<   2018年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お寺カフェ安寧の魅力

f0315332_15490889.jpg


鎌倉円覚寺の中には、お寺カフェ「安寧」(あんねい)があります。

一番人気の、安寧あんみついただきます。

f0315332_15510812.jpg


円覚寺は広大な禅寺で、円覚寺の中にも
いくつものお寺が存在しています。
そのお寺を「塔頭」(たっちゅう)といいます。

如意庵も塔頭のひとつ。
「安寧」は、如意庵の中にあるのです。

f0315332_15550671.jpg


大きく写してるけど、なんとも控えめな看板なのです。
だいたいの人は見落としてスルー。
でもSNS効果で、じわじわ広がり、そしてあっという間に存在は有名となるところに。

f0315332_16025225.jpg


お玄関ですわよ。

呼び鈴をチリンとならすと、奥の方からお 店の人が来て、案内してくれます。

上品で鎌倉らしいです。

女子はこういうのに目がないですからね。

f0315332_16054876.jpg


ほうじ茶も、入れ方がいいのか
葉がいいのか、とても美味しい。

f0315332_16091890.jpg


お庭に面してて、とても静かな
鎌倉時間を味わえます。

それはそれは瞑想できるほどに。

まったり過ごしてたら、
いや〜ん↘↘
女子5人の御一行さま現る!

女子5人の迫力は、ほら、想像つくでしよ?
身に覚えあるでしよ?(笑)

お先に失礼〜(;_;)



f0315332_16315457.jpg

で、気を取り直して、

この時期の円覚寺は「ヒメツルソバ」のピンクの可憐な小さな花の絨毯が楽しみなのです。

でもちょっと遅かった。終わりかけだった。


f0315332_16333441.jpg


塔頭 龍陰庵に上がる階段のところの
なごみ地蔵さんは、長谷寺のと
同じものだけど、ここのは目立たないので、
お披露目しておこう。^_^

f0315332_16345767.jpg


考えるポーズの仏さまもお気に入り。


 
円覚寺の紅葉ももうザンネンとしか
言いようがないけれど、
午前中に行った源氏山公園の紅葉の色づきはグッド⤴

f0315332_16493973.jpg


今回鎌倉来て、初めてあ〜綺麗♪と思った瞬間。






[PR]
by ukico32744 | 2018-11-30 17:20 | 鎌倉(2018/11) | Trackback

ビゴの店でモーニング

f0315332_08041952.jpg


おはようございます。

朝7時前の鶴岡八幡宮、三の鳥居前の交差点、
昼間は大混雑のところ。

f0315332_08084533.jpg


鎌倉に来たら、ご挨拶のお参りはかかせないところです。

f0315332_08100799.jpg


そして、今朝の朝ごはんはというと、

モン・ペシュ・ミニョン

です。


鎌倉は今、パンが熱いのです。

そんなパン激戦区の鎌倉の人気店といえば、必ずここが紹介されるほど。

モン・ペシュ・ミニョンって
「わたしのお気に入り」という意味らしいけど、
舌噛みそうで、フランス人でないと
うまく言えそうにない(笑)

なので「ビゴの店」と言ってるかたもいますね。

フランス人のパン作りの巨匠ビゴ氏のお弟子さんのお店なのでね。

f0315332_08202509.jpg

ほら、ビゴの店って、書いてあるし。

f0315332_08214278.jpg


張り切りすぎてオープンと同時にお店に入ったのだけど、まだ大部分が焼き上がってないという感じで、ツナとトマトのサンドイッチを買って、イートインで食べます。

f0315332_08234824.jpg


パン、めちゃめちゃ美味しいんですけど‼

ここはハード系のパンが格別らしいけど、
わたしソフトパンが好きなので。

椅子の背もたれが可愛い。
でも、コーヒーの入れ物が紙コップで少しザンネン感あり(汗)

