<< 時期外れ!ウンベラータの初植え替え 道の駅ドライブ。寄り道は中札内美術村 >>

ある日の読書『慈雨』

f0315332_14584058.jpg

慈雨  柚月裕子


慈雨(じう)とは、程よい時に程よく降って、
草木や作物を潤し育てる「恵みの雨」という意味らしいです。

「程よい時に程よく降って、、」という、気の利いた雨、最近降ってないような気がしません?

降ったら豪雨や長雨。その果ての災害で、恵みの雨には程遠い歓迎されぬ雨ばかり。

北海道もお盆期間中、秋の長雨のような、ずっと雨続きでした。

いつからかお盆は休息の期間ではなくなり、人を迎えて、もてなす立場となりました。
「仕事する人」と「もてなす主婦」の二刀流の数日で、読書のペースも滞り気味でしたけど、
そんなときこその唯一の息抜きなので、寝落ち前の1,2ページ(少な!)が至福の時間です。


.............................


刑事を定年退職した主人公は、妻と四国お遍路の旅に出る。
42年間の警察官人生の中で起きた事件の中に、深い後悔と罪悪感を抱えることがあり、
退職しても心の傷は癒えることがない。
巡礼の旅は懺悔の旅でもあるが、その旅の途中、心に傷を残した事件と酷似した事件が勃発した。


..............................


定年退職後、第二の人生を迎える前に巡礼の旅をするというストーリーは、
その世代である人には、なかなか魅かれる内容です。

しかも、それに事件が絡んでくるとなると、サスペンスとしてのドキドキ感もあり、
一粒で二度おいしい、グリコのアーモンドキャラメルのような味わいの小説です。

ただ、如何せん、主人公の雰囲気が重たすぎ。
どんよりした空気を纏ってます。
一人で不幸をしょい込んじゃった人、みたいな。

根っからの刑事と、根っからの刑事の妻。
そんな妻でないと、この人とはやってけないな。ワタシは無理無理💦
って、思いました。

ヘンな感想で終わります (^^;



[PR]
by ukico32744 | 2018-08-17 17:44 | ある日の読書 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/29996650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seadream_t at 2018-08-17 19:03
こちらのお盆 昨日休み頂いたのに 日中は 土砂降り!
時間あたり推定100ミリ超え記録的な大雨、との報道ありながら、、
近くのアメダスの数値は報道されていないという不思議感。。
今日は初秋のように涼しかったようで。夏が恋しい笑
第二の人生、自分はもはや スタートしないと間に合わない笑
Commented by sakae2009 at 2018-08-17 20:21
我が家仕事リタイヤしました。
何をやっていいかわからないです。
主人今日ホームセンターに行き土など買ってきて何かをしょうとしています。
Commented by syouhou36 at 2018-08-17 21:57
うちのオッちゃんは新婚の頃に、定年退職したら山小屋の親父になりたいと申してましたが、転職し今は定年退職なしの会社に就職。
山小屋の親父になりそこねてくれホッとしてます。
小説のような巡礼の旅もワタシにはとても無理です。(*_*)
Commented by mariakulala at 2018-08-17 23:22
うきこさんもお盆はもてなす側なのね。
お疲れ様でした〜。
寝落ちの読書。ウンウン私 2ページで寝落ちです。
なんか老眼になったら特にです。
この本 というか 本て読むか読まないかは 題名ですよね。
そそられる題名ですが、、
へんな感想でないですよ!
参考になりましたよ。うきこさんの感想で いつも読んだ感じになります。
Commented by momoseke at 2018-08-17 23:52
この前、NHKのテレビ「猫も杓子も」で
柚月裕子さん出てましたよ。
お綺麗な方 そして高級なマンションで
お高そうなネコさん2匹との生活
ため息出して見てました(笑)
えっ?ひとりなのこの方、贅沢な空間
ええなぁ印税生活
そんなことばかりが頭の中を
ぐるぐるまわってましたがな
Commented by anatatoyu at 2018-08-18 00:27
私は幸か不幸か定年のある仕事に就かなかったけれど、定年があったらお遍路に行くかな?
たぶん行かない、しんどいもの(笑)
うどん県にあった実家の前の道は遍路道でした。
一年中、朝から晩まで杖の鈴が聞こえました。
四国の人はお遍路さんに声を掛けます。
お接待と言って家に入れてお茶を振る舞う人もいます。
お遍路に出るのは、人は一人では生きてないよとわかる旅ではないかと、自分で勝手に思っています。
Commented by M at 2018-08-18 09:53 x
お盆は、稚内は割と天気が良かったです。
お盆が過ぎた今、すごく気温が下がり10月のようです。寒いです!
どんどん、寒くなりますよね、これから。
うちのお母さんは、四国のお遍路巡りをしたいと言っています。
こういう旅は、自分を振り返るだろうなぁと思いますね。
Commented by 01914383i53678 at 2018-08-18 11:15
「慈雨」、読みましたよー。
心に引っかかることがあるのは、嫌です。
それもずっと、何十年もなんて。
そういうこと、刑事という仕事には、つきものなんでしょうね。
辛い仕事だと思います。
Commented by mimozacottage at 2018-08-18 13:29
Ukicoさん、こんにちは!
私は本よりもUkicoさんの書評のファンです。
どうしてこんなにも生き生きとした言葉で語れるのでしょうか?
一粒で二度おいしい、グリコのアーモンドキャラメルのような味わい…上手いな~!
常々、作家を目指されたらどうかな?と思ってるんです。
Commented by ukico32744 at 2018-08-18 15:37
> seadream_tさん、
せっかくのお休みはどしゃ降りだったのですねぇ💦(雨男さんだったっけ?)
こちらもお盆の間中、ずっと雨模様で、この時期お出掛けの方は
さんざんなお休みだったと思います。
え~!、もう第二の人生⁉
同じ学年でしたよね? まだちょっと早くない?(笑)
でも、その時になってジタバタせずに、計画を練っておくのが大事かも。

