2018年 10月 31日 ( 1 )

復興応援バスツアー「うみねこ号」に乗って

f0315332_18194190.jpg


10/21(日)、朝7時の盛岡駅です。
朝日が当たって、今日も旅日和になりそうです。

この日、盛岡駅前から8時出発の、復興応援観光バスツアーを予約してました。

f0315332_18241561.jpg


駅ナカのドトールで朝食を取って、「浄土ヶ浜・田老・龍泉洞・陸中海岸うみねこ号」に
乗り込みます。

盛岡駅でバスに乗り込んだのは、わたしたちを含めて10名ほど。
途中4名を乗せても、あまりあるバスの広さ。
東日本大震災から7年経ち、この観光バスに参加するかたも、少なくなってきてるのでしょう。
それでも運行させるという熱い心意気を、バスガイドさんの語りの一生懸命さからよく伝わってきました。

f0315332_18373485.jpg


いきなりですが、約二時間かけて、
宮古の町を抜けて、浄土ヶ浜に着きました。

宮古の町の中を通過する際、バスガイドさんから、やはり7年前の震災の話がでます。
もうすっかり復興して、元気を取り戻したかのように見える宮古の町の、ところどころに
2011・3・11 東日本大震災津波浸 ここまで
のプレートが目に入ります。
傷跡を忘れないために残すこともまた、大事なことなのです。



浄土ヶ浜がある風光明媚な湾を、遊覧船で周遊します。

f0315332_18413224.jpg


f0315332_18520528.jpg


リアス式海岸の複雑な地形が、よくわかる、ような気がする。

お天気がいいからと思うけれど、海の色がコバルトブルーです。
わたしは松島より、こちらが美しいと思った。

f0315332_18583319.jpg


白い砂浜の浄土ヶ浜。

浄土ヶ浜と云われる由縁がわかりますねぇ。

f0315332_19000228.jpg


眩しすぎて、手がブレる。
ここ、絶景のビューポイントなのに💦

浄土ヶ浜レストハウス前では、結婚式が行われてました。
我らは、その様子を横目でチラ見しながら、レストハウスで昼食です。

f0315332_20373145.jpg


宮古港は鱈の水揚げ日本一だそうで、鮮度の良い鱈を特製タレに漬け込んだ
鱈のぶっかけ丼を食してみる。
浄土ヶ浜レストハウスのイチオシの一品は、うーむ、わたしには微妙。。。

f0315332_20424835.jpg


オットはサンマのお刺身定食。
サンマのお頭付きって、リアルだわ~。

鮮度バツグンで旨し♪


観光バスはやっぱり気忙しい。
集合時間を常に頭に入れておかなければ、迷惑かけますから。
このバスに台湾人の一人旅の女性がいて、日本語がとても上手なのですが、
やはり理解力は我らのようにいかなくて、集合場所を間違えて、ガイドさんが捜しまわるという
一幕もあったのでした。

さて、今度はまた宮古に戻り、三陸鉄道に乗って田老(たろう)まで。
約20分間の鉄道旅です。


f0315332_23244005.jpg


三陸鉄道 宮古駅

終点は久慈(くじ)。
朝ドラ「あまちゃん」の舞台になった町です。
今回は残念ながら久慈までは行けないのですが、気分は”あまちゃん”で、
頭の中、タラッタタタタって、主題歌が鳴りっぱなし。(^^;


f0315332_23322371.jpg

地元のかた、観光客、鉄ちゃんと、様々な系統のかたを乗せ、出発です♪
 

f0315332_23381409.jpg

レトロ仕様車です。

f0315332_23341487.jpg

この日、運転手さんは女性。

バスガイドさんが言ってましたが、このかた運転デビューの日だったそうです。



f0315332_23423790.jpg


レトロ車のうしろは、普通車両が連結されてました。

この見慣れないアラビア文字は、クウェートから多額の支援金を受け、製造された車両のため、
感謝の文章が車体に記載されてるそう。

大震災後、いろいろな国から支援の手が差し伸べられたのですね。

さて、あっという間に三陸鉄道の旅を終え「田老駅」で下車しました。

田老では、震災ガイドさんから、震災後の防災の取り組みの話をお聞きします。

f0315332_23503286.jpg

バスの中から見た建設中の高い壁は防波堤です。

東日本大震災時、高さ10mある「万里の長城」とも云われた防波堤を飲み込み、
田老町は壊滅的な被害を受けました。

この世界一とも云われた防波堤を頼りにして、絶対と過信していたことから、
今、新たな防災の取り組みが、急ピッチで行われています。

f0315332_00092746.jpg

テレビニュースで見たかたも、いらっしゃると思います。

津波遺構として認定された「たろう観光ホテル」は
建物の3階まで津波が押し寄せたそうです。

たった30分の震災ガイドさんのお話でしたが、現状を見ることで、
少しだけ垣間見えた、東日本大震災その後でした。

さぁーて、この観光バスツアー、スケジュールが盛り盛りです。

この後、ここから1時間弱のところの「龍泉洞」という鍾乳洞を見学します。

f0315332_00212051.jpg


龍泉洞は、日本三大鍾乳洞のひとつ。

あとふたつは、山口の秋芳洞と高知の龍河洞ですって。

f0315332_00283770.jpg

地底湖の青色が「ドラゴンブルー」と云われるという。

あまり鍾乳洞は興味ないのよ。

暗くて先がよくわからない所は嫌いなんです。
小心者だから(笑)

みんなぞろぞろ進んでいく中、オットに「引き返す?」
「うん、そうしよう」って、そういうところが、なぜか馬が合う我ら(笑)

お休みどころで、ここの名産「岩泉ヨーグルト」を食べて満足♪

美味しいです。岩泉ヨーグルトは。

翌日のホテルの朝食バイキングでも、このヨーグルト、もりもり食べました。



盛岡駅に帰ってきたら、どっぷり日が暮れてました。

内容の濃い観光ツアーでした。
少々疲れもしたけれど、この後我ら、夕食目指してまた移動します。


さらに、続きます。





[PR]
by ukico32744 | 2018-10-31 05:48 | 東北(2018/10) | Trackback | Comments(16)