f0315332_08272664.jpg


金沢街道、ちょうど岐れ路のところ。

7時過ぎると、車の往来も激しくなってきました。

[PR]
by ukico32744 | 2018-11-30 08:30 | 鎌倉(2018/11) | Trackback

カフェ坂の下を出て

f0315332_14570175.jpg


カフェ坂の下を出て、少し下るとそこは海です。

坂の下から、ぱっと開ける海は
鎌倉らしいロケーションです。


f0315332_15000993.jpg


さて、1時間ほどいて外に出ると、
けっこう待ち人並んでた。

午後は、みなまったりしたいからカフェに
集まるのね。


駅前や長谷寺の交差点前は凄い人。

やはり、いるところにはいるもんだ。

午後になると湧いたように人出が増えますね。

明日は今日より人混みが予想されるお休み前のフライデー。

早朝から活動開始で、混雑を避けて歩きましょう。

f0315332_16300366.jpg


大好きな妙本寺。

駅から徒歩10分で、この静けさ。

鎌倉は一本裏道に入るだけで、喧騒が嘘のよう。



鎌倉、今年は驚くほど、紅葉🍁してないです。

っていうか、塩害の被害が深刻。

北鎌倉のほうはどうだろう。

明日は、源氏山のほうや、北鎌倉方面をパトロールしてこよう。

f0315332_16332136.jpg


このお花、海堂じゃない?!

春に咲く花が、一輪二輪と。

どーしたの?

季節間違えちゃったか?



[PR]
by ukico32744 | 2018-11-29 17:08 | 鎌倉(2018/11) | Trackback

鎌倉 カフェ坂の下より

f0315332_12594270.jpg


鎌倉 カフェ坂の下に来ています。

カフェ坂の下は、鎌倉ドラマ「最後から二番目の恋」の中の、カフェナガクラのロケ地として有名になったカフェなのです。


f0315332_13091956.jpg


カフェ坂の下は、古民家をリノベーションしたカフェのハシリのお店と思います。

外観、フツーに古い住宅です。
そのフツーさが、何気に貫禄。



「最後から二番目の恋」は、わたしが平成で、
もっとも好きなドラマと言っていいほど、
惚れ込んだドラマです。

わたしのブログのなかには「最恋」のカテゴリがあるのだけど、いつも適当にブログ内容を仕分けしてるわたしが、わざわざカテゴリをつくるくらいですから、思い入れがハンパないのが
おわかりでしょ。(笑)

2014年を最後に「最恋」の時は止まってるけど、千明と和平が歳を重ねても、わたしは続編を待ってるヨ‼

f0315332_13183913.jpg


生クリームの決めの細かさグー♪
淡雪みたい。


f0315332_13223554.jpg



今日の鎌倉は、なんだか空いてます。

週中の木曜を狙ったのが当たりました。

この様子だと、いつも混み混みのお店はチャンスかも!

で、今まで並ぶのが嫌で、カフェ坂の下はスルーしてました。

今日は待ち人もなく、即入店。
ラッキーサーズデーです。


[PR]
by ukico32744 | 2018-11-29 02:05 | 鎌倉(2018/11) | Trackback

ある日の読書『どこでもない場所』

f0315332_18060479.jpg

どこでもない場所   浅生 鴨


このかた、ぜんぜん存じ上げなかったのですけど、ラジオ番組にゲストで出演されていたのを聴き、
なんか面白そうな人と、頭にインプットされたのでした。

浅生 鴨さんは、「あそうかも」と読みます。
「あ、そうかも。」が「あそうかも」になったという、なんともふざけた名前。
もちろんペンネームです。

浅生さんは、2014年までNHKに在籍していて、「週刊子どもニュース」の演出などしてたようです。
また、NHK公式Twitterの広報ツィート担当として、
NHKらしからぬ、ゆるいつぶやきが人気となったそうですが、
そんなこと、知らぬ存ぜぬのわたしです。

今のお仕事は、小説やエッセーを書いたりの自由業なのですね。
型にはまることが苦手にしてるような、
本を読んで、そんな気がしました。

.................................

「どこでもない場所」はエッセーなのですが、やはりここでもゆるい語り口。

学生時代の迷い、旅先や仕事での迷い。
このエッセーの核心は「迷い」なのです。

あ、ここにもこじらせ男子がいた!というのが、第一感想。

図らずも、こじらせ男子の読み物が続きました。

こじらせ男子たちの、迷走エッセーが今面白いです。


...............................


