カテゴリ:静岡(2018/3)( 5 )

静岡最終日。一瞬の富士山絶景を目に焼き付けて

f0315332_18130338.jpg


静岡旅行三日目です。
お天気は曇り。
とりあえず、ホッとする。

この日は富士山へぐぐぐっと接近し、富士五湖をぐるり巡って、
その後、まっすぐ帰路の空港へ。

山梨県にも少し足を踏み入れることになります。

どうしたものか、一日目、二日目以上に写真が少ないのです。
と、言い訳しながら、内容薄めの旅のblogを、見切り発車します💦



f0315332_18425833.jpg



富士山方面へ向かう途中に寄った、伊豆フルーツパークでのイチゴ狩り食べ放題の図↑↑(笑)
(あれ⁇手がグローブみたいになってるー💦)

朝食からまだそれほど時間が経ってないので空腹ではないけれど、
旅行中のビタミン不足を補おうと、ぱくぱく食べる💦




お腹パンパンで、次行こう♪

バスは高速に乗り、御殿場インターで降りた。

もう富士山目の前なのに、影も形も、すそ野もなにも見えない。
辺りは、富士山は無かったかのような、もしくは消えてしまったかのような図。

ガイドさんの、ここに富士山が見えたとして、、、の仮定のお話を、
わたしたちも、あったとして、、と想像を膨らませて神妙に聞く。

そうこうしてるうちに、
富士山の伏流水を水源とする湧水池が、八つある忍野八海(おしのはっかい)へ。

f0315332_19025608.jpg


素朴な田舎の里が観光化したみたいな場所。

日本の原風景みたいなところなので、外国の観光客(主にアジア系)が多い。



f0315332_19095784.jpg


浅間神社は富士山信仰の神社で、富士山周辺にはいくつもあるらしいです。

忍野八海にもあった。
お参り出来て良かった。



忍野八海を発って、富士五湖をバスで巡る。

河口湖だけ立ち寄り、あとはバスの中から眺めるだけ。

途中バスの中で、雲が切れて、ぱぁ~と晴れ間が広がり、富士山がくっきり顔を出した。

歓声が沸くバスの中⤴⤴(*^^*)

写真を撮ろうと思っても、バスは動くし、窓越しにはよく撮れないことはわかっているので、
友としっかり眼に焼き付けよう!と、じぃ~っと見入る。

眼に焼き付けた富士山は、きっと忘れない。




河口湖に立ち寄ったのに、写真を一枚を撮らなかったと、バスに乗ってから気が付いた。

それは山梨県の銘菓「信玄餅」をゲットするために、自由時間20分、信玄餅に費やしてしまったから。

「信玄餅」美味しいのよ~♪とは、ひとり旅女子Aさん情報。

気が付けば、河口湖、湖畔まで行ったのに、印象が薄いというか、印象ゼロ。

きっとこれから、河口湖といえば、信玄餅を思い出すに違いないです。




そして、またバスに吸い込まれ、次の目的地へと運ばれる。

f0315332_21224812.jpg


バスの中の昼食は「シラスと桜エビのお弁当」

次の道の駅で「ほうとう」とかあったら、絶対食べたいな、と、お弁当は半分残した。

f0315332_21251630.jpg


道の駅「朝霧高原」は、富士山のビューポイントだけど、ここでも厚い雲に阻まれてしまった。

「ほうとう」もなかった💦




富士山静岡空港に着くと、ガイドさん運転手さんにお別れ。
そして、一緒の飛行機に乗るのに、添乗員までもが、では、皆さんさようならと云う。

なになに?ここから何かあったら責任取らないっていう体(てい)?(笑)



ツアーのみなさん、三日間一緒にいると、観察しなくとも、いろいろ見えてくるものがあった。

とにかく、よく笑いよく食べる女性三人組。
やたらお土産を買いこむ、爆買い熟年ご夫婦。
カラダの弱そうな奥さんを終始気遣うご主人の、思いやり夫婦。
立ち寄ったお店で、文句を言ってたのを2回目撃したクレーマー気質のご主人と、
それを見て困り顔の大人しそうな奥さんのご夫婦。

それぞれ、どんな思い出の旅になったのか。。

なんといっても印象に残るのは、ひとり旅女子AさんとBさんだ。
バス席が近かったこともあり、この二人は、旅情報をよく交換してるのを小耳にはさんだ。

Aさんは、二日目の台風並みの風の強い夜に、
駅前から出てる無料バスで健康ランドに行ってきたという行動派。

Bさんは忍野八海で、無断に民家に入り込んで写真を撮っていた中国人に、英語で怒鳴り散らした勇敢な人。

この二人は、「おひとりさま」の楽しみ方を知っている。
見てて気持ちの良い二人だった。

わたしは今回お友達と一緒だったけど、みんな仲間がいる中、「ひとり」というのは、
逆にちょっと勇気がいるかもね、と思う。

f0315332_14274175.jpg

帰りの飛行機の中から。

さよなら、富士山。

また会いましょうーね。










[PR]
by ukico32744 | 2018-03-13 15:11 | 静岡(2018/3) | Trackback | Comments(24)

