カテゴリ:東北( 6 )

秋田のイチオシ「金萬」

f0315332_17165775.jpg



秋田に来たら 是非とも買いたいものがありました。


『金萬』です。

白あんが詰まった カステラ地の小さなおまんじゅう。

秋田銘菓です。

小さな頃から大好きでした。

秋田空港で親戚が 買いに走ってくれました。



f0315332_17212308.jpg



箱の中の 「金萬」の整列が 美しいのです♪




f0315332_17260401.jpg



包装紙も むかしっから、この模様でした。


変わらぬものは 強い!と思います。




f0315332_17273038.jpg


(画像お借りしました)


札幌にも 「金萬」に極似の「とうまん」なるものがあります。


「金萬」を知ったのは 幼児のころ。

「とうまん」を知ったのは 社会人になってから。。

とうぜん、「金萬」が本家本元で、「とうまん」は類似品と思ってました。

味も変わらぬようで、絶妙な違いで「金萬」絶対上!だと

アタシのお口が認知しています。





しかし 実際は「とうまん」が 若干早く 売り出されたようでして、

さらに この手のお菓子は全国に いくつもあるのも知りました。



「とうまん」に寄せた 類似品疑惑 失礼しました。。(=_=)




そんなことを知ったとしても 「金萬」LOVEに 変わりありません。。

札幌には買いに走らず、何年かに一度、秋田で買いに走ります♪









[PR]
by ukico32744 | 2016-09-25 17:58 | 東北 | Trackback | Comments(6)

着いたら帰るの秋田一泊💦

f0315332_18013927.jpg

秋田空港です。

きのう、秋田に着いて、一泊して、今日は帰ります。


親戚に空港まで 送ってもらったのですが ギリギリな焦る感じで 到着です。


「着いたら お茶っこ 飲もうと思ったんだはっ$で#~」


と、親戚(いとこ)は言ってたけれど、 時間配分がアバウト感覚のようで。。


田舎なゆる~い感じが こんなとこにも 垣間見えます (^-^;


f0315332_18120440.jpg


今日は 晴天 飛行機日和り


飛行機の窓から 秋田の田園風景が見えます。


稲刈りのころです。 田んぼは黄金色




f0315332_18171275.jpg

今日の我が家からの夕日


きのうは秋田で 夕日を見たよ。








[PR]
by ukico32744 | 2016-09-24 18:23 | 東北 | Trackback | Comments(7)

んだ。んだ。秋田

f0315332_12464655.jpg
 


里に帰った母を迎えに秋田に来ました。

空港からリムジンバスにダッシュで乗り込み、秋田駅に着きました。

これから又JR に乗りますよ。

田舎なんです。


とっても。


f0315332_12464940.jpg



秋田来たからには 比内鶏だっ❗

♥究極の親子丼♥にしてみました。

肉の弾力すごっ‼

f0315332_12552689.jpg

[PR]
by ukico32744 | 2016-09-23 12:41 | 東北 | Trackback | Comments(4)

塩釜・松島健脚K点越えの旅

f0315332_17165541.jpg

仙台旅行二日目というか もう帰る日です。
前日、牛タンやらずんだもちやら冷やし中華やら
(仙台には冷やし中華発祥のお店があり暑い寒いにかかわらず、一年中冷やし中華が食べられます)
お腹を満たしすぎた我ら、
二日目(11月4日)は 塩釜・松島方面へ足を延ばしました。

塩釜市は仙台から京浜東北線で20分くらい。
何が有名かと云うと寿司店の多さ。
日本有数の大漁港のお膝下ですから。。
今回は時間の都合で「寿司」はカット‼
そんなぁ~(>_<)次回があるかどうかわからないのに。。
しかし冷静に考えるに、
「寿司はやっぱ北海道が一番じゃね?」
という結論に。。
そんでもって 松島で焼きガキなどをいただきました。

塩釜市には塩釜神社という1200年以上の歴史ある神社がありまして、
旅のお礼と家族の健康を参拝祈願いたしました。
202段の石段の急なこと‼
ちょっとしたジャンプ台みたいです。

f0315332_17410378.jpg

ガオゥ~!
鳥居にかぶりつく狛犬さま!?(笑)
(注・鳥居は国の重要文化財)

塩釜神社は観光名所としては かなりマイナーですが
そんなところにも中国人の旅のご一行さまが来ておりまして
元気な中国語が境内をワンワン飛び交っておりました(*_*;