明日から二泊三日で鎌倉へ行ってきます。

鎌倉から、短いblogを時々発信していきますね。(←多分) (^^ゞ


[PR]
by ukico32744 | 2018-11-28 21:05 | ある日の読書 | Trackback

野菜のお寿司って知ってる?

f0315332_11260614.jpg


写真が、照明の関係か黄色っぽくなっちゃいましたけど、
先日息子夫婦に誘われて、行ったお店のお寿司が、
なんと、野菜のお寿司なのでした。

コース料理の最後から二番目の品が、この野菜のお寿司なのでした。
(最後はもちろんデザートね)

左から、焼きナス、しいたけ、ピーマン、茗荷、レンコン、トマトは軍艦で。

さっぱりして、お料理の後半に出て来ても、重たくないのでペロッと食べられるの。

目にもお腹にも保養になりました。

ごちそうさま。






f0315332_17134958.jpg


大通り公園では、ホワイトイルミネーション開催中。

寒い日がひときわキレイに見えるのは、やっぱり空気がキンキンに冷えて澄んでるってことかしら。


.................................


あと一か月ほどで、息子たちにベビーが生まれます。

こんなふうにゆっくり食事ができるのも、これが最後でしょう。

今度は嬉しい騒々しさを経験させてもらえるのだわ、と、
何気に嫁の大きなお腹に感謝するわたし。(*^^)v



[PR]
by ukico32744 | 2018-11-27 11:54 | 半径日常 | Trackback | Comments(15)

ある日の読書『ナナメの夕暮れ』

f0315332_21110225.jpg

ナナメの夕暮れ  若林正恭


自意識過剰、人見知り、社会不適応と難解な自分分析に苦悩する、
典型的なこじらせ男子の若林くん。

そんな若林くんも、40才のおじさんになったという。

おじさんになって、「生き辛さ」から解放された。
「自分探し」はこれにて完結!

と、表紙に書いてある。

持って生まれた性格を克服したわけでは無さそうだけど、
これだけテレビで活躍し、本が売れてるということは、
自分が世間に認められている、という自信になってるのは確か。

社会での立ち位置をちゃんと確立した若林くんが、「生き辛い」などと言ってるのは、
今本当に生き辛さに悩んでいる人が、鼻白むことをちゃんとわかっているのでしょう。

こじらせ男子が、こじらせおじさんになるのは、若林くんの流儀では
カッコ悪いことなのです。

......................................

若林くんの書いた、キューバ旅行記「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」が、
目からウロコ的な面白さがあったものだから、この新刊エッセーも興味深く読んでみたのです。

なんていうか、このエッセーは若い人が読んで共感するものなのだわ、というのが第一感想です。

劣等感から来る自己否定を、世間に揉まれながら折り合いをつけて、
なんとか自己肯定にもっていく過程は、わたしにはもう通り過ぎてきた道なのよね。

40才で完結した若林くんは、上等じゃないの⁉と思ったオバサンなのでした。



[PR]
by ukico32744 | 2018-11-22 22:30 | ある日の読書 | Trackback | Comments(10)

冬が始まるよ


f0315332_15135577.jpg

な、な、なんと、朝カーテンを開けたら、外はこのような有り様なのでした。

去年より一か月も遅い初雪です。
しかも、こんなに一気に降っちゃって。。
ここ数年、初雪がドカ雪というパターンが多いような気がします。

今朝は母を病院へ送って行く任務があり、運転未熟なわたしの肝は冷えるどころか、
急速冷凍で固まっちゃいました💦


今年は記録的に遅い初雪でしたけど、いつ来るかいつ来るかの、待ち構える気持ちが長すぎて、
落ち着かないといえば、そんな感じもしたのです。

雪が降ると、”冬が来ちゃったよ~”と、諦めの気持ちにケリがつきます。

これから長いですよー。北海道の冬。


f0315332_15302029.jpg


気持ちが寒々としてきたので、場面切り替えて、日曜のランチのスープカレーを。

札幌には名のある有名スープカレー店は数あるけれど、ご近所のスープカレー屋さんが、
わたしとオットの一番馴染みのある、スープカレーの味。

スープカレー美味しいのに、母は食べないので、ここに来るときは「ばぁば抜き」で。(笑)