伊豆の思い出橋

さて、わたしの二泊三日静岡旅行も、残すところ三日目の最終日のみとなりました。

前回のblogで、伊豆半島をバスでぐるり回ったことを書きましたが、
blogに書こうと思っていて、ひとつ書き忘れていたことがありました。




それは、道路のこと。

不思議なというか、面白い道路を、行きと帰りに、2回通ることができました。

河津七滝ループ橋です。


f0315332_16061344.jpg

画像お借りしました

伊豆天城トンネル方面と、下田、河津を結ぶ、れっきとした国道414号線です。

ソフトクリーム巻くように、くるくる二重にループ。

わーい、遊園地のアトラクションかいな~♪と、愉快な気分になる人いれば、
ううぅぅ、、、!って、気持ち悪くなる人もいるかも。(笑)

暗くなってから通過したときは、さすがに、ちょっと怖かった。
危険防止のため、制限速度30キロ。もちろん追い越し禁止です。





かつては山に沿って、つづら折れになっていたこの道路、
地震の土砂崩れで道路が寸断したことがあり、
昭和56年にループ橋が完成したとか。

この橋、土木学会の偉い賞を受賞したそうです。



峠越えに、いきなり現れる「くるくるアトラクション」(笑)

インパクトありましたよー (^-^)

f0315332_16204778.jpg

画像お借りしました

 

次回は旅行最終日です。


[PR]
by ukico32744 | 2018-03-11 16:33 | 静岡(2018/3) | Trackback

ツアー二日目 雨の伊豆半島

3/5、静岡ツアー二日目は、朝からどんよりしたお天気。

この場にちびまる子ちゃんの丸尾君がいたなら、
ズバリ降るでしょう‼
と断言するほど、
雨の確率100%の予報です。

なので皆さん、傘やレインコートの雨具は準備万端。
腹をくくってのお出掛けです。

注: 雨のため、この日もあまり撮れてません💦
あしからず。(^^;



沼津のホテルを8時に出発。

今日は伊豆半島を南下するスケジュールです。



バスに乗り込み、ほどなく降ってきた。

まずは修善寺梅林公園


f0315332_18220320.jpg

きのうで梅まつりが終わっていて、雨も降ってるし、時間も早いし、
ここにいるのは、我らツアー客のみ。

これ、少人数だったら、絶対さみしいシチュエーション、と思うわけ。



f0315332_18254114.jpg

梅って、やっぱり枝ぶりが命よね~。

散り梅を前にして、強がりを言ってみたりして(笑)



f0315332_18302348.jpg

この葉牡丹、富士山カタチになってた。


ここ修善寺梅林で、ツアー客のご夫婦に、わたしとお友達とのツーショット写真を撮ってもらう。

「1枚300円よー 笑」と奥さんとご主人。
「あとでまとめて請求書送ってくださーい 笑」って、わたし。

二日目ともなると、気心も知れてきて、少しフレンドリーになったりする。

このご夫婦、ペアのパーカ着てて、皆に「ペアルック」と呼ばれてたわ。



次に向かうは、浄蓮の滝、天城越え と、怒涛の石川さゆりワールドへ。

ガイドさん、もちろん「天城越え」歌います。
お上手‼ みな拍手。

f0315332_18443251.jpg


浄蓮の滝を間近に見るには、急な下りを歩いて行く。

雨降ってるし、みんな上から見下ろすだけでいいという中、
何人か下に降りていく。

せっかくだもの。わたしも行く。

目の前の浄蓮の滝は、テレビで何回も見たことがある浄蓮の滝と同じだった。(当たり前か。。)

f0315332_18480297.jpg


下っていったところに わさびのお店とわさび田。

この辺は「わさび」の名産地です。

わっしわっしと上に上がったら、浄蓮の滝を見に行かなかった友は
お気楽にわさびアイス食べてた。おいおい💦




f0315332_18514159.jpg


天城峠の道の駅で「しいたけコロッケ」をば!

