは、病気をしないで元気でいること 笑)

blogのほう、更新がないときには「余力がないのね~」と思ってくださいませネ。(^^;



f0315332_18462920.jpg


桜が終わると、目線は下へ。。

今、通勤の遊歩道は、芝桜がキレイです。




[PR]
by ukico32744 | 2018-05-15 18:50 | 半径日常 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29789558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by anatatoyu at 2018-05-15 19:13
初歩的な質問でお恥ずかしいですが、介護職員とヘルパーは違うのですか?
施設にお勤めの人のことかな。

いつも思いますが、ukicoさんは勉強熱心ですねえ。
頭が下がります。

私は母一人のことも満足にできませんが、毎日気分良く暮らしてくれたらと思うだけです。
先のことをあれこれ悩んでも仕方ないので、事が起これば冷静に対処したいけど、勉強熱心ではないのでどうなりますやらです。

お仕事をしながらのお勉強ですね。
ukicoさんのことですから、うまく両立されるでしょうが、お身体無理されませんように、頑張ってくださいね。
Commented at 2018-05-15 19:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariakulala at 2018-05-15 20:37
うきこさん いつも前向きで挑戦する姿 尊敬です。
介護も 他人と身内ではやはり違います。
私も 実の母になるとつい イライラしたり、、後でもっと
優しい言葉かけてあげれば、、なんていつも思います。
凹むこともありますよ・
うきこさん 忙しいですが応援しております・
芝桜のピンクにムスカリのブルー素敵です(#^.^#)
Commented by sakae2009 at 2018-05-15 20:48
介護の経験ない私です、大変なお仕事ですね。
介護職員の研修頑張ってください。
Commented by ukico32744 at 2018-05-15 21:02
> ゆうさん、
介護初任者研修とは、介護の仕事を始める人が、まず最初に取る資格です。
この資格を前はヘルパー2級と云ってたので、介護職の人を、今もヘルパーさんと
呼ぶ人が多いですね。
施設でも居宅でも、介護する人は、この資格を持った人たちです。
わたしは成り行き人間で、頑張り屋でもなんでもないのです。
成り行きで、うまくいくこともあれば、失敗もありました~💦
でも、このお仕事は、もう手を染めてることもあって、なんだかうまくいきそうな
気がします。
わたしは自分の母に、ゆうさんのように24時間尽くせないので、逆に頭が下がる思いです。
Commented by ukico32744 at 2018-05-15 21:11
> 鍵コメさん、
お久しぶりです♪
わたしは介護職だけは遠慮しますという気持ちが、なぜか、今の職場にハマってしまいました。
フフ、奉仕線ですか!?
ありますよ~、薄くね。
資格を取って、自覚が出てきたら濃くなるかしら。楽しみです。
同じ思いで頑張っているかたがいると思うと、遠い距離感が、ぐっと近しい存在に
なりますね。
鍵コメさんも頑張ってくださいね。
コメントありがとうございました。
Commented by ukico32744 at 2018-05-15 21:21
> クララさん、
尊敬なんて。。ハズカシイわ(^^;
他人と身内の介護、わたしも違うと思います。
お互い主張や甘えが前面に出てしまうところが、身内の難しいところ。
感情のコントロールは、身内のほうが大変です。
でも、身内の介護に献身的に尽くされてる方もたくさんいらっしゃいますね。
出来ることは惜しみなく、出来ないことは無理せずに。がいいですね。
ブルーのムスカリわかりますか?
可愛いな~と思ってパシャリ!
Commented by ukico32744 at 2018-05-15 21:23
> sakaeさん、
はい、ありがとうございます。頑張ります。
眠気との戦いかと思いきや、講師のお話が思いのほか楽しくて、
初日二日目は、セーフでしたヨ(笑)
だんだん疲れてくるので、この先がちょっと心配です(-_-;)

