<< 松本思い出つれづれ 南瓜へのつきることのない愛に仰... >>

松本「珈琲まるも」のスロウな魅力

f0315332_16033359.jpg


松本の町、あまり下調べをせずに来たのですが、
松本入りする前日、駒ケ根の酒蔵ご夫婦や、居酒屋のお姉さんから、
松本へ行ったなら、ここがオススメ!的なレクチャーを受けました。

そのひとつ、松本という町は、
なんたって「民芸家具」の町だというのです。

町の中を流れる女鳥羽川(めとばがわ)沿いの民芸茶房「珈琲まるも」は
すべての空間が、使い込まれた松本民芸家具という、とても安らぐ喫茶店があることを
教えてもらいました。


とても有名かつ人気で、開店早々並ぶということだったので、
松本から発つ日の数時間を、あえてウロウロ動かずに、「珈琲まるも」ためだけに費やすことにしました。

f0315332_16291955.jpg


20分くらい並んだでしょうか。
意外とすぐに入ることができました。

ひとつひとつ心を込めて丁寧に作っていますので、
少々お時間いただきます、と店内に書いてありました。

なので、たっぷりお時間かけて、出てきましたヨ。
どこぞのシアトル系コーヒーとは、真逆の攻め方(笑)


f0315332_16373289.jpg

どこを切り取っても、松本民芸家具の趣き。


f0315332_16382740.jpg


使い込まれ、いい艶感の民芸家具たち。

f0315332_16392827.jpg


slow slow

ゆっくり時間が流れる店内


..............................


おまけ その1

f0315332_16572349.jpg


ここのお店に入って思い出したのですが、ずっとずっと前に伊藤まさこさんの
「松本十二か月」という本を読んで、
確かこの喫茶店、本の中で紹介されてたような。。。と。

ふとそんなことを思い出したので、検証のため、帰ってきてから早速図書館で借りてきました。

やっぱり、書いてありました⤴⤴

伊藤まさこさん、5年ほど松本で暮らしてたんだったわ。

そういえば、松本の女の子は、ナチュラル系のオシャレ女子が多いな、と感じました。

伊藤まさこさんはナチュラル系女子の憧れの存在でもあるから、
松本のナチュラル系センスの高さが、納得できたような気がしました。


...............................

おまけ その2



f0315332_16435626.jpg

f0315332_16443021.jpg


さて、「珈琲まるも」間違い探しです。

上の2枚の写真、同じようでどこかが違うの。

わかる? (笑)


[PR]
by ukico32744 | 2018-05-31 17:21 | 名古屋・信州(2018/5) | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29823159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by anatatoyu at 2018-05-31 17:38
間違いは一つですか?
それなら、二階の窓にお布団があるのと無いの。
他にあるなら、今からじっくり探します(笑)
Commented by anatatoyu at 2018-05-31 17:45
もう一つ!
並んでる三人組の女の人の手の位置。
あんまり関係ないかな(笑)

松本は行ったことないです。
コーヒーのとなりのケーキが美味しそう。
Commented at 2018-05-31 18:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-05-31 18:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ukico32744 at 2018-05-31 18:42
> ゆうさん、
そうなの!「お布団」あるのとないのと。
この2枚、数秒空けて撮っただけなのに、二枚目おふとんが取り込んであって、
笑えました。
撮ったときは、分からなかったのヨ。


Commented by ukico32744 at 2018-05-31 18:45
> ゆうさん、
真面目に見てくれてありがと♪
人の動きはどーでもいいの(笑)
おふとん、わかってくれれば、わたし満足なので(^-^)

ケーキでなくて、手間と真心づくしのプリンなのよ。

Commented by ukico32744 at 2018-05-31 18:52
> 鍵コメさん、
おひさしぶりです!
ま、まぁ! わたしは25、26日、松本にいましたよ~。
同じ町にいたなんて、信じられないようなホントのお話ですね。
松本は文化的で、とても印象が良かったです。
ご両親は松本ご出身なのでしょうか。
まるも、いいお店ですよね。ほっこりしました。
開運堂という老舗のお菓子屋さんご存じですか?
わたしのツボなお菓子がたくさんありました。
今度行かれてみてください。
コメント、ありがとうございました(^-^)

Commented by ukico32744 at 2018-05-31 18:55
> 18:15の鍵コメさん、
ぜーんぜん、そんなことありゃしませんよー(笑)
ほんの遊びですから。
ありがとうございます。
Commented by bienes at 2018-05-31 19:30
こんばんは~
間違い探し~大好き!お布団ね
簡単~でももっとあるの?
並んでいる人の姿が微妙に違うけど