塩釜から観光遊覧船に乗り松島へ。。

f0315332_17560776.jpg
f0315332_17564487.jpg

小さな島々が点々と浮かんで ひとつひとつにご丁寧に名前が付いている。
「島」というより「岩」といってもいいくらいな。。
震災でよく持ちこたえたものだと思いました
「右をご覧ください そして左をご覧ください」
の船内アナウンスを聞き逃すまいと首を左右に振る我ら。

f0315332_18050949.jpg

五大堂が見えて松島到着

f0315332_18065517.jpg

瑞巌寺前の紅葉が この旅一番のキレイ紅葉でした。
瑞巌寺は現在平成の大修理中。
参道の杉並木が圧巻なのですが 工事現場みたいになってて
立ち寄らずにスルーです。

アタシは中学校の修学旅行で松島を訪れています。
もうだいぶ前のことですが 脳が若かったせいか?!けっこう記憶に残っていて
松島はウン十年前と全然変わってないような気がしたし
瑞巌寺の杉木立の参道は修学旅行の朝に歩いたのを覚えています。

再びの松島
帰りの電車の時間が気になって 早歩きの松島になりました。
なにしろ帰りのヒコーキに乗り遅れたら大変ですから!

一泊二日の再びの修学旅行のような旅 
足が棒になったけど 堪能しました。

おまけ

f0315332_18192040.jpg

帰りのAIR DO機内で
新発売500円のスープカレー
なかなか美味し♪





[PR]
by ukico32744 | 2015-11-09 18:35 | 東北 | Trackback | Comments(10)

るーぷる仙台で仙台タウンバスの旅

秋の澄んだ青空は旅気分を否応なしに盛り上げてくれます。
バス遠足気分で 観光循環バス「るーぷる仙台」に乗り込みました。

「るーぷる仙台」は約一時間で仙台市内の主要スポットを一周する循環バスで
このバスに乗ってると効率よく観光スポット巡りをすることができるんです。
f0315332_19004024.jpg
瑞鳳殿(ずいほうでん)
仙台藩祖・伊達政宗公の廟所
登りがなかなかキツイ石段あるけれど
途中で杖の貸し出があり 高齢者に優しいサービス。

f0315332_19105493.jpg
仙台城跡の高台に建つお馴染みの正宗騎馬像
正宗公は市内の眺望を楽しむかのように。。

「るーぷる仙台」を有効に使って市内を一周しました。


仙台タウンの広い車道と歩道、
広瀬川のキラキラの川面と清い流れ、
東北大学付近の環境の素晴らしさ

バスの中から”杜の都”の魅力を車窓越しに発見したり確認したりの
大人のバス遠足は
飽きることなく続きます。


この日 メインストリートのホテルで何かのイベントがあったのと 県立美術館での「ピカソ展」の為に
バスが遅れ気味で 運転手さんが
少しでも遅れを取り戻そうとしてる姿は好印象でした。

小さなことで「頑張ろう」の積み重ねは 大きな「頑張ろう」の渦になります。
この「頑張ろう」のトルネードで 最強な町に発展したことは間違いないようです。




おまけ
f0315332_23482647.jpg
この”ずんだもち”、感動的な美味しさでした♡

f0315332_23512477.jpg
f0315332_23532235.jpg
ここの蒲鉾店の店員さんの”神対応”、素晴らしいです!


[PR]
by ukico32744 | 2015-11-07 00:08 | 東北 | Trackback | Comments(4)

杜の都・秋色に染まる仙台へ

f0315332_18525300.jpg

11月3日文化の日 一泊二日で仙台にやってまいりました。
”杜の都”といわれる仙台は ”住めばもっと都”を感じさせる 清々しいエネルギーが湧いているような町でした。

 

f0315332_18594387.jpg

杜の都を象徴する定禅寺通りのケヤキ並木。
朝イチの飛行機に乗った我ら(旅のお供はオット)、午前10時過ぎには
定禅寺通りをブラブラしておりました。
並木の両側は車がブンブン行き交っているけれど
並木通りの中は 集う人、憩う人の安らぎの場に。。

f0315332_18571528.jpg


ケヤキ並木は程よく秋色に染められて 落ち着きの空間に。。 
夏は七夕祭り、冬はイルミネーションの光のページェント。
その盛大さや華やかさは凄いだろうな。。と想像しますが
落ち葉を踏みしめて歩く 今この時が自分にはしっくりくるような気がします。

f0315332_19240631.jpg
この日(3日)は 「杜の都アート展」という フリマ的なイベントが行われていました。


f0315332_19261954.jpg
定禅寺通りをブラタモリ?したあとは 「るーぷる仙台」という仙台市観光循環バスに乗って
市内をグルグルしたいと思います。

f0315332_21113086.jpg
発車オーライ!



                                To be continued

 

    


[PR]
by ukico32744 | 2015-11-05 21:16 | 東北 | Trackback | Comments(4)