Commented by sugishoo at 2018-05-15 21:29
こんばんは、ukico様
思い立ったら吉日、是非資格取得に向けて頑張って下さい!
今の職場はもう一年も続きましたか?
Blog的には、職場で悪と戦い3ヶ月ほどで啖呵を切って職場放棄して来ることが面白いですが? m(._.)m
Commented by ejichan555 at 2018-05-15 21:43
こんばんは。
前を向いて歩んでいますね。
微力ながら、応援しています。
腹減ったら、ヘルプください。
うまいもの差し入れしますよ。
Commented by zipgrrl at 2018-05-16 00:08
素晴らしいチャレンジですね!介護の技術も考え方も、人が生きる上で大事なものだろうと思います。お仕事しながらで大変でしょうが頑張ってください!!
Commented by momoseke at 2018-05-16 02:09
うちの父はショートステイ
デイサービスと介護の方たちに
お世話になりながら過ごしてますよ。
母もじきにそうなります。
やっぱりプロはプロ!
そうかぁukiさん頑張れ!
なんか記事読んでて
私も勇気もらった。
Commented by miqu_7cd at 2018-05-16 06:42
私は、ホームへルパー2級という資格制度が導入された頃、
3ヶ月の講習と実修を受けて、排泄の問題で挫折してしまいました。

介護施設に行った時、私たちは実際の介護はしたわけでないのですが、
職員さんたちの会話を披露して下さったなかで~私は食事ができなくなると・・・・おじけつきました。

でも、その時学んだことは、介護される人にそうという事でした。
これは、身内の場合は難しい…特に私はと思ったのが正直な話。

いろいろチャレンジしてるお話を聞くと、こちらも何かできそうな
気持ちに陥ります。
頑張って下さいネ!でも、肋骨は大事にね!(笑)
Commented by M at 2018-05-16 07:58 x
介護される側もする側も頑張らないのが一番いいですね。
適当な関係と言うのかなぁ。そんな感じがいいような気がします。

介護職員を目指して勉強されるのですね。
ゆっくりと無理せずにやって下さいね。稚内から応援しています。
7月末までの長い道のりですね。頑張らないでね。適当にね。
Commented by the-noir-119 at 2018-05-16 08:06
おはようございます。
資格取得、がんばってください!

私は看護師をしています。
看護師といえば、採血や注射をイメージしますが、看護とは生活の援助をすることです。
これは私の考えですが、食べて、寝て、排泄することが人間の基本だと思いますので、これらをスムーズに快適に行えるよう援助することが看護であり、介護だと思います。

排泄介助について考えられたukicoさんは、しっかり介護について学ばれています!
これをきっかけに、ukicoさんに介助してほしいと思う入居者さんが増えて忙しくなりますよ〜!笑
心から応援しています♡
Commented by 01914383i53678 at 2018-05-16 09:35
新たな挑戦ですね。
心から応援します!

忙しい合間にも、本を読んだりと自分の時間が少しでも持てるといいですね。
とにかく、無理はしないこと。
自分の身体を大切に、これが一番です。
Commented by kojiroumam123 at 2018-05-16 15:55
介護という、大変なお仕事に挑戦されるんですね。
尊敬します!
 母は施設に入って3年程ですが、そりゃあ もう 大変で・・
今でも介護してくださる人によっては機嫌が悪くなるみたいで、
介護の方に申し訳ないと思っています。
体が不自由でも頭がハッキリしているのと、体は元気でも頭が不自由?
どっちが、迷惑かけずに済むか考えてしまいます。
兎に角 いつ お世話になる身になるかもしれません。せめて、
「ありがとう」の一言が言える年寄りになりたいです。
Commented by ukico32744 at 2018-05-16 16:01
> SUGIさん、
はい、いい日旅立ち(違うかぁ 笑)。頑張ります。ありがとうございます。
あら!
SUGIさん、もしかして歯科クリニックのこと言ってます?
やだ~。。すっかり忘れてたのにぃ。
面白がらないで下さいよー(笑)


Commented by ukico32744 at 2018-05-16 16:07
> エジちゃんさん、
応援ありがとうございます。
えーと、言っていいですか?
ラッピのチャイニーズチキンバーガー、
千秋庵のどらやき、
五島軒のチョコブラウニー、
カールレイモンのマスタード。
あら、調子に乗り過ぎたかしら~(笑)
Commented by ukico32744 at 2018-05-16 16:14
> zipgrrlさん、
ありがとうございます♪
あまり大きな志はないけれど、今の仕事の延長線上で、もう少し踏み込んで
お仕事できたらいいなぁと思って。
大変でもないのですが、若い時に比べると、体力も知力も集中力も、
なにもかも落ちてきているので、後半バテないようにしなくては!

