<< 鎌倉番外編~夢心地なお店たち~ 鎌倉最終日の朝さんぽより >>

鎌倉番外編~めくるめく餃子愛~

今回の鎌倉、わたし餃子三昧でしたの。

鎌倉が餃子が有名なわけではありません。
わたしがその時、餃子食べたい周期のピーク時だったのかな。

で、番外編は「鎌倉餃子いろいろ」です。


f0315332_17470025.jpg


鎌倉一日目に伺ったのは「山本餃子」さんです。

鎌倉駅西口の御成通りを、ちょっと横道に入ったところにある小さなお店。
大人カワイイ女子が一人で切り盛りしてる餃子屋さんです。
カウンター5,6席のみで、去年初めて行った時は、満席状態でしたけど、
今回は開店と同時に入ったので一番のり。
しばらく店主さんを独り占めしました。

f0315332_17540086.jpg


餃子2個食べたところで、ハッと気づき、写真を撮った。
ここの餃子はニンニクもニラも使ってない、クセのない優しい味。

一皿(6個)オーダーしたけど、確実に倍は食べられるね。
(ホテルに帰ったらヤキトリが待ってるから自粛)

キャベツを特製ラー油で和えた一品も、シンプルでさりげない一品だけど、
こういうの大好き。

f0315332_17592804.jpg


ビールじゃなくてレモンサワーにしたの。

話してるうちに、去年わたしが来店したことを思い出した!と、店主さん。
すっかり打ち解けちゃったし、来年また行くのが楽しみ♪

そのうち鎌倉ジモティー(地元の人)がお一人来店。
カウンターなので、自然とママを挟んで三人トークとなる。
ジモティーさんが帰られたあと来店したのは、ママのご主人だった。
しばらく第二ジモティーと思って話してたわ。
「実はオット」と紹介されて、まぁどうもどうも(^^;

楽しい鎌倉の夜だったのでした。

f0315332_18104200.jpg


翌日餃子を食べたのは由比ヶ浜の「フェンロン」(豊龍)
真正面から写真を撮れなかったのは、入り口前の外付けのテーブルで
一組食事中だったので。(^^;

由比ヶ浜のホームが端っこに見えますが、ほぼ駅と一体化してるフェンロンです。

キラキラ共和国の文中の中では
「江ノ電が通るたび、床が小刻みに振動する」と。
ふふふ、ほんと小刻みにね。


f0315332_18195942.jpg


餃子、どうして撮るの忘れるか。。
これも食べかけで、アッと気が付き撮ったのだ。
餃子食べる時、勇みすぎと思う💦

フェンロンは一緒にハイキングしたNさんとのランチしたお店。
海老ワンタン麵を食べたのだけど、わたしだけ餃子追加で。(^^;

ここは、ツバキ文具店ご一行さまが、仕切り直しの七福神巡りで集結したお店。
男爵の行きつけのお店ということになっており、注文を任された男爵がオーダーしたのは
餃子とスーラータンメン。
7才のQPちゃんも果敢にスーラータンメンに挑戦したのだった。

お店の女性が、とてもいい感じ。
男爵が常連さんっていうのもわかります。

f0315332_20393004.jpg


鎌倉最終日のランチは「かかん」で。

鎌倉駅西口を出て真っ直ぐ市役所方面へ。今小路の方へ右折して少し歩いたところに
麻婆豆腐で有名なカジュアル中華「かかん」があります。

ランチは麻婆豆腐定食と水餃子定食のみ。
もう8割がた麻婆豆腐のほうだけど、わたしは迷わず水餃子定食で。

f0315332_20473040.jpg


正確に言うと「イベリコ豚と大葉香る水餃子定食」です。
なんか、そそられるでしょ?

餃子のタレが「黒酢ベース」と「ピーナッツだれ」。
両方美味しいけれど、特に他にはちょっとない「ピーナッツだれ」が極ウマ。

ゴハンにかかってる「おじゃことにんじん」のふりかけは、売ってたら、
間違いなく買ってたと思う!
ごはんが進み過ぎる、危ない「ごはんのおとも」です。

麻婆豆腐も、美味しそうだったわ。
辛いのあまり得意じゃないけど、今度チャレンジしてみよう♪



鎌倉美味しいものがありすぎです。
わたしはガサツな人なので、お上品なところは、どうもカラダがコチコチになって苦手です。
鎌倉ではわたしらしい、フレンドリーグルメを追求していこうと思います。


by ukico32744 | 2018-12-14 12:30 | 鎌倉(2018/11) | Trackback
トラックバックURL : https://ukico32744.exblog.jp/tb/30218229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鎌倉番外編~夢心地なお店たち~ 鎌倉最終日の朝さんぽより >>