[PR]
by ukico32744 | 2018-11-21 15:44 | 半径日常 | Trackback | Comments(18)

優しいお土産

f0315332_16423610.jpg

学生時代の友人から、落花生型の箱が届きました。

f0315332_16450311.jpg

ちょ、ちょっと! 可愛すぎるんですけど‼

箱の中は落花生のお饅頭と最中なり~。

f0315332_16464068.jpg

わたしが感動するところは、この、かさ張る箱を、敢えてお土産として買い求め、
持って帰るという、友人の「おココロ」

わたしの旅のお土産を選ぶ第一条件は、なんたって「かさばらない!」と「軽い!」ということ。

なので、わたしには有り得ない、このお土産のチョイスに、
友人の優しい顔が思い出されて、ほっこりしたりジ~ンとしたり。


......................................


友人は千葉の息子さんのところに行った際に、鎌倉へも行きたいと云うので、
少しばかりアドバイスをしたのでした。

もう、すまんね。大したことしてないのに、お土産送ってくれてありがと♪

さらに、兵庫に住むお友達からも、日・月と鎌倉行ってきたとの報告が届きました。

自称、鎌倉親善大使、少しお役目果たしてるような気がして、
なんだか嬉しいです。

で、わたしは29日から、今年初めてので今年最後の鎌倉へ行ってきます。


今回の鎌倉旅行ですが、

メインディッシュは、鎌倉十三仏詣りの結願と深秋のハイキング。
ツバキ文具店・キラキラ共和国を巡るデザートを添えて。

そんな、旅メニューを考えていますヨ。(^-^)




[PR]
by ukico32744 | 2018-11-20 17:41 | 半径日常 | Trackback | Comments(16)

ある日の映画『ボヘミアンラプソディ』

f0315332_18152723.jpg


ボヘミアン ラプソディ


世界的ロックバンド「クィーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーにスポットを当てた映画
「ボヘミアンラプソディ」は、公開直後から話題沸騰で、
語らずに及ばずです。

映画館で、足、”ドンドンチャ”って踏み鳴らしたくなったのは、わたしだけではないと思うの。
(We Will Rock You の、あのドンドンチャね 笑)

1985年の20世紀最大のチャリティーコンサート「ライブエイド」のライブ感が凄すぎで、
ラスト20分の興奮から、エンドロールへの繋ぎは、
席を立ちたくないという気持ちにさせられます。


f0315332_18341204.jpg


クィーンファンは見逃せないけれど、ファンじゃなくともかなり熱くなれます。

映画館の観客がみな、心でシャウトしてたという感じです。


..................................


きのう木曜日はレディースデーなのだった。
そして、オットは飲み会で遅くなるというし、母はディサービスの日で、
訪ねていかなくとも心配ない日であった。

この日、わたしが映画を観に行かぬ理由はないでしょう!

きのうは6時半からお昼までの勤務で、朝が早く、
映画の最中に寝てしまうことが、容易に想像できたので、
眠らせてくれない映画はこれしかないな、と。

嬉しいことに、1秒たりとも居眠りさせてくれなかったわ。(笑)

近ごろ静かな感じの映画ばかり観てたような気がするので、
この映画、何かを発散したように気分が高揚したのでした。


来年用のカレンダー(ここ5年くらいベニシアさんのバラとハーブのある暮らしのカレンダーに決めている)、
お正月の煮物、お雑煮用に「茅乃舎の出汁」、
そして忘年会用にユナイテッドアローズでセーターを一枚。

映画を観たあとにダダダーーッ!と小一時間買い物して、電車に乗り込む。

慌ただしい一日だったけど、計画通りやり遂げた充実感っていうやつを、
思いっきり感じた日。

ドンドンチャ、ドンドンチャで足踏みしたい気持ちは、寝る前まで続く。(*^^)v



[PR]
by ukico32744 | 2018-11-16 23:20 | ある日の映画 | Trackback | Comments(16)