<< ある日の読書『青空と逃げる』 ある日の読書『盤上の向日葵』 >>

ある日の映画『モリのいる場所』

f0315332_17531697.jpg


近ごろわたしのマイブームは樹木希林さんである。

嬉しいことに「モリのいる場所」「万引き家族」と立て続けに出演映画が公開されて、
希林さん、宣伝のためにテレビにもちょいちょい出てらっしゃる。

芸能界では希少価値、絶滅危惧種と勝手に分類してるワタシ。
希林さんの役どころと、希林さんご自身にも、目が離せないのだ。

とかく、色褪せぬ若さが、もてはやされている昨今、
50代以降の主演クラスの女優さんは、いろいろやり過ぎて表情がなくなっているし、
役者として面白味に欠けているって、感じるのはワタシだけではないはず。ねっ⁇(^^;

真の女優魂を見せておくれ!って、思うの。(笑)

..............................

30年ほとんど家を出ることなく、庭の植物昆虫などを観察し、描き続けた、熊谷守一さんは
「画壇の仙人」と呼ばれている。

97才でなくなるまで生涯現役だったの熊谷さんの、晩年のある一日を描いた作品で、
希林さんは、50年以上連れ添った奥さん役である。

..............................

映画のイメージからして、寝てしまいそうな気がしたので、朝一番の回で観ることにした。

が、結果しばしば寝てしまった。
いい意味で、子守歌のような映画なの。

モリの一日は長い。うつらうつらして目が覚めても、まだ庭を徘徊するモリの一日は継続中。
変わらぬ一日が、こんな安堵をもたらすなんて。。

希林さん演じるモリの奥さまは、モリの時間を早送りさせることはないけれど、
ピンポイントで、モリに刺激を与える人。

希林さんでなければならない役柄である。

............................


f0315332_18471880.jpg


福音館書店のこの絵本、お子さんが小さい時に、読んで聞かせたかたもいらっしゃるはず。

これ、熊谷守一さんが書いた絵本です。











[PR]
by ukico32744 | 2018-06-13 19:10 | ある日の映画 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29850517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by anatatoyu at 2018-06-13 21:40
樹木希林さん、最近よく出ておられますね。
私も昔から好きな女優さんです。
飾らない、偉そぶらない、だけど今はしっかりお金持ちですね。
家族との繋がりも不思議な感じ。
あんなに個性的な家族なのに。
だけどご自身は自然体なんでしょうね。
全身ガンはどうなったのでしょう。
先日「徹子の部屋」に出ておられましたが、あの徹子さんに負けてないのが凄いと思いました。
Commented by bienes at 2018-06-13 22:54
こんばんわ〜
ukiさん、私も樹木希林さん大好きです。
自然体がいい! インタビューにも思いつくまま気の向くまま
反応してくれるから、肩が凝らないです。
入れ歯を外してやくになりきり、
白髪そのままでいい役をされる!貴重な存在ですよね。
がんも全身に転移してるといわれますが、まだまだ活躍していただきたいと
きりんさんを見る度におもいます。
もりさんの本をもっていました。
お庭にずうーっと寝っ転がって虫を眺めていたのは有名ですね
無駄を省いた線、どうしたらこんな風な線になるのか?不思議だったのをおもいだしました。
私も是非観たいです。
半年後ツタヤさんに行きまーす
Commented by M at 2018-06-14 07:08 x
そうそう!この作品じゃないけど、是枝監督の「万引き家族」
カンヌ映画祭でパルム・ドール最高賞撮りましたね!
それで、私もこの映画、樹木希林さんがいい味出しているなぁと思いました!
このモリのいる場所も観たいです。
私も映画館で観たい派なので、稚内の映画館では、ダメですね。
札幌へ行くか?それとも旭川かなぁ?と思っているところです。
Commented by ukico32744 at 2018-06-14 16:16
> ゆうさん、
その「徹子の部屋」、わたし観てないです。
徹子さんとのバトル、じゃなくてトーク、観たかったわぁ。
この映画に出てる希林さんは、わりとお顔がふっくらしてるけれど、
今テレビに時々出てる希林さんは、顔がシャープになっていて、
やはり、体調はあまりよろしくないのかしら、と思いました。
ろうそくの火が消えるように、突然いなくなっちゃいそう。
そんな潔さがある人ですよね。

Commented by ukico32744 at 2018-06-14 16:29
> bienesさん、
熊谷守一さん、よくご存じなのですね!
山崎努さん演じるモリが、庭に寝転んで虫を眺めてるシーンは
映画でもありましたけど、ほんと仙人のようでしたねぇ。
奥さん役の希林さんの「おとぼけ」具合がまた絶妙です。
無駄を省いた線。。。確かに!
でも、なんとも味わいがある絵ですよね。
半年後、TUTAYAへ走ってくださいね~。


Commented by ukico32744 at 2018-06-14 16:49
> Mさん、
近々札幌や旭川へいらっしゃる予定があるなら、「モリのいる場所」「万引き家族」、
二本観られたらいいと思います。
わたしは「万引き家族」、すぐにでも観たいところをグッと堪えて、
人出が落ち着いて、空いたころを見計らって観に行きます。
映画館は好きだけど、混んでるのは嫌いなんです(←ワガママ)
いつも思いますけど、稚内にせっかく映画館があるのだから、大人の話題作を
もっと上映してほしいですよねー。

Commented by kojiroumam123 at 2018-06-14 20:39
ご覧になりましたか~!この映画も観たいですね~!
熊谷守一さんの絵「蟻」を描いたものが多いですね
ご本人がおっしゃたかは不確かですが・・
蟻が10匹で・・「ありがとう」って・・彼の絵から?ですかね?
しかし、こちらではどこの映画館で上映しているか・・・
Commented by momoseke at 2018-06-14 22:33
>50代以降の主演クラスの女優さんは、いろいろやり過ぎて表情がなくなってる、、、
やっぱりそうなの?お綺麗っちゃお綺麗だけど
老け役なのにお顔がピぃん!となっとるのはそこ?
Commented by ukico32744 at 2018-06-15 16:22
> こじろうママさん、
大都会であるそちらで、この映画やってないわけはないですよー。
絶対やってますって!(^^;
映画の中でも蟻さんは、モリの大切なお友達役?で登場しますよ。
ほのぼの脱力系映画も、希林さんがいると、何か締まる感じがしますね。

Commented by ukico32744 at 2018-06-15 16:26
> モモセさん、
キレイだけど、不自然な感じは否めないわぁ。
シワがないって、サイボーグ的よ。わたしはなんかイヤ。
キョンキョンは、絶対やらないで自然体でいてほしい、って思うの。
(多分やらないと思うけどネ)


名前
URL
削除用パスワード
<< ある日の読書『青空と逃げる』 ある日の読書『盤上の向日葵』 >>