2018年 08月 24日 ( 1 )

半分青いは半分知ってる

f0315332_17474902.jpg


上の子(息子、今は32才)が、生まれた時に書いていた育児日記というか、ヘタレ日記をようやく捨てる気になりました。

...............................

結婚して、うん十年が過ぎ、子供たちも社会人になって家を出て行ったころ、
ガッツでいろいろ捨ててきた。

こどもたちの想い出のものは、収納ケースひとつだけにして、捨てたのだった。

もう、ココロの中にある思い出でだけで充分じゃない?

そんな気持ちで、終わったときは「子離れ完了!」と思ったものよ。

でも、息子が生まれた時から一年間の、ヘタレ日記は、なんだか捨てられなかった。

少し読み返してみたら、わ~‼、完全にこの人、ヘタレてるわ~。と、すぐ閉じる。

恥ずかしいから捨てよ。いつかね…。と、しまい込んで幾年月。

そのいつかが、やっと来た!


..............................


朝ドラ「半分青い」は、放送が始まった2週間ほどは観てたような気がするけれど、
その後、わたしは観るのを止めてしまった。

でも、オットは朝ドラ大好きな人なので、毎日きっちり録画し、夜観てるのだ。

なので、顔はテレビに向いてなくとも聞こえてくるので、わたしは「半分青い」の進行具合は、なんとなく半分知ってる感じだ。

すずめ(どんな字だったか?)が、漫画を描くのを辞めたこと。
その後100均の店長になったこと。
そこで涼ちゃん(だったっけ?)と知り合って結婚して、すぐ離婚したこと。
実家に帰って、カフェを始めたこと。

どうしてそうなったのかの詳細は知らないけれど、すずめの波乱万丈は、こんな感じで大まかに知っている。

...............................


仕事は朝早く出かけることが多いのだけど、今週は変則的な勤務で、朝ドラの時間は、まだ家にいることが多かった。

きのう、洗濯ものを干しながら、何気に「半分青い」に耳を傾けたりしてると、
和子さんが、すずめに律の育児日記(ですよね?)を託してたシーンにハッとした。

ちょっと待って~‼
和子さん、その日記はヘタレてないのですか!?
律に見せて、あなたは何を感じてもらうのですか!?

洗濯物を干すのを一瞬辞めて、わたしは自分のあの日記はすぐに捨てよう!と思ったのだ。

もし、わたしがあの世にいって、あの日記を読まれたら嫌だ!

自己陶酔と自己嫌悪が入り混じった、わたしの日記は、和子さんの「それ」とは違い、
わたしだけで留まるものだ、と思ったのだ。

...............................


今日は午後からの仕事だったので、「半分青い」を、見るともなく観ていた。
きのうの今日なので、展開が気になっていたこともあり。

律が和子さんに、何もしてあげられない…というようなことを泣きながら言っていた。

でもね、律、「死」ってそういうものなのよ。

「死」には、抗えないし、誰もどうにもできないものだから。

...............................


「半分青い」、自分が観た部分だけに感じたことです。

熱心に観てらっしゃるかた、気分害されたらゴメンナサイ。

ただ、日記を捨てなきゃ!っていう気持ちの踏ん切りが付いたこと。

それを書きたかったのです。






[PR]
by ukico32744 | 2018-08-24 22:10 | 半径日常 | Trackback | Comments(20)