Commented by ukico32744 at 2018-05-16 16:22
> モモセさん、
モモセさん働いてるのだから、介護のほうはプロのお世話になりつつ、
精神的にゆとりが出来た分、お父様に優しくして差し上げる方が、
お互いのためにいいと思います。
お母様も休める時間が出来るし。
みんなが束の間でも、笑顔になれることが大事よね(^-^)
そのうちヒーヒー言って、わたしがモモセさんから勇気と元気もらうかもしれませーん💦

Commented by ukico32744 at 2018-05-16 16:36
> ミズキさん、
そうなんですね。
やはり排泄介助は壁なんですね。
わたしの職場に、とても尊敬できる介護士さんがいて、その人の立ち振る舞いや行うことが、
とても勉強になるんです。
間近に「お手本」があるということはラッキーでした。
排泄介助は特に「慣れること」が必要ですね。
これから学ぶ人に、気持ちが萎えるような話は禁物ですよねー。
職員さんは、武勇伝のつもりなんだろうけれど(笑)
ミズキさんの、アイヌのお着物制作も、素敵なチャレンジです。
お互いに頑張りましょ。肋骨、少しづつ痛くなくなってきてる、と思うようにしてます(笑)
ありがとうございます(^-^)
Commented by ukico32744 at 2018-05-16 16:46
> Mさん、
はい、ありがとう♪
「適当に」は、わたしの真骨頂ですから(笑)
介護の資格を取っても、今の職場でずっと働くつもりなので、
気心のしれた同僚と入居者さんの中で働くことは、気を張りつめることなく、
いい意味で頑張らなくてもやっていけるような気がします。

北海道の一番いい時期が、今年はあっという間に過ぎ去って行きそう。。(>_<)
Commented by ukico32744 at 2018-05-16 17:01
> noirさん、
介護講習の講師さんも、まさにnoriさんと同じことをおっしゃってました。
目に見えない「幸せ」を、目に見えること(寝て食べて排泄して)で、
実現させるということは、改めて考えると、人は生きるうえで基本的なことが、
幸せの土台なんですね。
という倫理感を、リアルな現場の話を混ぜ込みながら、教わった初日二日目でした~。

わたしは先に現場を少しでも体験できたのが良かったと思います。
noriさん、お部屋開いてますから、どなたか紹介してくださる?なーんてね(笑)
ありがとうございました。
Commented by ukico32744 at 2018-05-16 17:07
> ちぃさん、
ありがとうございます♪
読書もしたいし映画もみたいし、だら~んと脱力する時間も欲しい。(^^;
欲張りですが、無理はしませんよ。
この年で無理は禁物!いつか付けが回ってきますから。
本を読めない時は、ちぃさんblogで、読んだ気分を味わせてもらいますネ(^-^)
Commented by ukico32744 at 2018-05-16 17:22
> こじろうママさん、
そうですか。確かに介護を受ける人と、介護する人の相性ってありますね。
人としてのプライドを保ってくれる人か、そうでないかで、好き嫌いが決まるかも。
介護受ける人は、敏感に感じ取りますから。
わたしが今講習を受けている社会福祉法人では、最高齢80才のかたが介護職に
ついてるそうです
ビックリ!ですが、確かに手慣れた指先の安心感はありますね~。
介護って、奥深いです。大丈夫かぁ!?わたし💦(*_*;
Commented at 2018-05-16 21:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-05-16 21:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< ある日の読書『たゆたえども沈まず』 白いティッシュケース >>