<< 青空と減塩 コモパン >>

ある日の読書『銀河鉄道の父』

f0315332_17254323.jpg


銀河鉄道の父  門井慶喜

天才の父は大変だ!
岩手県をイートハヴにし、銀河に鉄道を走らせた宮沢賢治。
生涯夢を追い続けた賢治と、父でありすぎた父、政次郎との対立と慈愛の月日。

................................

「銀河鉄道の父」は去年の直木賞受賞作で、この時の芥川賞は若竹千佐子さんの
「おらおらひとりでいぐも」でした。
どちらも宮沢賢治繋がりで、いっとき話題になりましたね。

..............................


宮沢賢治は、詩人、童話作家としてあまりにも有名ですが、
じっさい書いたものを読んだことはないのです。(と思う)
「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「よだかの星」等々、
何回も耳にしたタイトルは、もう読んだ気になっちゃうほどなのだけど、
やっぱり自信を持って、読んだことがないのでした。(笑)

...................................

この小説は、宮沢賢治の父、政次郎から見た、宮沢賢治の生涯を書いた小説です。

宮沢家という経済力のある家庭の長男として生まれ、
小学校のころは神童とまで呼ばれながら、湧いて出る未来のアイデアやシナリオが、
宇宙的であるために、ことごとく、中途で挫折してしまう賢治。
凡人ができることもできない、ただの無職の男になっても、
父政次郎は、賢治の突出した「何か」を見捨てられずに、
陰になり日向になって、最後まで見守ります。

賢治が死と向き合いながら、有名すぎる詩やお話が生まれていく過程を、
政次郎目線で、たんたんと書かれているのが、余計に悲しく感じました。


................................


来月オットと東北に出かけます。

7年前の東日本大震災の復興応援には、随分と年月が経過してしまいましたが、
観光という名のもとに、震災を忘れてはいないよ、というわたしたちなりの小さな応援です。

宮沢賢治ゆかりの地も訪ねることになるので、勉強がてらに、この小説を読んでみました。
読んでいる最中に、自分自身が「胆振東部地震」を経験するとは、夢にも思ってもみなかったことです。



f0315332_18381102.jpg


6日未明の地震の前日は、台風による強風被害がいたるところで発生してました。

もうその時から、ただならる予兆が始まってたのです。

あの台風がなければ、厚真の大規模な土砂崩れも免れたのではないかと思ってしまします。

起きてしまったあとで、「たられば」を言うのはとても虚しいですが。。







[PR]
by ukico32744 | 2018-09-15 19:14 | ある日の読書 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/30049971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae2009 at 2018-09-15 20:04
来月ご主人さんと東北旅行良いですね。
その為に小説読んで勉強ですか。
また旅行の事ブログにUPしてください。
Commented by ukico32744 at 2018-09-15 20:30
> sakaeさん、
はい、まだ先なのですが来月宮城、山形、盛岡と行ってきます。
また旅先のこと、blogに載せますから、よかったら見てくださいネ。
Commented by sugishoo at 2018-09-15 22:04
こんばんは、ukico様
私も昔、祖母からは神童と煽てられていました・・・?
今では家庭内で無能老人と呼ばれております。(^。^)
いつも青空の写真は綺麗なブルーですね!
こちらではなかなかこの青空は拝めませんです。

Commented by miqu_7cd at 2018-09-16 06:05
私も宮沢賢治さんの作品は全然読んでいないのですが~
高校の教科書だったかな?妹さんの死のことを書いた文章が
あったとおぼろげな記憶があるんですが~年代が違うよね!(笑)

東北旅行楽しみですね!
青森は行ったことがあるのですが~海の色がすごくきれいでした!