↓草間さんのアートは始めてみた時衝撃だったし
日本じゃ受け入れられないかも~と思っていたら 
海外の評価はすごく高かったですね
なんだか 最近は 草間さんがとてもかわいい感じ
TVで 一日中座って描いていらっしゃる姿を観て 
すばらしいものに出会えた人生だなあとしみじみ思いました
Commented by sugishoo at 2018-05-31 21:10
こんばんは、ukico様
使い込まれた、民芸家具!!!
私には国鉄時代で二等車の座席に見えてしまいます。
折角の素敵な写真に難くせ付けて申し訳ありませんでした。m(._.)m
Commented by sakae2009 at 2018-05-31 21:13
松本一度行きました。
松本城しか覚えていません。
我家からは長野は日帰りです。
Commented by Lynn6 at 2018-05-31 22:56
良いですねえ、この雰囲気!それにそれに、丁寧にいれてくれる珈琲‼︎ んもう、コーヒーはこうであって欲しいですっ。そうよそうよ、何処ぞのシアトル系とはえらい違いだわっ。全く御意でございますよ。(๑˃̵ᴗ˂̵)
で、間違い探しは、オネショのお布団干しを取り入れた前後。
でしょうか。あははは〜〜。
Commented by M at 2018-06-01 06:56 x
趣のある素敵な喫茶店ですね。
昔の商家の様な佇まいですね。こういうの好きです。
中もレトロな感じで雰囲気いいですね。
読んだ本に出てくるところへ行きのは、ワクワクしますね。
私も昔、観た映画に出てくる公園とかカフェを巡り歩いたことがあります。
店内のモノクロ写真!いいですね。気に入りました。
モノクロ写真好きなので、私もたまに撮ります。
Commented by 01914383i53678 at 2018-06-01 08:46
伊藤まさこさん、今も松本に住んでいらっしゃるのだと思っていました。
5年住んでらしたんですね。

松本は、むか〜し、子供が小さい頃に行ったきり。
この年になって、ゆっくり行ってみたい場所のひとつです。
この喫茶店も、行ってみたい。
こういう雰囲気、大好きです。
Commented by ukico32744 at 2018-06-01 10:42
> bienesさん、
「お布団」で大正解ですよ(^-^)
この写真撮ったときはぜんぜん気が付かなくて、後から見て、
「ふとんが無くなってる~」って。
とり込んだ人も写ってないし、腰を低くして引っ張ってとり込んだのかな、と、謎は
深まるばかり(笑)
草間彌生さん、存在自体がアートですね。
80代ですけど、いつまでも尖がっていて枯れない芸術性、凄いですよね。
Commented by ukico32744 at 2018-06-01 10:53
> SUGIさん、
国鉄。二等車。今はもう死語ですけど、懐かしいですね、そういう言葉。
各駅停車を鈍行って言ったりもしましたね~。(^^;
でも、この椅子、いい艶してるの思いませんか?
二等車の直角の座席には、ない艶感ですよ。
うんうんそうそう。違いは「艶」!(笑)



Commented by ukico32744 at 2018-06-01 10:57
> sakaeさん、
そうですか。そうですよね。
福井まで日帰りドライブされてましたものね。
長野はお蕎麦が美味しいですね。
松本城は階段が危険きわまりないので、お早めにもう一度行かれてくださいね。(^^;
Commented by ukico32744 at 2018-06-01 11:07
> Lynn6さん、
どこぞのシアトル系コーヒーは、確かに速くて美味しいですよね!
「速い」「うまい」、二つ揃ってることって素晴らしいし、その上「オシャレ」と
きてるし、忙しい現代人のツボをギュッと掴んでます。
「まるも」は、時計をゆっくり進ませてるような気がするほど「スロウ」です。
コーヒーとデザートに、こんなに時間がかかるもの?と、一瞬でも思った自分が
恥ずかしくなりました(^^;

オネショしたのだーれだ!?(笑)
ここは、実は旅館もやってます。
レトロ感で、ひとり女子や外国人に人気があるそうですよ。
Commented by ukico32744 at 2018-06-01 11:13
> Mさん、
Mさんのレトロな感じがお好きですか?
わたしも、新しいものにはあまり飛びつかないほうで、どちらかというと、
古いものや場所に、落ち着きを感じるほうなのです。
Eテレで「ふるカフェはるさんの休日」という番組があって、時々観ます。
レトロなカフェが満載ですよ。
モノクロはね、人が写ってて、カラーだとちょっとハッキリしすぎで、
モノクロにしてみましたヨ。

