2018年 09月 11日 ( 1 )

コモパン

f0315332_18494106.jpg


今日イオン系のスーパーでは「火曜市」

毎週行ってはお買い得品を物色してくるのだけど、今日はもちろん「ノー火曜市」であった。

火力発電所の故障の復旧が、予定よりかなり遅れるらしく、
企業も駅も市電も、人の集まるところは、真剣節電を開始した中、
スーパーもかなり照明を落としていて、
みな粛々と買い物してる感じ。
とても静かな「ノー火曜市」であったのだ。

そんな中、パン売り場はコモパンが、「今でしょ」とばかりに
大量に置かれていた。

賞味期限の長いパネトーネ種のコモパン、いつもパン棚の片隅に置かれてる。

たくさんパンの種類がある中、コモパンのあの味がとても好きな人以外は
あまり手に取ることはない、片隅のパンなのだ。

でも、今日はコモパン人気高かった。

わたしも3個買って、非常時のリュックに入れておいたよ。

f0315332_20152369.jpg

今日買ったコモパンは、賞味期限は11月3日
普通のパンとは、持ち加減がぜんぜん違うのだ。

..............................

保存料無添加なのに、ずっとおいしいその秘密とは、
イタリア北部のコモ湖周辺だけに生息する「パネトーネ種」。

100年以上も前から伝統的に受け継がれている、特別な酵母だという。

その酵母を、コモパンの会社は年に一回、イタリアから空輸して
大切に培養しているという。

なんか、改めてこういうの知ると、コモパン凄いね!と思うけど、
やっぱり、味はいまひとつなわけで… 。
(あくまでも個人的感想です…)

しかしもって、コモパンはもしやの非常時には活躍してくれるに違いない。

いつ起きるかわからない時用に常備するほどの、賞味期間ではないけれど、
非常時の要注意期間には用意するには、いい食べ物だと思う。

コモパンって、そういう時に、存在感を充分に発揮してくれるパンなんだね。




[PR]
by ukico32744 | 2018-09-11 21:15 | 半径日常 | Trackback | Comments(18)