震災後の様子、しっかりブログで教えて下さいね!
Commented by seadream_t at 2018-09-16 07:06
おはようですー^^ 思うに ほんっとによく読みますね!
たぶん、頭の中は ぼくとかなり違いがあると感じます 笑
近頃、湘南やクルマ、バイクその他の雑誌いろいろ、
楽天ポイント使い購入するんですが、何故か活字を読む
気になれなくて…この前 メルカリで石田ゆり子さんの本も買ったけど…しまってあります。笑っ

あの土砂崩れ…本当にお見舞い申し上げます。
上空からの広範囲な画像をみてびっくりしました。
詳しくわからないけど崩落しやすい地質のようですね。
こちらでもポイント的に地滑りしやすい場所あります。
台風の雨が影響したと思うけど、いずれはいつか滑ったと思います。
一日も早く普通の生活に戻れますように。

来月、東北行かれるんですね…。あの年ちょうど 半月間過ごした頃。
青空が澄んでいてとても気持ち良い季節ですね。
ぼくも誰か一緒に行ってくれる人がいたら 汗、あの場所の復興をこの目で見たい思いです。

昨日は、降ったりやんだりでしたが、金沢jazz street盛り上がってました!
わ、長文になり、ごめんなさい^^
Commented by mimozacottage at 2018-09-16 09:45
Ukicoさん、おはようございます。
私は賢治が大好きなので、この本のことが気になっていました。
結局、芥川賞の方の本を買ったけれど…

旅に出る前にその地方ゆかりの本を読んでおくって、良いですよね!
その場所がただの観光地などではなく、個人的に親しみのある場所になり、
旅の面白さが何倍にも倍増する気がします。
Commented by ukico32744 at 2018-09-16 14:43
> SUGIさん、
あら、それでは、宮沢賢治と同じですよ。
やっぱり~♪
前からSUGIさんはただ者ではないと、わたしの臭覚がクンクンしてました(笑)
秋の空はスッキリしてますね。
そちらのほうは、まだ夏と秋の狭間という感じでしょうね。

Commented by kojiroumam123 at 2018-09-16 14:46
花巻市にある宮沢賢治の記念館や、「イーハトーブ館」
以前行ったことがあります。
彼の多彩な才能がうかがわれます・・私が興味深かったのは・・
花壇の設計もしてたこと(当時、設計した花壇がありましたが)
綺麗な花壇も見頃だと良いですね、きっと癒されることでしょう(^^♡
Commented by ukico32744 at 2018-09-16 14:49
> ミズキさん、
スゴイ記憶力ですね!
教科書に載ったことをちゃんと覚えてらっしゃるのだから。
この小説の中にも、賢治より先に亡くなった妹のことが詳しく書かれていますよ。
賢治にとって、妹の存在はとても大きかったのですね。

来月19日から行ってきます。
盛岡から復興応援バスツアーが出てるようなので、それに参加したいと思ってます。

Commented by ukico32744 at 2018-09-16 15:02
> seadream_tさん、
わたしの頭の中、ほとんど空っぽ(笑)
いろいろ読んで知識詰めていかないと、フツーの人になれないので。(^^;
わたしも雑誌とかは写真ばかり見てるような気がします。
雑誌の活字って、読むのが面倒ですよね。
今は雑誌類は美容室でさらっと眺める程度です。
地震も驚きましたが、前日の台風の強風がまた凄かったのです。
あの日から、交通網がマヒして、そしてあの地震ですからね。
自然には太刀打ちできないですね。
7年前に支援した町が、どれだけ復興したか、確認されたいお気持ちわかります。
そちらからだと、seadreamさんのカッコいいマイカーで、行けるのではないですか?


Commented by ukico32744 at 2018-09-16 15:11
> ミモザさん、
宮沢賢治がお好きなら、この小説はオススメですよ。
わたしは宮沢賢治のイメージ像がゼロに近かったので、とても面白く読めました。
正直、若竹さんのほうが、意図してることが簡単なようで、わたしには難しかったです。

そうなんです。
盛岡行くのに、賢治のことぜんぜん知らないのも、どうかと思いまして。。
宮沢賢治ゆかりのものがたくさんあるようなのです。
ちょっと楽しみになってきました。

Commented by ukico32744 at 2018-09-16 15:21
> こじろうママさん、
あ、そのくだり、本にも出てきましたよ!
ふつうなら畑にするところを、賢治はパンジーや金木犀を植えて、
父の政次郎に呆れられたとか。
賢治は「日本の景色を変える」って、言ってましたけど。(^^;
宮沢賢治がお好きな人にとって、花巻は聖地ですね。
癒されること、間違いないです。
Commented by M at 2018-09-17 06:51 x
岩手県の北上に昔、友達が住んでいて、東京から上野の新幹線こだまに
乗って行きました!
そして、宮沢賢治の博物館へ行ったんですよ。
イギリス海岸という北上川の河原にも行きました!
賢治の父親は、どんな人だろうか?興味があります!