やばーい♪。
美味しいーってこと、近ごろ、こう言うよね。

もひとつ、やばーい!
天城峠の写真、「しいたけコロッケ」だけだった~💦(>_<)



雨は小降りから本降りへ。

そんな中、峠を越えて下賀茂へお花鑑賞へ向かう。


f0315332_16260445.jpg

桜と菜の花は春のお花のツートップ。

下賀茂は「伊豆の小京都」と云われ、下賀茂、上賀茂、一条、二条など、
京都ゆかりの地名があり、風情のある町という。

確かに、バスの中からの景色は、雨で霞みながらも、京の里山を思わせる町だった。

ここで降りて、ちょっと歩きたいのですが。。。
叶うはずもないので、思うだけ。
見たい景色はどんどん流れてゆく。

そして、早咲きで有名な河津桜発祥の地の河津町を、ひとまず素通りし、
わたし的に、今日のメインイベントのひとつ、
下田で昼食。

f0315332_16374193.jpg

ヤッホー♪ 下田名物「金目鯛」!

下田は昼食を食べるだけだったけれど、函館とともに、日本最初の海港場。
開国にまつわるいろいろな歴史施設もあり、
ここも、後ろ髪引かれる町でした。

さぁ、取り敢えず、河津町へ引き返しましょ。

河津町では「河津さくらまつり」が絶賛開催中で、ここで、たっぷり2時間自由時間があるのだけど、
何しろ、雨は本降りを通り越して、どしゃ降り💦

もう、帰りたーいコールが多い中、バスの運転手さんも休憩時間が必要なので、
時間通りのスケジュールとのこと。

f0315332_16542367.jpg



コーヒー飲んで、まったりしていたら、雨が次第に小雨になり、ついには一時止んだのだ。

残り30分で、河津さくらをダッシュで愛でる。


f0315332_16551008.jpg



f0315332_16562140.jpg


河津桜は濃いピンク。
八重桜に似ているね。

川沿いに桜並木が、1.5キロほど連なって、圧巻の見応えなのですが、
バスの中から、首を長くして、目に焼き付けました。

さて、もう時間は16時過ぎました。

これから行きと同じコースをまた北上して、沼津にもどるのです。

沼津のホテルに着いたのが18時。

雨は止んだようだけど、台風なみのもの凄い強風。
自転車が、のきなみ倒れるくらいに。

夕食はフリーで各自食べるのだけど、この悪天候の中、皆さん、隣りのビルの飲食店街で済ませた模様。

わたしたちも含めて、飲食店をさまようツアー客たち。(笑)

自由に沼津の町を彷徨いたかったわよね~。仕方ないけど。



f0315332_17204492.jpg


本日の締めのビールでした (^-^)









[PR]
by ukico32744 | 2018-03-10 17:29 | 静岡(2018/3) | Trackback | Comments(18)

二泊三日静岡ツアー旅のはじまり

f0315332_16281771.jpg


3/4~3/6の、静岡旅行、お友達と二人参加です。

ツアー名は『伊豆半島と富士山ドライブの旅 三日間』

行きの飛行機の中、キレイに富士山見えたけど、これから飽きるほど見られるのだわ~と思うと、
おざなりな感じで「パシャッ」と一枚撮ってみる。

結局、この一枚をblogの冒頭に使ったということは、富士山撮れ高が極端に少ない結果。

今回の旅、はっきりと富士山を目の当たりできたのは、ほんの僅かな時間でした。



ツアー旅行は、はるか昔の香港旅行以来。

観光バスに空席がないので、定員いっぱいいっぱいの参加者。
添乗員さんは、毎年人気のツアーなんですよー、とね。

ツアー参加者は40~70代くらいか。
夫婦、母娘、お友達同士、女性のおひとりさまも3名ほど。



静岡は意外に!?東西に長かった!
富士山静岡空港は静岡の真ん中より西のほう。

このツアーの向かうところは、静岡の東方面なので、けっこうバス移動時間が長いです。

静岡といえばお茶が有名。
空港付近にはだんだんになった、可愛らしい茶畑が見られたけれど、
東のほうに向かうにつれて茶畑はなくなります。
特産品が、地方によって違うのですね。


f0315332_17014371.jpg


まず手始めは、清水港をクルーズしながら富士山を見るというスケジュール。

カモメだらけで、富士山どころじゃないんですよね~💦

こら、こらっ!エサを与えるでないヨ!
と、強く思うけど、エサ、売ってるから、仕方ないの。

f0315332_17042961.jpg


カモメ越しの富士山、わかります?