Commented by ukico32744 at 2018-06-01 11:21
> ちぃさん、
伊藤まさこさん、ネット情報だけど、今は横浜在住らしいです。
暮らしも丁寧、佇まいもオシャレで、本も何冊も出してるけれど、
ステキだな~と思う反面、それに比べて、わたしって雑!って、軽く落ち込んだりもして、最近は読んでません(笑)
松本、城下町らしく、白い蔵のステキなお店が立ち並んでいる通りがあって、そこもぶらり
歩くのも楽しいです。ちぃさんの雰囲気にとても合ってるような気がします。
Commented by ejichan555 at 2018-06-01 16:35
信州、松本ってさ、行きたくても行けなかったマチでした。
長野市と諏訪湖は行ったんだけどなあ、城下町っぽいのが観たかった。
で、「珈琲まるも」って、ネイミングがいいね。
布団干しは、オネショだったのかな。
Commented by ukico32744 at 2018-06-01 17:11
> エジちゃんさん、
長野県は大きくて、目的を絞って行かなければいけません。
今回は駒ケ根という南信州にある町が、一番の目的だったので、
移動にけっこう時間がかかりました。
松本は健脚のうちに行くことオススメします。
松本城天守閣は、忍者じゃないと無理っしょ!っていう感じ。(笑)
松本城→珈琲まるも→締めはやっぱり蕎麦ね。

オネショさんは、ヒミツにしておきましょーね(^-^)
Commented by kojiroumam123 at 2018-06-01 20:39
その違いは!布団でしたね。
気になるのは「〇」の中に「モ」の字 なんか可愛いです。
☕美味しいでしょうね、こんなしっとりと落ち着いた所でいただくコーヒー
Commented by ukico32744 at 2018-06-01 21:38
> こじろうママさん、
〇のなかにモなので、「まるも」なのでしょうね。
ほんと、なんか可愛いですよねー。
珈琲を美味しくいただくのは、「雰囲気」も必要かな、と思いました。
美味しいの上に雰囲気が加味されると、特別というお味に。。
Commented by momoseke at 2018-06-02 06:04
満喫してますね〜
松本はけっこう行った場所
こちらからは近い感覚なのよ^ ^
でも新たに面白いとこ見させてもらいました。
それにしてもukiさん
「ちょっとそこまで行ってきます」
なんやね、スタンスがね。
お仕事もステップアップを目指して
頑張ってるukiさん
いいねぇいいねぇ私も頑張るぞ!
Commented by hisami at 2018-06-02 09:44 x
中町通りの工芸品の値段には本当に驚きましたね(笑)
桁が違うわ~~~見てるだけ~でした、私も
一見華奢?私の事???有難う~~(爆)
こう見えても脱いだらすごいわよ!”(笑)
レンタカーでかなりの距離を走り回りました
旅に出るとまた旅がしたくなる~
次は何処行こう?と私もワクワクソワソワしてるわ
又何処かで会えると良いな~♪
Commented by ukico32744 at 2018-06-02 15:35
>モモセさん、
ブログタイトルに近づいてきた?
チープな旅を、たくさんしたいと思ってますが、
問題は時間とお金と体力とetc. (笑)
この年でステップアップもなにもないのよ。
成り行きでこうなったけどね。
今、若者(30、40代多し)に混ざって、必死顔で頑張ってます。(^^;
モモセさんの職場、問題あり!なのね。
やっぱり、何より「人間関係」が肝心ですね。特に女性が多い職場はね。
頑張ったあとは、ゆるゆるして、気分転換しながら乗り切ろうー!


Commented by ukico32744 at 2018-06-02 15:43
> ひさみさん、
ほんとにねぇ。。目の保養にはなったけれど。
伝統品は、目の肥えたお金持ちのものなのね。

そですよー。あら、脱いだらすごいの!? 筋肉!?(笑)
レンタカーで一人旅は、わたしの許容範囲を大幅に超えてるので、
その行動力、脱帽ですよ。

次どこ?あそこは辞めたみたいですね。決めたら教えて下さい。
旅熱冷めないうちに、また何処かで会いましょ♪

名前
URL
削除用パスワード
<< 松本思い出つれづれ 南瓜へのつきることのない愛に仰... >>