13、14日、両親と円山のカフェ巡りをしてきました。
かまだ茶寮円山という甘味処で和パフェを食べ、円山クラスのひな野でブュッフェの
食事をして、森彦へ行きました。
六花亭を周り、歩いて10分程度のところの円山界隈を廻っていました!
帰りに姪っ子の住む名寄へ行きました。2泊してきました!
Commented by ukico32744 at 2018-09-17 08:22
> Mさん、
宮沢賢治ファンであれば、とても興味深く読めると思います。
この子にして、この父あり。
お父さんのジレンマと深い愛情をとても感じました。

札幌満喫したのですね!
お天気も良くて何よりでしたね。
円山クラスはもう二年くらい行ってないし、円山の森彦も5年以上ご無沙汰です。(^^;
甘味処はPOROCOで見たことがあります。
ステキなところに行かれましたね♪
Commented by 01914383i53678 at 2018-09-17 15:38
雨ニモマケズ、風ニモマケズは有名ですが、宮沢賢治とはあまり縁がなくて。
本当はどういう人なのか、不明な部分もたくさん。
この本を読むからには、もっと賢治を知らないといけませんね。

震災前後は東北に行く機会がなくて。
あらためてゆっくり出かけたいです。
Commented by ukico32744 at 2018-09-17 16:37
> ちぃさん、
わたしも宮沢賢治の知識ほぼゼロでしたけど、
この小説、面白く読めました。
天才肌の人って、裏返せば変り者(笑)
賢治もそんなところがありますね。

立ち直った東北を、観光しながら観てきます。
美味しいものも、たくさんありそうですから楽しみです。(^-^)



Commented by momoseke at 2018-09-18 00:45
東北に行かれるんだ
ukiさん、いつも旅の計画
立ててられるのね〜
ちょっとうらやましい( ´ ▽ ` )
気をつけて行ってらっしゃいね。
Commented by purikitirox at 2018-09-18 12:42
ukikoさんの「ある日の読書」を読ませていただくと、いつもその本読みたくなります!去年の直木賞ですか。知らなかったわあ・・・。宮沢賢治の本とセットで読みたくなりました。
その土地に行く前に関連の本(ガイドブック以外に)を読むのは、とてもいいですね~。私も、盛岡行きたいんですよ~。盛岡は未知の世界なんです。それから昔行ったことのある平泉、中尊寺と毛越寺もまた行けるといいなあ~。実際に行けなくても、頭の中で妄想旅をするのも楽しいです。
北海道に一番最初に行ったのは、20歳のころで、ちょうど今の季節でした。それ以来、何度も旅していますが、行くたびに新鮮な感動があります。また絶対行くぞーー、北海道!
Commented by ukico32744 at 2018-09-18 16:40
> モモセさん、
いつも頭の中は「旅、行きたいよね~」が渦巻いてます。
行けても行けなくても、計画するのだけでも好きですよ。(←ヒマ人 笑)
手を伸ばして、届く範囲の楽しみは大事だと思うのよ~。

はい、ありがとう♪
気を付けて行ってきますね。
(まだまだ先だけどね💦)



Commented by ukico32744 at 2018-09-18 16:53
> NOEMIさん、
わたしは中学の修学旅行で平泉に行きました。
中尊寺はやっぱり凄くて、15才なりの感動がありましたね~。
今回岩手は、三陸海岸を中心に回ろうかなと思ってます。
あと遠野にも行く予定です。
そして盛岡では、三大麺を堪能したいです。(←これ大事 笑)
NOEMIさんは、「旅の上級者」ですね。
blogを読んで、とても感じます。
ほんとに原田マハさん、連想させますから。
北海道にもまた、いらしてくださいネ
この時期札幌大通り公園では、「オータムフェスト」を開催していて、青空の下で
北の食文化を堪能できますよ。
このイベントお目当てで、遠くから札幌へいらっしゃるかたが増えてるそうです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 青空と減塩 コモパン >>