Commented by ukico32744 at 2018-08-18 15:40
> sakaeさん、
ふふ、ご主人、にわかガーデナーさんに成りましたね!
この際、庭をキレイにしてもらいましょ。
ご主人がお家にいらっしゃると、sakaeさんがお友達とモーニングする機会が
少なくなりますか?(笑)
Commented by ukico32744 at 2018-08-18 15:47
> オバちゃんさん、
定年退職なしの会社って、いいですね~。
オバちゃんの美味しいゴハンで、オッちゃんの健康管理もバッチリ!
末永く働いていただきましょう♪
でも、山小屋の親父さんっていうのも、なんだか夢があっていいですね。
四国の旅はしたいけど、わたしもお遍路はちょっとね。。。(^^;

Commented by ukico32744 at 2018-08-18 16:09
> クララさん、
寝落ち読書仲間、見っけ(笑)
わたしお盆期間中は、ほんと1ページで寝落ちしてました。
この本を読むのにも、実は3週間ほどかかってます💦
小説のタイトル、大事ですよね。
「慈雨」というタイトル、ストーリーに合ってるかどうかは別として、
そそられる題名には間違いないです。
本の感想は100人読めば100通りありますね。
わたしのは参考になるかな~?ナラナイトオモイマス(^^;
Commented by ukico32744 at 2018-08-18 16:18
> モモセさん、
柚月裕子さんは確か専業主婦で、主婦の片手間で小説書いたら大ヒットしたとか!?
そういう話、聞いたことありますが、今はどうなのかな?
もしや離婚⁉
小説書くのも緩くないですよね~。
特異な才能には間違いないけれど、大変な職業と思いますよ。
”天は二物を与えず”と云うけれど、美しくて聡明で、二物持ってますよね(笑)


Commented by ukico32744 at 2018-08-18 16:30
> ゆうさん、
お遍路旅も、時代変わればいろいろみたいですね。
小説の主人公は八十八か所歩き遍路で、約二か月で結願してます。
今は車やツアーバスとかでも「あり」なんですね。
御利益が薄れるような気がするけれど(笑)
小説の中でも、主人公は何回か「お接待」を受けてますね。
事件が並行してるので、会った人の語ったことから事件の解決のヒントを貰う、、
そんな場面もありました。
わたしも敢えてしんどい旅は行きません(笑)
でも、精神修行っていうんですか?敢えて「しんどさ」を求めてる人もいらっしゃいますね。
Commented by ukico32744 at 2018-08-18 16:44
> Mさん、
そうなんですね、稚内は雨雲がかからなかったのですね。
おとといあたりから、秋って感じがします。
なんたって、湿度が下がって空気が秋!です。
お遍路の長い道中、いろいろなことを振り返り、感謝したり、時には後悔したり。。
見つめ直す機会の旅にはなりそうですね。
お遍路旅を終えた人は、なにか一皮剥けたような清々しい気持ちになるのでしょうね。
お母様、願いが叶うといいですね。





Commented by ukico32744 at 2018-08-18 16:59
> ちぃさん、
はい、ちぃさんの感想を読んで、すぐにでも読みたくなった小説です。
柚月裕子さんは、これで3冊目かな。
骨太なサスペンスの中に、ちょっとした折々に、あ、女性が書いたものだな、と
感じる場面が好きです。
ちぃさんが紹介してくださったものの中には、読んでみたいものがたくさんあります。
これからも参考にさせてくださいね。
Commented by ukico32744 at 2018-08-18 17:08
> ミモザさん、
そんなぁ。。ミモザさんにそう言っていただけると、とっても嬉しいのですが。。
でも、こんなんでいいんですかぁ~?
自分の思いついたまま勝手なこと書いて、書評に値するものになってませんし。
わたし、すぐ勘違いしますから、あまり持ち上げないように。。(笑)
70才くらいになったら、寂聴さん目指して、鎌倉の寺に籠って書くのもいいかな~。
って、ほら、すぐ調子に乗るでしょ(笑)


Commented by kojiroumam123 at 2018-08-18 20:50
お盆の支度に、仕事に、そしておもてなしの主婦!大変です!
合間の読書が息抜きなのですね。
「丁度いい雨」が降らないのは困りますね、
大雨の東北地方も場所によっては、雨が降らず、水不足だったとか・・
娘曰く プールが開かないと!
Commented by ukico32744 at 2018-08-18 23:04
> こじろうママさん、
まぁ!山形のほうは水不足ですか!?
こんな狭い日本列島で、困ってることが地方によっていろいろなんですね。
Lちゃんも、夏休みにプールが開かないと、それは困ったことです。
わたし、おもてなしのセンスがないので、お盆が過ぎてホッとしました。

Commented by purikitirox at 2018-08-19 19:28
ukicoさんの書評は、なんていうのかなあ・・臨場感があるというか、隣に座って友達と、本の話をしているような感覚でとても好きです。「慈雨」読んでみたいな!
Commented by ukico32744 at 2018-08-20 15:24
> purikitiroxさん、
そう言っていただいて嬉しいです。
実は、そんな感じで書けたらいいな、と常々思ってたんですよ。
親しい人に話すことは、主観的でいい放題なので。(笑)
同じのを読んでも、まったく違うふうに感じるかたも、たくさんいらっしゃると思います。
あー、またブツブツ言ってるわぁ~、くらいで、聞き流してくださいね。(^^;





名前
URL
削除用パスワード
<< 時期外れ!ウンベラータの初植え替え 道の駅ドライブ。寄り道は中札内美術村 >>