2018年 03月 08日 ( 1 )

二泊三日静岡ツアー旅のはじまり

f0315332_16281771.jpg


3/4~3/6の、静岡旅行、お友達と二人参加です。

ツアー名は『伊豆半島と富士山ドライブの旅 三日間』

行きの飛行機の中、キレイに富士山見えたけど、これから飽きるほど見られるのだわ~と思うと、
おざなりな感じで「パシャッ」と一枚撮ってみる。

結局、この一枚をblogの冒頭に使ったということは、富士山撮れ高が極端に少ない結果。

今回の旅、はっきりと富士山を目の当たりできたのは、ほんの僅かな時間でした。



ツアー旅行は、はるか昔の香港旅行以来。

観光バスに空席がないので、定員いっぱいいっぱいの参加者。
添乗員さんは、毎年人気のツアーなんですよー、とね。

ツアー参加者は40~70代くらいか。
夫婦、母娘、お友達同士、女性のおひとりさまも3名ほど。



静岡は意外に!?東西に長かった!
富士山静岡空港は静岡の真ん中より西のほう。

このツアーの向かうところは、静岡の東方面なので、けっこうバス移動時間が長いです。

静岡といえばお茶が有名。
空港付近にはだんだんになった、可愛らしい茶畑が見られたけれど、
東のほうに向かうにつれて茶畑はなくなります。
特産品が、地方によって違うのですね。


f0315332_17014371.jpg


まず手始めは、清水港をクルーズしながら富士山を見るというスケジュール。

カモメだらけで、富士山どころじゃないんですよね~💦

こら、こらっ!エサを与えるでないヨ!
と、強く思うけど、エサ、売ってるから、仕方ないの。

f0315332_17042961.jpg


カモメ越しの富士山、わかります?

このカモメたちは、ゆりカモメです。
渡り鳥なだけにスマート。


f0315332_17143431.jpg


うっすら、富士山。

温かくて、汗かくほど。
そのせいか、遠くは春霞がかかったように見えます。


f0315332_17085460.jpg


清水市といえば、ちびまる子ちゃん。
わたしにとってツボな写真撮る時間が、あまりないのよ。ツアーって。。(笑)




次、三保の松原へ向かう。

f0315332_17164314.jpg


三保の松原、若干期待外れ。
というか、世界遺産に登録されてるので、わたしの期待が膨らみすぎた。

富士山のビューポイントでもあるけれど、なぜか大きいクレーン船みたいなのが泊まっていて、
ビューが台無しなのよ。シュン。。⤵⤵

ここの浜辺で、石に白い筋が入ってるハチマキ石を見つけると縁起がいいそうで、
わたしとお友達、富士山そっちのけで探しだしたら、あるある、すごーくあるの。

f0315332_17302446.jpg


ちょうど光の当たり具合で、ハチマキ見えないっか。。

気が付いたら、もう集合時間20分切ってたー💦
ここから大型バス駐車場まで15分はかかるから、
わわわーっと、お友達を引っ張って早歩きです(友=69才)

それでも、お茶屋さんで、サービスの安倍川もちと煎茶は、しっかりいただき、
集合時間きっかりにバスに到着!

あれ?羽衣の松って見たっけ?
見てないよね!? そだねー。(^^;

三保の松原、ここでも撮り高が少ないのでした。


ここから、またけっこうバスに乗り、東へ東へ。三島市へ。


f0315332_17404184.jpg


三島大社に着いたのは、夕方5時過ぎ。

移動の車中で、バスガイドさんが話した、三島大社の「福太郎餅」。
ツアー皆さん(もちろんわたしも)、お参り以上に福太郎餅へ気持ち傾く。

バスを降りて、いざ!いさ!福太郎餅と頼朝気分で、はせ参じたのにも拘わらず、
ち~ん。。もう店じまいしてるしぃ⤵⤵

でも、歴史の重みも感じつつ、清々しいお大社でありました。

f0315332_17534380.jpg


このお大社には、源頼朝と北条政子が、腰かけたという石がある。

伊豆半島には、源頼朝は長い間幽閉されていたこともあり、数多くの頼朝伝説があります。


f0315332_17581462.jpg


あ~ら、どっこいしょ。
って、腰かけたのかな~(笑)

f0315332_18004075.jpg


梅はそろそろ終わり頃。

このあと沼津へ


f0315332_18170747.jpg



本日の最終スケジュールは、沼津のうなぎ。

過密スケジュール喉乾いちゃった。
ビールもお願いしますっ。✌



おまけ

f0315332_18172609.jpg


富士山撮れ高少ないので、富士山羊羹をお披露目。(笑)

                                        つづきます。


[PR]
by ukico32744 | 2018-03-08 18:49 | 静岡 | Trackback | Comments(18)