このカモメたちは、ゆりカモメです。
渡り鳥なだけにスマート。


f0315332_17143431.jpg


うっすら、富士山。

温かくて、汗かくほど。
そのせいか、遠くは春霞がかかったように見えます。


f0315332_17085460.jpg


清水市といえば、ちびまる子ちゃん。
わたしにとってツボな写真撮る時間が、あまりないのよ。ツアーって。。(笑)




次、三保の松原へ向かう。

f0315332_17164314.jpg


三保の松原、若干期待外れ。
というか、世界遺産に登録されてるので、わたしの期待が膨らみすぎた。

富士山のビューポイントでもあるけれど、なぜか大きいクレーン船みたいなのが泊まっていて、
ビューが台無しなのよ。シュン。。⤵⤵

ここの浜辺で、石に白い筋が入ってるハチマキ石を見つけると縁起がいいそうで、
わたしとお友達、富士山そっちのけで探しだしたら、あるある、すごーくあるの。

f0315332_17302446.jpg


ちょうど光の当たり具合で、ハチマキ見えないっか。。

気が付いたら、もう集合時間20分切ってたー💦
ここから大型バス駐車場まで15分はかかるから、
わわわーっと、お友達を引っ張って早歩きです(友=69才)

それでも、お茶屋さんで、サービスの安倍川もちと煎茶は、しっかりいただき、
集合時間きっかりにバスに到着!

あれ?羽衣の松って見たっけ?
見てないよね!? そだねー。(^^;

三保の松原、ここでも撮り高が少ないのでした。


ここから、またけっこうバスに乗り、東へ東へ。三島市へ。


f0315332_17404184.jpg


三島大社に着いたのは、夕方5時過ぎ。

移動の車中で、バスガイドさんが話した、三島大社の「福太郎餅」。
ツアー皆さん(もちろんわたしも)、お参り以上に福太郎餅へ気持ち傾く。

バスを降りて、いざ!いさ!福太郎餅と頼朝気分で、はせ参じたのにも拘わらず、
ち~ん。。もう店じまいしてるしぃ⤵⤵

でも、歴史の重みも感じつつ、清々しいお大社でありました。

f0315332_17534380.jpg


このお大社には、源頼朝と北条政子が、腰かけたという石がある。

伊豆半島には、源頼朝は長い間幽閉されていたこともあり、数多くの頼朝伝説があります。


f0315332_17581462.jpg


あ~ら、どっこいしょ。
って、腰かけたのかな~(笑)

f0315332_18004075.jpg


梅はそろそろ終わり頃。

このあと沼津へ


f0315332_18170747.jpg



本日の最終スケジュールは、沼津のうなぎ。

過密スケジュール喉乾いちゃった。
ビールもお願いしますっ。✌



おまけ

f0315332_18172609.jpg


富士山撮れ高少ないので、富士山羊羹をお披露目。(笑)

                                        つづきます。


[PR]
by ukico32744 | 2018-03-08 18:49 | 静岡(2018/3) | Trackback | Comments(18)

富士山を見たい!

f0315332_16155327.jpg

去年の11月、鎌倉検定当日、大町の安国論寺冨士見台に登って拝んだ富士山。

スマホのカメラでは、こんな感じで限界です💦



鎌倉では、いろんなところから富士山を拝めるけれど、
わたしが今までに見て、一番圧巻!と思ったのは、
羽田空港から横浜へ向かうバスの中で、横浜ベイブリッジを通過するときに現れた富士山。
カメラで撮るのも忘れて見惚れてました。





4日に静岡へ行きます。

国内では初ツアー旅行。
行くところも宿泊も移動手段も、すべてパッケージ。
とってもラクだけど、旅を前にして、物足りなさも感じます。
わたしの旅はいつも、宿泊や航空券の予約から始まり、
それが大きな楽しみでもあったりするのです。
旅の醍醐味は「準備段階」!
そう豪語するほど、旅、行ってないですけどね(笑)



ツアー名は「伊豆半島と富士山絶景ドライブの旅」。
なにやら、富士山三昧の旅みたいですよ。

旅行のお伴は、お友達。
今年70才になる、年の離れたおともだちです。

わたしが18才、まだまだあお~い頃からのお付き合い。
40年近く、見放さないで、付かず離れず、よくぞお付き合いしてくださいました💦

そのお友達から、旅のお誘いを受けました。

なぜか、自分は短命と信じて疑わない彼女。
いろいろ海外旅行などもしてきたというのに、まともに富士山を見たことがないという。

でね、いつか富士山を間近で拝みたいと思っていたけれど、
時間は待ってくれないと、
やりたいことはやっておきたいと、
ツアーのパンフを見せながら、とうとうと語るのです。



そんなわけで、お友達と2泊3日の静岡の旅へ行ってまいります。

富士山拝んだりぃ、河津さくら愛でたりぃ、イチゴ狩りしたりぃ、
ツアー旅行って、内容盛り盛りで楽しそう⤴⤴



きのうからの冬将軍の大暴れ、15時過ぎて、やっと落ち着いてきました。

明日は晴れの予報だし、明後日は飛行機も飛ぶことでしょう。

一足先に、少し春を感じてきます(^-^)


クララさん、そんなわけで、近くまで接近するのに、逢えずにザンネンです (>_<)


[PR]
by ukico32744 | 2018-03-02 21:15 | 静岡(2018/3) | Trackback