2018年 08月 26日 ( 1 )

旅の巨人!松浦武四郎展へ

f0315332_22104561.jpg


北海道博物館(札幌市厚別区)へ、松浦武四郎展を観に行ってきました。


f0315332_22191498.jpg




松浦武四郎は、北海道の名づけ親といわれています。
1862年(明治2)に、蝦夷地を「北加伊道」と改名する案を出して、
「加伊」を「海」とし、「北海道」と名付けられたのでした。

北海道命名150周年と、松浦武四郎生誕200年という節目の年で、
それを記念しての特別展です。



f0315332_22114215.jpg

大首飾りもステキな松浦武四郎は、幕末維新を生きた旅の巨人です! 
(実物の大首飾りの展示もありました)


とにかく好奇心が旺盛だったようで、16才の時に家出をして江戸に行きます。
(松浦武四郎の実家は三重県です)
二か月で連れ戻されるも、両親は武四郎は”旅をさせてなんぼの子”と気付き、
武四郎は17才で、放浪するのを許されます。

全国を放浪し、28歳のときに初めて「蝦夷地」に足を踏み入れ、
アイヌの人々と寝食を共にして、探検調査に精を出します。

蝦夷地に渡ること六回。
北海道Love♡が止まらない武四郎、北海道の開拓の立役者なのです。

f0315332_23333863.jpg

こどもしか入れない「こども体験展示室」
こどもでなくとも、入りたい (^^;

..............................


武四郎展、今日が最終日でした。

オットは北海道マラソンに出る友達の応援で出かけまして、
母はきのう日帰り温泉に連れて行ったお疲れが取れないようです。

ならば、わたし一人で、バスで行こ♪

新札幌の北海道博物館行きのバスは、めちゃくちゃ混んでました。
武四郎効果か?  それもあるよね~。

バス乗り場のとなりのレーンは、ファイターズ戦の札幌ドーム行きのバスが停まってましたが、
それと変わらぬ混みようです。

松浦武四郎展、それほど大きな展示会ではないですが、なんたって人物像が魅力的です。

情熱や好奇心が、ほとばしってるって感じ。

生涯旅を続け、71才で亡くなる前年には富士山登頂もやってのけるミラクルさ。

旅の巨人と云われるのも、頷けます。


..................................


この武四郎さんのドラマが、来年NHKで放送されるそうです。

ドラマにしたら面白くなりそうな、味のあるキャラですもの。

武四郎役は、嵐の松潤ですよ。






[PR]
by ukico32744 | 2018-08-26 23:41 | 半径日常 | Trackback | Comments(10)